言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

漫画

芋女こと進撃の巨人”サシャ・ブラウス”「今 食べるべきだと判断しました」シュールギャグ

投稿日:2020年1月15日

「今 食べるべきだと判断しました」

出典元、諌山創の漫画「進撃の巨人」より。サシャのセリフ。

野球漫画では無い。などといちいち言わなくてもいいぐらい超有名になった、近年稀に見る大ヒットを起こした漫画、「進撃の巨人」である。少し前に、主人公エレンの変身する巨人の名前が9体いる巨人の一体、「進撃の巨人」だと判明し、タイトル回収を行っていた。しかし”巨人が進撃する”のも確かなので、ダブルミーニングなのだろう。ちなみにエレンの巨人である「進撃の巨人」は、他の巨人と比べて特にこれといった能力がなく、「特殊能力無くね?」、「どんな時でも進撃するんだよw」などとからかわれている。……いた。

しかしまあどんなにどんなに小さく見積もっても「進撃の巨人」は、歴史に残る名作となる事は間違いないだろう。これが「別冊少年マガジン」とかいう月刊の辺境誌から出て来たというのも面白い。「週刊少年ジャンプ」に持ち込んだが落とされたというエピソードもあるが、この漫画に限ってはジャンプで連載しなくて良かったと思わせる、いろいろな要素がある。週刊のペースでこの謎に満ち、伏線を散りばめたストーリーを描く事は困難だっただろうし、悪い意味でアンケート至上主義のジャンプでは新人作家の思い通りには描かせてもらえなかっただろう。それで月刊誌の「別冊少年マガジン」で現在も連載中であり、休載は確か一度もしていないが、もししたとしたら「別冊少年マガジン」の売上は米粒ほどになってしまうだろう。もちろん、連載が終了しても同様である。……他の連載作品ファンに怒られるのでこれくらいにしておく。

「進撃の巨人」の売れた要素はたくさんあるが、一番大きいのはもちろん一話からのインパクトある展開と、絶望的な世界観、それに立ち向かう人々、……、……と、まさかの合間に挟まれるシュールギャグである。意外とこれが話題をかっさらう。連載初期は画力の問題もあり誰が誰だか分かりにくいという声もあったが、その初期にあっても読者に強烈な印象を残したのが「芋女」ことサシャ・ブラウスである。

新兵が列になり、鬼教官から理不尽な恫喝を受けるという凍り付く様な「通過儀礼」の最中、サシャは教官の視線の先でまさかの「芋を食べ始める」という暴挙に出る。「蒸かした芋」である。それに気付いた教官とのやりとりが以下の通り。

「サシャ・ブラウス… 貴様が右手に持っている物は何だ?」

「「蒸かした芋」です! 調理場に丁度頃合いの物があったので! つい!」

「貴様… 盗んだのか… なぜだ… なぜ今… …芋を食べ出した?」

「… …冷めてしまっては元も子もないので… 今 食べるべきだと判断しました」

「…!? イヤ… わからないな なぜ貴様は芋を食べた?」

「…? それは… 「何故 人は芋を食べるのか?」という話でしょうか?」

シーンが凍るとはこの事である。本人たちは大マジメなのに、読者としては笑いが止まらないという、発明レベルのシュールギャグシーンの完成である。ちなみにこの前後の展開も芸術的に素晴らしい。他の漫画でこれに似た展開を描いたらすぐに真似したと思われるだろうし、それを多くの人が気付くほど「進撃の巨人」は売れている。まさに一回しか使えない発明である。サシャはこの後、当然の様に「芋女」のあだ名で呼ばれる様になり、同期の中では知らない者のいない有名人となった。連載当時も非常に話題になったし、アニメ化の際も皆このシーンを楽しみにした。

連載の続く「進撃の巨人」だが、そろそろ全体的に謎が解けて来て物語内時間も2年ほど経過し、終わりが近い感じもして来ている。しかし結末の落としどころがまだまだ読めないところであり、考察班はこれからも完結するまでは楽しい楽しい自説の出し合いを続けるだろう。そんな中でも、幕間に挟まれるシュールギャグは、まさに諫山創にしか作れない絶妙の味を出してくれる。名作の中に迷言あり、とでも言おうか。最後まで、シリアスだけでなくギャグも含めて「進撃の巨人」を堪能したいものである。

「今 食べるべきだと判断しました」

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

 漫画

世紀のご配慮漫画”サムライ8 八丸伝” 達麻師匠「勇を失ったな…」説明が長い

2020/07/12

 漫画

漫画”神々の山嶺”暑苦しい男たちの助け合い「”なんという男だ――”」映画ではなく

2019/01/14

 漫画

“彼岸島 最後の47日間”「蟲の王の弱点は心臓です・・・・」シュールギャグを塗り潰す勢いと迫力

2020/09/15

 漫画

“ベルセルク”キャスカ復活「しゃべった。22年ぶりにヒロインがしゃべった(°▽°)」作者コメント

2019/11/19

 漫画

漫画雑誌の途中にあるカラーページ「センターカラー」それほどのものなのか?

2020/02/15

 漫画

ワールドトリガー”小南桐絵”ていうか何をどう考えたら「大規模侵攻の近界民がボーダー隊員になってる」っていう無茶な発想に至るわけ?

2020/05/09

 漫画

“スゲーッ爽やかな気分”「新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~」ジョジョ4部東方仗助

2020/01/02

 漫画

少年ジャンプの短期打ち切り漫画”レッドスプライト”「よしなに」”大将”タツ・フラムトの決めゼリフ

2019/05/03

 漫画

“今さら!?”暗殺教室の渚くん「…まぁ仕方ない」”性別”問題プール回のメタ発言

2019/11/13

 漫画

“るろうに剣心 北海道編”「弥彦 逆刃刀を 拙者に」弥彦にあげちゃったか借りて戦う剣心

2019/06/04

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
11
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25
20
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。