言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

漫画

デスノート”L”「弥海砂は第二のキラの容疑でLに取調べを受けたらしい」ヨツバ編

投稿日:2020年5月10日

「弥海砂は第二のキラの容疑でLに取調べを受けたらしい」と報告させ「しかし 誤認逮捕だったとわかり 弥に謝罪 多額の賠償金を払いその事実を揉み消した」そこまで言わせます

出典元、原作:大場つぐみ、漫画:小畑健の漫画「デスノート」45話より、L(える)のセリフ。

「デスノート」、あまりにも有名な作品なので説明も要らないかもしれないが、名前を書くと死ぬ「デスノート」を巡って主人公たちが頭脳戦を繰り広げるクライムサスペンス漫画である。本当に頭のいい人が作ったんだなと思わせるハイレベルな頭脳戦、セリフの多さから来る一話ごとの内容の濃さと、スピーディーなストーリー展開に定評がある。2巻の帯にあったキャッチコピーが、最も分かりやすく作品を現しているだろうか。

非現実世界より来る『死のノート』を巡る少年漫画誌唯一の予測不可能本格サスペンス!!

今回のこのセリフが放たれたのは、いわゆる「ヨツバ編」の一場面だった。主人公の夜神ライト(やがみ らいと)はデスノートを使うキラとなり裁きを行っていたが、Lに捕まってしまった。同じく第二のキラとして動いていた弥海砂(あまね みさ)も捕まった。状況的にはほぼ黒だったが、二人とも”記憶を消す”という手段に出ており、本心から無罪を訴えかける事により、時間をかけて捜査陣の確信を崩していったのである。Lも苦心するが、新しいキラも現れており、二人の拘束は解かずに改めて今いるキラの捜査を続けるという話になった。ライトに至っては24時間、Lと手錠で繋がれたまま捜査に協力するという条件付きである。

ヨツバ編は、ライトが直接Lに追われていない状況のため、読者視点での緊張度はそれまでより落ちるかもしれない。しかし逆にヨツバキラを追う立場になったライトとLが協力するというシチュエーションには、これまでと違った面白さがある。ヨツバキラはそこまで強敵ではないため、天才二人の手にかかってテンポ良く追い詰められていく。しかしここにも高度な駆け引きは存在していて、キラの目星が付いたからにはすぐ捕まえたい夜神総一郎(やがみ そういちろう)たち元警察陣営の思いと、キラの殺人の手段を見付けるまでは泳がせたいLの思惑が入り乱れる。

その状況の中、この45話である。よくこんな展開考え付いたな……、と思わず作者を賞賛したくなる様な手段をLは取る。まず夜神総一郎と捜査方針の違いで一旦決別。そしてライトと共にミサのところに行き、特にそれまで捜査上なにもしていないしどこにも肩入れしていないミサを、自分に協力するよう丸め込んだのである。具体的にはミサのキラへの想いを聞きつつ、愛するライトとどっちがいいかと誘導して捜査への協力にシフトさせていく。ライトは手錠で繋がれているため、どうしてもその場に居てしまうが、そこで「ミサが危険な目に遭うから」と反対させて逆にミサの心に火が点くよう仕向ける。捜査内容としてはミサがLに会っているかもしれないという情報をエサに、ミサをヨツバに潜入させるというものである。しかしその中で発したセリフの一つが以下のものだった。

「弥海砂は第二のキラの容疑でLに取調べを受けたらしい」と報告させ「しかし 誤認逮捕だったとわかり 弥に謝罪 多額の賠償金を払いその事実を揉み消した」そこまで言わせます

ん……。

Lが言っているのである。捕まえた人が捕まえられた人の目の前で、捕まえた件を作り話の様に語っている……。後半は確かに作戦用の作り話だが、前半はまさに自分がやった事そのものである。ヨツバに流す嘘情報風に語っているがそれは事実だし、それをこれだけ他人事の様に言うのは相当”すっとぼけたセリフ”と言わざるを得ないだろう。いやいや、実際それ当たってるから。

これにはミサも思わずひと言出している。

「それマジだしね」

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

 漫画

原作漫画”孤独のグルメ”アームロック回「それ以上いけない」モノを食べる時は

2020/06/24

 漫画

“べるぜバブ”男鹿辰巳の名言「ただ頑張るだけが 覚醒するより弱いって誰が決めたんだよっ!!」

2019/10/31

 漫画

秋本治”ファインダー”「最上階でも見えるのは山だねー」亀岡のタワーマンション

2020/10/13

 漫画

漫画”ドリームス”久里武志「だがねえよ おめえにオレを越える・・ミラクルはな!!」

2019/02/16

 漫画

ワールドトリガー”小南桐絵”ていうか何をどう考えたら「大規模侵攻の近界民がボーダー隊員になってる」っていう無茶な発想に至るわけ?

2020/05/09

 漫画

フリーザ珍言「サービス期間は終わったのさ…」ドラゴンボールの知名度による日常生活での使い勝手

2019/06/29

 漫画

“黒子のバスケ”緑間真太郎「その程度で付け焼き刃の武器を身につけるほど俺のシュートは安くない……!!」反則的3Pシュート

2020/07/08

 漫画

“ぼくたちは勉強ができない”の桐須真冬先生「なんでここに先生が!?」人気投票で地獄の釜が開いちまうー!

2019/11/20

 漫画

がーんだな…出鼻をくじかれた”孤独のグルメ”「それ来月からなんですよ」書いておけよと

2020/01/22

 漫画

“今さら!?”暗殺教室の渚くん「…まぁ仕方ない」”性別”問題プール回のメタ発言

2019/11/13

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。