言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

漫画

“スゲーッ爽やかな気分”「新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~」ジョジョ4部東方仗助

投稿日:2020年1月2日

「スゲーッ 爽やかな気分だぜ 新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~~~~~~~~ッ」

出典元、荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第4部より。主人公、東方仗助(ひがしかた じょうすけ)のセリフ。

時速60キロでどこまでも追って来る敵スタンド、「ハイウェイ・スター」を何とか撃破したあとの仗助のセリフである。「よォ~~~ッ」というクセの強い言い回しは仗助の口癖なので、そこは気にしなくていい。時速を落としてはならないという、どこかの映画で見た様な制約のある戦いだったが、仲間の協力や機転を利かせた反撃などもあり、ボロボロになりつつも最終的にはしっかりと勝ったバトルだった。敵の本体は仗助のスタンド「クレイジー・ダイヤモンド」の「ドララララ」ラッシュを受けてボコボコにされた上に病院の5階から落ちて外の噴水にぶち込まれる。このやられ方がちょっとギャグアニメっぽく、悪役を退治して一件落着した時の様なスカッとした気分になるというジョジョとしては珍しい幕引きだった。

しかし勝ったその気持ちを元旦に新しいパンツを履いた時の気分に例えるとは個性的にもほどがある。他で聞いた事がない。……ただ、その気持ちは伝わってくるのではないか。例えが独創的過ぎるのに誰もが共感出来るもので、かつ、ヘンテコ過ぎるという事もないその絶妙なラインを攻めるという。何だろう……うん、アイテムはパンツなのに言い回しがオシャレと言ったらいいか。荒木飛呂彦はセンスの塊か。

東方仗助は「ジョジョの奇妙な冒険」第4部の主人公である。4部が始まって初期の頃は、ややキャラ設定が固まるまで迷走があった。しかし固まってからはヤンキーな見た目に反して好青年、むしろややヘタレ、しかしやる時にはやるという、読者の共感を得やすいタイプのキャラクターになった。ひたすら格好良くて、”こいつなら何とかしてくれそう”と思ってしまう第3部主人公の承太郎(じょうたろう)とは好対照である。第4部は第3部の冒険の旅とは違い、杜王町(もりおうちょう)という架空の町を舞台に日常に潜む怪異的なスタンドとの戦いを繰り広げる。戦いに次ぐ戦いというよりは、日常を送りつつ引かれ合ったり送り出されたスタンドと戦うという形を取り、最終的にはラスボスとなる吉良吉影(きら よしかげ)との戦いへと向かっていく。向かっていくと言っても杜王町内での話なので、”見つけ出す”と言った方がいいだろうか。

1部から3部までの、進んで行くストーリータイプから一気にタイプを変えたのが4部だとも言えるが、5部から7部もまあストーリーものなので、4部だけが特殊と言えるかもしれない。初めから終わりまでストーリーが進むという形式ではなかったため、作者の荒木飛呂彦もいつかのインタビューで「4部はまだ描ける話が残っている」という様な事を言っていたが、それが後年、8部となって再び杜王町を舞台にジョジョは描かれる。そしてそれを単純に4部の続きとして描かなかったのがまた、良い味を出している、もしくは非常に濃いものを作り出したのである。そう、単純な続きではなく、多少”混ざっている”。

さてパンツだが、仗助の言う新しいパンツとは新品の事を言うのだろう。濃いジョジョファンの中には、正月元旦の朝には新品のパンツを履いて「スゲーッ 爽やかな気分」を味わう”つわもの”もいるという。別に新品でなくても古びてなければ洗い立てでもいいと思うが、そこがこだわりどころなのだろう。完全再現するには敵をドララララで倒したあとでなければならないが、「クレイジー・ダイヤモンド」を持っていなくても別にシャドーボクシングは出来るので、自分で勝手にドララララ言いながらラッシュすれば、「スゲーッ 爽やかな気分」もある程度は再現出来るかもしれない。

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

 漫画

少年ジャンプの短期打ち切り漫画”レッドスプライト”「よしなに」”大将”タツ・フラムトの決めゼリフ

2019/05/03

 漫画

サメを丸焼きに?「待て素人め…」”ワンピース”サンジのサメ料理レパートリー

2020/05/29

 漫画

“べるぜバブ”男鹿辰巳の名言「ただ頑張るだけが 覚醒するより弱いって誰が決めたんだよっ!!」

2019/10/31

 漫画

秋本治”ファインダー”「最上階でも見えるのは山だねー」亀岡のタワーマンション

2020/10/13

 漫画

漫画”ルーキーズ”川藤幸一の名言「君もイヤな奴がいなくなるより、イヤな奴がすごくイイ奴になって友達になれた方がいいだろ!」

2019/06/21

 漫画

元ネタはドラえもん「いや、そのりくつはおかしい。」汎用性が高く大量のコラージュ

2020/02/16

 漫画

“彼岸島 最後の47日間”「蟲の王の弱点は心臓です・・・・」シュールギャグを塗り潰す勢いと迫力

2020/09/15

 漫画

“ワンパンマン”原作クロビカリ「打撃で俺にキズを付けるなんて無茶だ」筋肉は裏切らない

2019/06/08

 漫画

デスノート”L”「弥海砂は第二のキラの容疑でLに取調べを受けたらしい」ヨツバ編

2020/05/10

 漫画

漫画”神々の山嶺”暑苦しい男たちの助け合い「”なんという男だ――”」映画ではなく

2019/01/14

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
11
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20
20
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。