言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

俗称・肩書き・称号

信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ

投稿日:2020年10月26日

「ファイアパンチの作者」

出典元、漫画について語る人たちの間でたびたび使われる言い回しより。指している対象者はそのまま、「ファイアパンチの作者」の藤本タツキ。

「でもファイアパンチの作者だから~」といった風に用いられる。「ファイアパンチの作者だから~この先の展開が信用ならない」、「ファイアパンチの作者だから~このキャラに見せ場があるか分からない」などの使われ方である。酷い話だ。

漫画「ファイアパンチ」は「少年ジャンプ+」で連載され、既に完結している作品である。作者の藤本タツキは現在、週刊少年ジャンプで「チェンソーマン」を連載しているが、その連載開始時にも多くの読者が「ファイアパンチ」の事を意識してしまい、「ファイアパンチの作者だしなぁ……」というリアクションを見せていた。しかし「チェンソーマン」は、比較的地に足の着いたストーリー展開を見せ、次第に「編集者がちゃんと手綱握れてるな!」と言われるまでになったのである。そこまで言われる「ファイアパンチ」とは。はい、ネタバレ注意――。

「ファイアパンチ」は”先の展開が読めない”事に定評のあった作品である。普通、”展開が読めない”というのは良い意味で使われるのだが、しかし「ファイアパンチ」においては「意味が分からない」「これまでのはなんだったの?」「もうめちゃくちゃ……」といった感想に繋がってしまっていた。ストーリー漫画なので、読者がそんな感想になるという事は話の展開がぐちゃぐちゃになってしまっている事になるのだが、……実際に「ファイアパンチ」の話がぐちゃぐちゃな事になっているのだから始末が悪い。なんか凄い作品。そう、なんか凄い作品なのである。しかし決してつまらない訳ではない。

「ファイアパンチ」はつまらない作品ではないのである。”面白い”という要素を”印象に残る”という要素が強烈に上書きしてしまうため、総括した感想がどうしても変化球になってしまうだけで……。「ある意味名作」だの「人を選ぶけど自分は好き」だの、漫画好きとしてこれを諸手を挙げて褒めてしまっては自分の感性が疑われる危険性を帯びている作品、というか……。グロ表現という意味で普通に15禁ぐらいはあるのかもしれないが、悲しいかな本質はそこではない。

ストーリーの流れもそうだし、設定やフラグに関しても予想外の展開を見せまくるため、読者の頭脳と感情が追い付かずに混乱してしまう。ひと言で表すなら「セオリー通りには行かない」という作り方なのだろうが、度が過ぎているというか、「そうはならないやろ」といった展開に普通になったりするのである。打ち切り間際の暴走みたいな展開が定期的に訪れている感じだろうか……。要素を挙げてみよう。

「ファンタジーかと思ったら急に映画撮影が始まった」、「主人公がギャグっぽいミスで大量虐殺」、「なにかあると思わせたキャラがなにもなく退場」、「フラグを立てておいて全く回収しない考察勢殺し」、「ストーリーが定期的に変な方向に折れる上に主人公の意識も目的もふわっふわなので誰に共感していいか分からなくなる」、「再生能力があります……って火の鳥未来編レベルなのかよ」、「最終的にサン(太陽)とルナ(月)が出会って終わるけどこの二人サンでもルナでもねェ!」、というところだろうか。はぁ……。

つまり藤本タツキは読者からの”まともな話を作る”という信用を失った状態で「チェンソーマン」を開始しているのである。なので「チェンソーマン」の展開がぶっ飛びそうになると、「やっぱりファイアパンチの作者だから……」「作者の中のファイアパンチが抑え切れない」などと、言われてしまうのである。

 

-俗称・肩書き・称号

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

龍虎の拳リョウ・サカザキ「心優しき無敵の龍」”覇王翔吼拳を使わざるを得ない”

2020/02/12

“千円でべろべろに酔える店”「せんべろ」ファミレス参入でサイゼリヤ飲み?

2019/06/06

スプーの絵描き歌”はいだしょうこ”「画伯」ストレートな意味でなく”独特の絵心の持ち主”

2019/02/12

演歌歌手”小林幸子”の異名「ラスボス」紅白歌手がニコニコ動画でボカロソング熱唱

2020/08/25

このビジネス用語の意味と語源は?「ファーストペンギン」勇気あるベンチャー企業

2020/01/16

“キャプテン翼”若林源三「SGGK」簡単な単語を組み合わせただけなのに格好いい

2019/11/16

ヘッドセットマイクでつぶやきながら歩いている人の通称「ツイッター」伊集院光が命名

2020/02/11

“ニンテンドーラボ”「ダンボール絶対壊すニャン」子どもの反応とネコの反応

2019/10/12

岡山はなにもないけど桜井日奈子がいるぞ!「岡山の奇跡」それでいいのか岡山県

2020/01/11

伊集院光”ニセ広末事件”深夜の馬鹿力「ニセ広末」桃井はるこという他属性人間

2020/10/08

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
6
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
7
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
8
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
9
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05
10
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
11
 漫画
漫画”ドリームス”久里武志「だがねえよ おめえにオレを越える・・ミラクルはな!!」
2019/02/16
12
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
13
 漫才・コント
お笑いコンビ”オードリー”春日「みなさん、夢の中で会って以来ですね」若林の柔らかいつっこみ
2019/10/24
14
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
15
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
16
 スレッドタイトル
テニプリ「【悲報】テニスの王子様でネットが大炎上」なんの嘘もないニュース
2019/11/27
17
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16
18
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
19
 技
めだかボックス球磨川禊の最強のチート技「大嘘憑き(オールフィクション)」全てをなかったことにする能力
2019/07/17
20
 掲示板
将棋星人と対戦する地球代表は?「地球規模で考えるんだ」深浦より羽生だろ
2019/04/25

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。