言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

「自分じゃ買わないけど貰ったら嬉しい物」

投稿日:2018年5月18日

「自分じゃ買わないけど貰ったら嬉しい物」

出典元、プレゼントにおける選択肢の一つ。そして考え方の一つでもある。

人にプレゼントを贈る際、なににするか悩む人は多いだろう。単純に、その人が欲しがっていて持っていないのを知っている物がある場合は非常に楽なのだが、欲しがっている事は知っていても既に買っているかを確認出来ない場合はダブってしまう危険性があるので注意が必要である。が、プレゼントというものは誕生日やクリスマスなど、ある程度贈るタイミングが決まっているので、それが近付いているタイミングで「あの欲しがってたやつ、もう買ったの?」などと聞いてしまえば「くれるのかな?」と察せられてしまう危険がある。まあバレてもいい関係性というものもあるが、基本的にはサプライズという要素が、プレゼントというものに出来れば上乗せしたいトッピングだろう。なので「欲しがっていて」、「まだ買ってない物を」、「サプライズで」、プレゼントすると1200万パワーである。しかしそれが難しい。

その時に使える技の一つがこの「自分じゃ買わないけど貰ったら嬉しいもの」である。これは、「相手も普通こんな高い物買わないだろうな」という憶測の上に乗っかっている。もちろん一番に欲しがっている物とは違うので、ある種妥協なのだが、本っ当ーに要らない物をプレゼントしてしまって困り顔で感謝されるよりは何段かマシ、と考えれば使えない事もないテクニックである。そして「実は持っている」がほぼありえない部分に存在する商品を選びやすい、のも利点である。

デパートなどで、「こんなの誰が買うんだろう……」と思う様な高級品を見掛ける事はあるだろう。お菓子セットもそうだし、高級化粧品やブランド化されてグッと高くなっている日用品などである。しかしお店に並んでいる以上買う人は居る訳で、誰が買うかと言えばセレブだけが買う訳では無く、つまり一般人がプレゼント用に買うのである。自分で使う訳では無い。そしてプレゼントにするなら、多少高い物でも構わないという心理は同感出来るだろう。ちなみに会社間のお歳暮などにも利用される。

そして大事なのが、しっかりと2ランクか3ランク高い物を選ぶ事である。例えば自分は298円のシャンプーしか使わないが、同じ様な給料でもシャンプーだけはこだわっていて1500円のものを買う、という様な人は居るだろう。なのでその場合、1500円の物を贈ったのでは空振りに終わる場合がある。「いつも買ってる価格帯の物の、別ブランドか……」と思われてしまっては失敗である。ここで一発物の威力、5000円とか6000円のものをプレゼントすれば、まず持っていない。もらった側も買おうと考えた事があるかもしれないが、さすがにシャンプーにそこまで出せないだろう。例えが上手く行っているか分からないが、「自分じゃ買わないけど貰ったら嬉しい物」とは、つまりそういう事である。あとポイントとしては、消耗品にしておけば微妙に思われてもどうせ使い切ればなくなるのと、食品はそもそも消耗品で、常識として高い物は美味しいので、選択肢に入りやすい。

もちろん、真のプロはピンポイントでその人の欲しい物をリサーチし、持っていない事をあらゆる手段を掛けて確認してプレゼントするのだろう。しかしそれが出来る関係ばかりでは無い。「自分じゃ買わないけど貰ったら嬉しい物」は、プレゼントに迷った時に覚えておくとちょっと使える裏技である。







-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「技」

「流し打ちホームラン」

「流し打ちホームラン」 出典元、野球用語。「流し打ちホームラン」とは、ロマンである。 一般的には「逆方向へのホームラン」、もしくは右打者の場合は「右方向へのホームラン」などとも言われる。もちろん左打者 …

カテゴリー「技」

「ルーティーン」

「ルーティーン」   出典元、スポーツなどでプレイ前に行う決まった所作。最近ではラグビーの五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)選手のものが有名になった。   と言っても言葉としては元からある用語の「ルーチン …

カテゴリー「技」

「アッパー昇龍」

「アッパー昇龍」 出典元、ゲーム「ストリートファイターII」より。連続技の特殊な出し方の名前。 「ストリートファイターII」といえば対戦格闘ゲームの金字塔である。対戦格闘ゲームのブームを作り出した火付 …

カテゴリー「技」

「大嘘憑き(オールフィクション)」

「大嘘憑き(オールフィクション)」 出典元、原作:西尾維新、作画:暁月あきらの漫画「めだかボックス」に登場するキャラクター、球磨川禊(くまがわ みそぎ)の技。 「チート技」という言葉があるが、数々の特 …

カテゴリー「技」

「考え続ける」

「考え続ける」 出典元、不詳。ここで述べる内容の信憑性についても、不明。 「考える」という行為を日々行っている人は多いと思うが、ここで言う「考える」は、答えのない問題についての話である。とはいえ哲学的 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。