言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

漫画

“進撃の巨人”コミックスおまけコーナー「現在公開可能な情報」立体起動装置の仕組み

投稿日:2020年9月20日

「現在公開可能な情報」

出典元、諫山創の漫画「進撃の巨人」より。コミックスおまけコーナー。

「進撃の巨人」のコミックスにはエピソード間に差し挟まれている情報コーナーがあり、それがこの「現在公開可能な情報」である。ストーリーに直接影響はないものの、読者にとってなかなか気になる部分の情報を公開してくれるため、コミックスを買ったかいのある嬉しい要素である。この世界における馬の価値だったり、どうして壁がこんな形になっているのかなどを解説しており、「あれ一体どうなってんだ?」と思っていた読者の好奇心を満たしてくれる。こういったおまけ要素は色々な漫画がやっている仕組みだが、その面白さや充実っぷり、ありがたさによってコミックスの購買意欲がかなり変わる事はあまり意識されていない。雑誌で読んでいる人がコミックスも買うという事の意味が、出版社にあまり理解されていない。

「進撃の巨人」は、謎に満ちた世界観が特徴であり魅力である。謎はストーリーが進むにつれて次第に明かされていくのだが、判明の仕方や順序が重要なので、どのタイミングでどこまで公開するかという部分には細心の注意が払われている。しかしストーリーに影響のない情報ももちろん存在するので、読者にとって興味深くも、いちいち説明していてはストーリーのテンポに支障のある情報がここに回されているのだろう。作者からのメタ視点で「今、語れるのはここまでです」と読者に伝えている「現在公開可能な情報」、このネーミングがニクい。

ここで公開された情報の中でも特に興味を引かれるのが立体起動装置の機構だろうか。作中、キャラクターたちは当たり前の様に飛び回っているが、なかなかに「あれ一体どうなってんだ?」感が強い。なにせ壁内に電気は存在しないのである。また、ワイヤーに注意が行きがちだが、ガスも非常に重要で、ガスがないと行動不能になるぐらい制動に大きく影響する要素となっている。作中でも何度か、ガス欠でピンチに陥っている場面が見られる。

そして問題はワイヤーの先に付いているアンカーだろう。どんなものにでも刺さり、二人分ぐらいの自重は支えられるにも関わらず手元の操作で簡単に抜ける。どんなものにでも刺さるというのは恐ろしい話で、巨人の硬質化で出来ている壁にも刺さるし、超大型巨人の歯にすら刺さって固定出来た。そして抜く操作に関しては、絵を見せられているにも関わらず、いまいちどうなっているのかが分からないという謎っぷりである。傘を畳むように閉じて抜いているのだが、それであんなに自由自在に抜けるかぁ……?

立体起動装置に使われているガスはずっとあとになって名前の出る、氷爆石(ひょうばくせき)というパラディ島でしか採れない燃料を使っている。また、アンカーとブレード、そしてボンベには、本編でまだ名前は登場していない黒金竹(くろがねだけ)という植物が使われている。これはスピンオフ作品「進撃の巨人 Before the fall」にて登場していて、あの世界観の作品を原作者の諫山創が監修していないはずがないので、公式設定なのだろう。

黒金竹は金属より堅い白銀色の”竹”なので、つまりあのどう見ても金属の部分は皆”竹”だったという衝撃の事実である。ジークがキヨミに言っていた、パラディ島にしか存在しない

「巨人の力で生み出した燃える石や光る石」

がこれに当たるのだろう。巨人を倒すべく戦っている人間が、世界の真実を知る前から”巨人の力をルーツにしたテクノロジーを使っていた”という、なかなかに皮肉の利いた設定である。この二つと巨大樹の森辺りが、巨人の力を使って自然に影響を与えた、パラティ島にしかないものだと思われる。立体起動装置の細部にまで世界の謎が反映されているという設定厨もにっこりの漫画、それが「進撃の巨人」である。

「現在公開可能な情報」というこんなただの日本語も、「進撃の巨人」というこれだけヒットした作品で使われてしまうと、別のところで別の人が使った時に「あ、あれだ」と思われてしまう。「ここで終わるはずがないのに」もそうだが、こんなちょっとした言い回しにまでセンスを光らせ、結果として影響力を与えてしまうのが凄い。「進撃の巨人は」間違いなく歴史に名が残る作品だが、そういった作品だからこそ、神は細部に宿ると言わんばかりの設定を組み込めるのだろう。

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
4
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
5
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
6
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
9
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
12
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
13
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
14
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
15
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
16
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
17
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
18
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
19
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
20
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。