言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

対戦格闘ゲームのテクニック「ガードキャンセル」物理法則を無視した独特の動き

投稿日:2020年9月19日

「ガードキャンセル」

出典元、対戦格闘ゲームのテクニックより。略して「ガーキャン」。

ガードすると見せかけてしない技、ではない。

対戦格闘ゲームは二人のキャラクターが向かい合い、素手なり武器なりで戦うゲームである。奥行きのあるタイプや、地面を2D平面として自由に動き回れるタイプのものもあるが、基本的には向かい合った二人を真横から捉え、相対的に前後に移動して地上と上空の動きで駆け引きしつつ戦うのがメインである。この動きの制約が、対戦格闘ゲームを爆発的にヒットさせた面白さの肝と言ってもいいだろう。

キャラクターは自動的に相手のいる方向を向く。レバーを相手のいる方向に倒すと前進し、後ろに倒すと後退するが、敵が攻撃して来たときに後ろに倒すとそれはガードになる。つまり攻撃されている時には後退出来ない訳で、プレイした事のない人は感覚を掴みにくいかと思うが、対戦格闘ゲームとはそういうものなのである。

レバーを後ろに倒すと相手の攻撃をガードして防ぐ事が出来る。じゃあ無敵なのか、という話になるが、それは「打撃」を防ぐだけなのでその状態では「投げ」を食らってしまう。相手に密着して前にレバーを倒しながらパンチボタン、で相手を投げられる。厳密にはガードにも上段、下段とあり、またガード自体も通常のパンチやキックならダメージを食らわないが、必殺技だと少しダメージが通ってしまう。完全に無敵状態になれるものではない。ただ、対戦格闘ゲームには画面端というものがあり、障害物がなにもなかったとしてもステージとしてここまで、と決まっている画面端に追い詰められるとそれはボクシングで言う「コーナーに追い詰められる」状態と同じになる。ガードする側は使える手が少ないまま、追い詰めた側はガードされようが構わず怒濤の攻撃を続ける。

おそらくその状況への打開策のため作られたのが「ガードキャンセル」である。ガードそのものの時間は一瞬なのだが、相手の連打をガードし続けると身動きが取れなくなってしまう。パンチやキックの連打もあるし、必殺技で連続技になっているものでも食らう側は数秒間、ガードし続ける状態になるだろう。そこで物理法則としてはおかしいが、ガードしているキャラが”ガードのモーション中に限り”、ガードを中断していきなり必殺技を放てる仕組みが「ガードキャンセル」である。普通に必殺技を撃つのとどう違うのかと思うかもしれないが、通常、必殺技はフリーの状態でしか撃てない。空中でサマーソルトキックは撃てないし吹っ飛ばされている途中に百裂張り手は撃てない……。が、そこでつまり「ガードキャンセル」は、ガードが続いて硬直している最中に限り、ガードを中断して必殺技を撃てる仕組みなのである。

ここで必殺技限定になっているのは、おそらく通常のパンチやキックが「ガードキャンセル」出来たとしたらワンボタンで簡単に出せ過ぎて誰でもいつでも使えてしまうため、ゲームとしての体裁が崩れてしまうからだろう。必殺技というのはつまり波動拳や昇龍拳など、コマンドを使っての技なので、それをガード中の一瞬に入力すれば相手に痛烈なカウンターを浴びせる事が出来る。相手は相手で攻撃中な訳でその反撃にはガードが出来ず、つまり本来のカウンターが必殺技の威力で痛快に決まってしまう。登場当時は、それまであった対戦格闘ゲームの動きとは違い、ギョッとするほどの違和感があったが、しかし難易度の高さから来る発動時の爽快感がそのさらに上を行くものだったため、メーカーの垣根を越えてたちまち広まった。相手は食らってしまうと書いたがガード自体は飛び道具にも発動するので、離れていればもちろん食らわない。相手が近くにいる時に防戦一方な状況をひっくり返すべく使うのが「ガードキャンセル」なのだろう。

ガードの一瞬にコマンド入力する、それ自体が高難易度であるし、必殺技よりさらにコマンドの複雑な超必殺技でも使えたりする。ゲームセンターや大会など、ギャラリーのいるシーンで上手く決めた時は非常に盛り上がるだろう。現実では完全にありえない動きであり、対戦格闘ゲーム独自の動きだが、駆け引きに深みをもたらす、奇跡的な仕組みである。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。