言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

漫画

“魁!!クロマティ高校”「それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?」名ツッコミ

投稿日:2020年7月21日

「それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?」

出典元、野中英次の漫画「魁!!クロマティ高校」より。神山と林田の心のツッコミ。

「魁!!クロマティ高校」、男塾みたいなタイトルの漫画だが、週刊少年マガジンで連載されていたシュール系ギャグ漫画である。アニメ化も実写映画化もされているので結構な人気を誇っていたのだろう。あまりないタイプのギャグ漫画ではあったかもしれない。劇画タッチの絵と、ノリが独特で、センスが突き抜けている。

クロマティ高校のクロマティはもちろんプロ野球元巨人軍のウォーレン・クロマティ氏から取られているのだが、おそらくなんとなく付けたこの名前に、映画化の段になってそのクロマティ氏から訴えられかけるというトラブルがあった。ギャグも不良もクロマティとは全く関係ないので風評被害と言えば風評被害なのだが、そこはギャグなんだから笑って許してくれよというのも当事者の気持ちだっただろう。結局映画ではクロマティ本人とは無関係である旨を字幕表示し、クロマティ氏は許してくれたらしい。なお、登場する高校の名前にバース高校、デストラーデ工業高校、ブーマー高校などが登場するため、クロマティが野球とは関係ないただの名前だと言い張るとしたらそれには無理がある状況だった。

ストーリーというか内容としては、主人公の神山が、不良ではないのに不良たちの集うクロマティ高校に入学してしまうところから始まる。そこで不良たちにビビリながら学校生活を送ると思いきや、そこにいる個性豊かな不良たちに振り回される事になる。登場するのが一筋縄では行かないキャラばかりで、それがこの作品の特徴だろう。不良漫画ではあるのでケンカもあるにはあるのだが、どちらかと言うと変人色が強いため神山のツッコミが冴え渡る。最終的に神山は、ビビリながらの生活どころか周りから一目置かれる存在になって、不良学園生活を送る事になる。

そしてクロマティ高校の個性豊かな登場人物の中でもとびきり突き抜けたキャラが、メカ沢だろう。メカ沢はロボット……である。かなり雑な造りの。しかし「なぜロボットが高校に!?」のツッコミを許さないというか突っ込むタイミングを逃し続けている間に見えてくるロボットなくせに硬派で男らしいキャラ……。機械が得意そうだと遠回しに言うクラスメイトに対し、機械に頼りすぎるのもよくないと語るメカ沢。心が通い合わなきゃむなしいんだよ――。

「このままじゃオレたち・・・・ 機械に支配されちまうぜ!!」

……。

もろに、ロボットのメカ沢がこれを言っているのである。これに対するツッコミがすなわち、これだった。

「それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?」

しかしさすがに声には出せなかったので、二人の叫びは心の声となった。このシュール過ぎるツッコミは「クロマティ高校」を代表するシーンとなり、単独の絵としても威力が高い事から現在でも使われるツッコミ画像となっている。当事者が自分の事をものすごく棚に上げて、すっとぼけた事を言っている時にジャストフィットする、芸術的なツッコミである。使用例を想定するなら、例えば不倫した有名人に対して石田純一が苦言を述べたりしたら、それを聞いた人の脳内にこのツッコミは吹き荒れるだろう。チャゲ&アスカのアスカが、アスカが起こした騒動により苦境に立たされているチャゲに向けて頑張れと言っていた時にも、吹き荒れたと思われる。

「クロマティ高校」は名作だが、このシーン一つだけ見ても歴史に名を残す存在になったと言えるかも知れない。なお、使う状況のひじょーに酷似した類義語に、お前が言うな、「おまいう」がある。

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

 漫画

カイジ”欲望の沼”編「だから行けっ・・!合流して来いっ くそヒーロー・・!」3万円くれた黒服の名言

2019/03/30

 漫画

フリーザ珍言「サービス期間は終わったのさ…」ドラゴンボールの知名度による日常生活での使い勝手

2019/06/29

 漫画

競技クイズ漫画”ナナマル サンバツ”序盤を代表する名シーン「絶対領域!!」ミニスカ/

2019/11/28

 漫画

漫画”神々の山嶺”暑苦しい男たちの助け合い「”なんという男だ――”」映画ではなく

2019/01/14

 漫画

嘘食い「貘様 この門倉雄大そのような解釈… 嫌いではありません」ラビリンス雪井出薫

2019/05/02

 漫画

クラピカ性別論争「私がそう言ったか?見た目に惑わされぬことだな」”HUNTER×HUNTER”

2020/06/05

 漫画

“黒子のバスケ”緑間真太郎「その程度で付け焼き刃の武器を身につけるほど俺のシュートは安くない……!!」反則的3Pシュート

2020/07/08

 漫画

“今さら!?”暗殺教室の渚くん「…まぁ仕方ない」”性別”問題プール回のメタ発言

2019/11/13

 漫画

“ワンパンマン”原作クロビカリ「打撃で俺にキズを付けるなんて無茶だ」筋肉は裏切らない

2019/06/08

 漫画

女の子が可愛いコトヤマの漫画「だがしかし」知ってると使いたくなる漫画タイトル

2019/08/28

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。