言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

漫画

世紀のご配慮漫画”サムライ8 八丸伝” 達麻師匠「勇を失ったな…」説明が長い

投稿日:2020年7月12日

「勇を失ったな…」

出典元、原作・岸本斉史、作画・大久保彰の漫画「サムライ8 八丸伝」より。達麻(だるま)師匠のセリフ。

ジャンプで連載していた世紀のご配慮漫画「サムライ8 八丸伝」は、連載当初から押し寄せる読者からの「どういうことだってばよ?」の声をものともせずに元気に連載を続けていたが、5巻をもって無事打ち切りとなった。ご配慮漫画とはどういう事かと言うと、原作の岸本斉史が世界的大ヒット作「ナルト」の作者であり、「ナルト」完結後、満を持して筆を執った次期世界的ヒット作が「サムライ8」の予定だったからである。一人の漫画家も、あまりに高いところまで行ってしまうと編集者すら「へへぇ、ありがたく!」と原稿を受け取る立場になってしまう。つまり、面白くなかったのに、編集がなかなか打ち切りに出来ず、やたらと長く続いた漫画だった。一つのヒット作を世に出した漫画家が、次回作もヒットを飛ばせるとは限らないのである。

そしてなにが「どういうことだってばよ?」となったかと言えば、この「サムライ8 八丸伝」で打ち出した世界観とバトル設定があまりにも奇抜だったのである。シンプルで分かりやすくスカっと爽快、……とはほど遠い複雑怪奇な、読者に熟考を強要する設定と世界観だった。別にそれらは作り込まれていなくて適当という訳でもなく、むしろ細部まで作り込まれていたのだが、おそらくそれが理由で読者からの作品の印象がこれに帰結してしまったのだろう。すなわち、「説明が長い」。

1話の時点で説明ゼリフの多さは言われていたが、2話になっても3話になっても次々と追加される新たな設定に達磨師匠の説明が止まらない。そしてとにかく内容が複雑なのである。「サムライ8」はタイトルの通り侍ものではあるのだが、難儀な事に侍”SF”ものだった。サムライたちはサイボーグの体を持ち、星をまたいだ移動をする超・超人バトルであり、そして一番やっかいなのが簡単には死なない点である。どういう事か……。サムライの体は、単に斬られても首を刎ねられても死なないのである。サムライが死ぬ時は”勇を失う時”、つまり達磨師匠のセリフで言うと、

「勇を失ったな…」

その時にサムライは心を折られ、死ぬのである。理屈は分かるが……、これがおそらく読者の共感を置いてけぼりにする一番の要因だったのだろう。バトル漫画はいくらそういう設定だと言われても、人間の形をしていれば自分の体と共感する部分はある。体を真っ二つにされても平気平気、首を落とされながら一本取って「勝ったぜ!」とかやられても、素直に喜べるものではない。それにあまりにも不死の体だと、どれだけやられたらまずいのかが分からない。そして読者が頭を抱えて「つまり……どういうことだってばよ?」と言えばそこに、「それはな、つまり……」とやっぱり始まる長い説明。ううむ、限度というものが、限度というものがあるのだよ、こだわりには。

「ナルト」の作者の最新作という事で「サムライ8」は初めから異常なほどの期待とともにスタートした。「忍者の次は侍だ」とばかりに編集長は始まる前からこれは大作だと吹聴して回り、新連載では異例の特大宣伝を飛ばした。初版発行数は新作としては異例なほど大量に刷り、「これいっぱい発注しないと鬼滅も数渡さないぞ」と書店を脅して大プッシュさせた。しかしコミックが出る頃にはもう、つまらない作品と読者に認識されていたので、当然の事ながら盛大に爆死した。「サムライ8」は欧米の「ナルト」の狂信的なファンからも熱い視線を送られていたが、それらのフォローもなかなか苦しかった。誰もが知る通り、漫画は内容である。作者の格でもないし、宣伝次第ですらない。

結果として5巻打ち切りとなったが、「サムライ8」が居座った時期のジャンプは、壮大な漫画界の悲劇と言えるだろう。なにせ、10話ぐらいでもうみんな投げた漫画が、43話も続いたのである。もちろん、その他の連載陣はジャンプのアンケート至上主義のルールの中、熾烈なサバイバル競走を繰り広げていた。その横で明らかに特例で連載を続けるよく分からない漫画……。「まだ終わらないの?」、「岸影様は切れないんだよw」の声もたくさん上がっていた。あの不人気っぷりを当事者たちが知らなかったはずもない。岸本斉史だけが悪いとは言わないが、結果として漫画の内容だけで勝負しなかった姿勢もまた、達磨師匠のセリフで総括されてしまうだろう。

「勇を失ったな…」

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
3
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
4
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
5
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
6
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
7
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
8
 漫画
漫画”ドリームス”久里武志「だがねえよ おめえにオレを越える・・ミラクルはな!!」
2019/02/16
9
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
10
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05
11
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
12
 スレッドタイトル
テニプリ「【悲報】テニスの王子様でネットが大炎上」なんの嘘もないニュース
2019/11/27
13
 漫才・コント
お笑いコンビ”オードリー”春日「みなさん、夢の中で会って以来ですね」若林の柔らかいつっこみ
2019/10/24
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
16
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
17
 掲示板
将棋星人と対戦する地球代表は?「地球規模で考えるんだ」深浦より羽生だろ
2019/04/25
18
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16
19
 システムメッセージ
ATOKリフレッシュナビ「入力時間が長くなってきています。少し休憩しませんか?」
2019/02/11
20
 技
めだかボックス球磨川禊の最強のチート技「大嘘憑き(オールフィクション)」全てをなかったことにする能力
2019/07/17

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。