言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

漫画

「第一話」

投稿日:2019年6月25日


「第一話」

出典元、漫画のコミックスで使われる話数表記のひとつ。その漫画の一話目なのか。

漫画において、話数表記はその漫画に合わせた特徴的なものを付けている場合が多く、単に「第一話」とか「Vol.1」とかよりは固有のものにしてあると読者としては少し楽しい。特にその漫画のジャンルに合わせているものが多く、「火ノ丸相撲」なら第1番、「ヒカルの碁」なら第1局、「銀魂」なら第一訓とかである。……訓?

が、その話ではなく。

漫画雑誌に連載された漫画がコミックスになる時に、コミックスに付与される話数表記の話である。そのままじゃ? と思うかもしれないが、コミックスによっては巻ごとに「第一話」からカウントしていく漫画もあるのである。つまり一巻を買って「第一話」から「第八話」まで載っていたとして、二巻を買うと「第九話」から始まるのではなく、また「第一話」から始まってしまうシステムを言う。ああ、一話完結ものの漫画ってそうだったりするよね、と思う人もいるかもしれないが、ストーリーものでもしれっとそうなっている漫画は多い。出版社やレーベルで決まっているものだと思うが、いまいちなにがしたいのかよく分からないシステムである。

というか非常に分かりにくいシステムである。六話の話をしたいとしたら、二巻の六話とか五巻の六話とか言わなければならない。単純に不便だし、レーベルの方針ですべての漫画を一括してそのルールにしているのだとしたら、造りに雑さを感じてしまう。話数がいらないタイプの漫画だとしたら、表記しなければいい。ストーリーものなら最初から読むに決まっているし、空白ページがあれば話の区切りという事は分かる。段落みたいなものである。

出版社側の言い分を聞きたいところだが、これは予想するに、例のアレなのではないだろうか。つまり。コミックスが一巻から十巻まで出ていたとしても、どの巻から読んでもいいしどの巻だけ読んでもいい、という小説家が言いそうなアレである。小説がそれを言えるのは、シリーズものだとしても前の内容を読んでいなくても理解出来る造りにしているからだったり、そもそも小説は一冊のボリュームが大きいので単巻で考えても長い時間楽しめるからだったりする。というかそれだからまだ許せる。しかしこれがストーリーものの漫画となると、単巻で楽しめたとしても気持ちのスッキリしないものは残るし、あっという間に読み終わって次の巻に行くか一巻から読み直してみるか考えてしまうだろう。前提としてやはり、小説だろうが漫画だろうが続きものの話は、一巻から読みたいのが普通の読者の感覚だからである。

出版社に聞いたとしたら「昔からそうだったので」とか言いそうな話である。また、昔ながらの漫画家も「変わるのが嫌なので」とか言いそうである。昔から不便だったらそれを不便なまま変えずにいる事は進歩を止めているのではないか。利便性の向上とかどうでもいいのか。よく分からないところにこだわる人は居るものである。そういう人の声が大きいと、物事が良い方に変わって行かない。まあしかし実際にそういう主張をしている訳ではないので、憶測で叩くのはやめておこう。ただ少なくともこういった話数表記を、そういうものなんだなと思っている読者は居たとしても、望んでいる読者は居ないだろう。

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「漫画」

「それ 来月からなんですよ」

「それ 来月からなんですよ」 出典元、原作:久住昌之、作画:谷口ジローの漫画「孤独のグルメ」1巻より。甘味屋の店員のセリフ。 「孤独のグルメ」は主人公の井之頭五郎が、毎回淡々と食事をするシーンを、五郎 …

カテゴリー「漫画」

「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」

「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」 出典元、日本橋ヨヲコの漫画「少女ファイト」より、式島滋(しきしま しげる)のセリフ。だそうです本当は。 ネットスラングとしてなかなか有名なところ …

カテゴリー「漫画」

「あいつを… あのエキストラを外してくれ…! たった一人のエキストラに シーンごと喰われちまう!!」

「あいつを… あのエキストラを外してくれ…! たった一人のエキストラに シーンごと喰われちまう!!」 出典元、原作:マツキタツヤ、漫画:宇佐崎しろの漫画「アクタージュ act-age」1巻より。時代劇 …

カテゴリー「漫画」

「サービス期間は終わったのさ…」

「サービス期間は終わったのさ…」 出典元、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」より。敵役、フリーザのセリフ。 三段階の変身を終えて最終形態になったフリーザが、主人公、孫悟空との戦いで放ったのが、 「そうだ! …

カテゴリー「漫画」

「今 食べるべきだと判断しました」

「今 食べるべきだと判断しました」 出典元、諌山創の漫画「進撃の巨人」より。サシャのセリフ。 野球漫画では無い。などといちいち言わなくてもいいぐらい超有名になった、近年稀に見る大ヒットを起こした漫画、 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。