言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

ことわざ・教訓

「鈴を付ける」

投稿日:2019年4月20日

「鈴を付ける」

出典元、古来からあることわざ。正確には「猫の首に鈴を付ける」。

厳密な元ネタとしては、イソップ物語から来ているらしい。ネズミたちが恐ろしいネコの対策を話し合っていて、そうだネコの首に鈴を付ければ近付いて来た時に音で分かる、とひらめいたものの、その鈴を付けるのをどのネズミもやらなかった、という寓話らしい。ネズミが話し合っているのでもちろん実話ではない。そこでどういう教訓が得られるかというと特になく、いなくなって欲しくてもいなくなってくれないもの、直って欲しくても直ってくれないもの、つまり”手に負えないもの”への苦肉の策として使われる表現となった。

ネズミでもネコでもそんな可愛いものなら現代科学をもってすればどうにでもなるが、どうにでもならないのがニンゲンである。ここで分かりやすい例を出すと会社におけるやっかいな社長だろうか。突然現れては順調に行っている仕事にあちこち文句を言い出し、勝手にやり方を変えて現場に混乱をもたらす。社員は堪ったものではないが、しかし当然ながら社長の命令ならば従わざるを得ない。そしてその後、社長がパッと思い付いただけの効率の悪い方法で仕事をするハメになり、業務は滞り、業績にも響くのである。しかし社長はその時言った事など翌日にはサッパリ忘れているので、次に来た時にまたその方法に文句を言って来たりする。理不尽な話だが、よくある話でもある。現代のネコであり、どうにもならない。

どうにもならないならばどうにもならないなりの対策というものがあり、それが「鈴を付ける」という方法である。結局のところ突然現れるのが不意打ちとなっている訳で、「社長が10分後に来るぞー!」と鈴の音がしてくれるのなら、対策出来る状況もある。すなわち、見たら社長が指摘して来そうな画面を表示させておかない。すなわち、社長が文句を言いそうな社員間のやりとりを社長がいる時だけでもやめておく。すなわち、社長が来た瞬間、”ちょうどいいところに!”とばかりに社長の食い付きそうな関係ない話題を誰かが振ってしまう。

「鈴を付ける」手段については、社長の携帯や車にGPSでも付けて感知出来る様にしておけばいいのだが、当然上の者にそんな事は出来ない。ならばどうするかというと、やれる範囲で努力するだけである。帰社した社長の車が駐車場に入ったのを誰かが監視しているとか、スケジュールをチェックして帰社の時間を計算しておくとか、玄関に近い人からの連絡網を徹底しておく、とかだろうか。酷い話だがそういう扱いをされている社長がいるのも確かで、今回の例えでは社長だが、会長や監査役などでもとにかく悪い意味でうるさい人というのは居るだろう。権限を持っているところがたちが悪い。言う事を聞く部下は、上の者のストレス解消のおもちゃではないのである。そんな迷惑な存在への対策が、

「鈴を付ける」

という事になるのだろう。







-ことわざ・教訓

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「ことわざ・教訓」

「毒にも薬にもならない」

「毒にも薬にもならない」 出典元、日本に古来よりあることわざより。主に悪い意味で使われる。 なんだろうか、小説、漫画、ドラマ、映画など、”感動を求める”と言っては大げさだが、そういった創作作品を観る時 …

カテゴリー「ことわざ・教訓」

「反面教師」

「反面教師」 出典元、毛沢東の発案した言葉、及び立場。中国で生まれたものだったらしい。 知っている人は知っている事だが、「悪い見本」というやつである。人のやっているよろしくない行為を見て、自分はそうす …

カテゴリー「ことわざ・教訓」

「先手必勝」

「先手必勝」 出典元、日本に古来よりある格言。ことわざ、四字熟語とも。 有名な言葉であるが、軽視されている言葉の一つでもあると個人的には考える。ただそれは、現実世界において一撃必殺クラスの戦いがあまり …

カテゴリー「ことわざ・教訓」

「まず自分を疑いなさい」

「まず自分を疑いなさい」 出典元、不詳。教訓の一つ。 仕事などで共同作業をしている場合、たまにミスというものが発生する。あ、これおかしいぞ、と思った時、瞬間的に「あの人がやっちゃったな」と思うとする。 …

カテゴリー「ことわざ・教訓」

「継続は力なり」

「継続は力なり」 出典元、日本に古来よりある格言、ことわざ。そのままの意味で捉えられがちだが罠もある。 なにかを継続すればそれは力になる。ある意味それは正しい。しかし”ある意味”である。本当にどうでも …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。