言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

ことわざ・教訓

つまらなくもないけど面白くもない「毒にも薬にもならない」著名作家の雰囲気系小説

投稿日:2019年9月5日

「毒にも薬にもならない」

出典元、日本に古来よりあることわざより。主に悪い意味で使われる。

なんだろうか、小説、漫画、ドラマ、映画など、”感動を求める”と言っては大げさだが、そういった創作作品を観る時には心を揺さぶられるなにかを期待してしまうのは人として当然の事と言っていいだろう。そして選んだのは自分なのに、読み進めるうちに、観続けるうちに、「なんだろこれ、なんだろこれ」となって来る作品が多い事も確かである。あえて分類するなら、名作、秀作、佳作、凡作、駄作、でいう「凡作」である。途中でだいたい分かってきてしまうところが罪深い。ああ、この作品、このままずっとこの調子で行くんだろうな、なんだろうこれは、ああ、

「毒にも薬にもならない」

ってやつだ。なんの感動ももたらさないし、自分になんの影響も与えない。つまり時間の無駄である。

別に、とにかく心を揺さぶられる事を望むばかりが物語観賞とは言わない。人間関係がドロドロ過ぎてこちらが憂鬱な気分になってしまったり、表現が過激過ぎて「うわぁ……」となってしまう事もある。そこは個人の好みも入って来るので完全な正解というものは無いが、しかし「毒にも薬にもならない」作品が世に溢れている事は確かである。傾向として少人数で作る小説、漫画に多いが、最近では大人数で出資者を募ってまで作っている映画などでも、その出資者の声を聞きすぎて監督の作家性が出せず、結局「毒にも薬にもならない」ものが出来上がってしまう事態も多々、見受けられる。悲しい現実であるが、そちらは情状酌量の余地がある。

あえて指定してしまうと小説だろうか。漫画はある程度編集者の意見が入り、共同制作と言われる事もあるぐらいである。担当編集者だけでなく、他の編集者も見ていれば、凄くおかしな展開に入り込んだストーリーを、ある程度修正に動く歯止めは利くだろう。なにしろパッと読めるのだから。問題はやはり小説で、こんな用語があるかは知らないが「雰囲気系」の小説、を書かれると、なんとなく話が進んで、なんとなく波があり、ふわっと物語が終わる。どこかのシーンのなにかの行動やセリフが心に残る事もあるが、「なんだろこれ、なんだろこれ」のまま終わってしまう小説も多いのである。そしてそこには作者からの、「受け取り方は読者それぞれにありますから」という言い訳が成り立ってしまう。

憶測で言うが、小説家も多少名前が売れてくると、編集者より立場が上になって、なかなかダメ出ししにくくなる様になるのだろう。散々売れてもう書かなくても暮らしていけるのに、出版社としては書いて欲しいと頼み込んでいる場合に、そういう力関係になると思われる。そして出版社、いや編集者が「面白くない事もないけど、やや平凡な作品だなぁ……、でも言えないなぁ」と思っているものを世に出してしまうと、つまり「毒にも薬にもならない」小説が世に出てしまうのである。当然、それを買って読んだ読者の感想も良く言えば「毒にも薬にもならない」、悪く言えば「あ~時間の無駄だった」である。

”かける事の、読んだ人の数”なので、作家並びに出版社としては、そういう作品をぜひ、出版の前段階で淘汰して欲しいものである。特に名の売れている作家の「雰囲気系」小説にその例が多い。その作家の熱烈なファンは、実際はそれほど面白く感じなくても、勝手に作者も考えていなかった様なところを読み取って想像して、それをレビューなどで絶賛してしまったりするのが、それら「雰囲気系」小説の罪深いところである。

つまらないものはつまらないでいい。

-ことわざ・教訓

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰かのミスだと決め付ける前に「まず自分を疑いなさい」自分で自分をつるし上げる

2019/10/15

イソップ童話より「鈴を付ける」どうにもならないものに対する”せめてもの”対処法

2020/04/17

もはや”人生の格言”でいい「困った時は再起動」パソコン/スマホ、電化製品全般

2019/08/21

“一撃必殺”「先手必勝」なんでもありなら個の戦闘力を遥かに上回る位置に存在する戦法

2019/09/29

イソップ寓話「オオカミ少年」本当にやっかいなのは大人の偉いオオカミ少年

2020/06/17

メインの仕組みより、なんとなく付けた”おまけの方が好評だった現象”「神は細部に宿る」なのか?

2019/01/01

ことわざ「船頭多くして船山に上る」プロジェクトで遭遇する”声の大きい人”

2020/05/14

ことわざ「継続は力なり」そのままの意味ではなく”よく考えて継続する”事が大切

2019/12/31

最強の部類に入る考え方/精神的補助システム「反面教師」世の中に悪い人は要る

2019/11/02

フィクションのお約束シーン「やったか?」←やってない”土煙”が晴れるまで

2020/06/09

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
6
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
7
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
8
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
9
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05
10
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
11
 漫画
漫画”ドリームス”久里武志「だがねえよ おめえにオレを越える・・ミラクルはな!!」
2019/02/16
12
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
13
 漫才・コント
お笑いコンビ”オードリー”春日「みなさん、夢の中で会って以来ですね」若林の柔らかいつっこみ
2019/10/24
14
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
15
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
16
 スレッドタイトル
テニプリ「【悲報】テニスの王子様でネットが大炎上」なんの嘘もないニュース
2019/11/27
17
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16
18
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
19
 技
めだかボックス球磨川禊の最強のチート技「大嘘憑き(オールフィクション)」全てをなかったことにする能力
2019/07/17
20
 掲示板
将棋星人と対戦する地球代表は?「地球規模で考えるんだ」深浦より羽生だろ
2019/04/25

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。