言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

漫画

ワンピース”ギア”、”4(フォース)”「全身全霊…限界突破!!!」ドフラミンゴ戦

投稿日:2019年6月15日

「全身全霊… 限界突破!!!」

出典元、尾田栄一郎の漫画「ワンピース」783話、もとい、週刊少年ジャンプ2015年20号、最終ページの煽り文より。

漫画雑誌とコミックとの違いはいくつかあるが、その一つが煽り文(アオリ文)のありなしである。週刊誌なら一週間に一度発売され、20作品ほど掲載されている。これは良く出来たシステムで、人気作とセットで買わせる事で、まだまだ新人だったり人気の出ていない作品が埋もれる事なく、同列に見てもらえる機会を得る事になる。せっかく雑誌を一冊買ったなら全部読んでおこうという消費者の心理に付け込んだ上手いやり方である。まあ、それでも飛ばされる漫画も多いだろうが。

そして、人気作、それ以外とは関係なしに、それぞれの作品のページ数は週刊なら20ページほどだろうが、毎回その終わりに”引き”を作らなければならない。これは意識して読んでいないと気付かない部分だが、どの作品もしっかり最後は言ってしまえば「次どうなるか!?」の展開をたくさんのバリエーションを駆使して入れて来ている。一話完結スタイルは別だが、世に無数あるストーリー系漫画の雑誌の最終ページは全て”引き”で終わっていると言っても過言ではない。

そしてその”引き”に、編集者が煽り文を載せるのである。上から被せたり、柱と呼ばれる横の余白スペースに書き込まれる場合もある。これは雑誌時にしか載らず、コミックになると消されている。コミックならページをめくれば続きは読めるので、必要ないという事だろう。そして、コミックでは無くなる事、編集者が挿入している事を考えて、これは作家の作品とは別の次元の一文である。コミックでは存在しないのだから、全体的にはおまけレベルであるし、作家性とも関係がない。まあ、雑誌で読む分にはあった方がいいのだが、必ずしも綺麗に決まるものでもないし、編集者が入れているので期待するほどのものではない、けれども存在する不思議な文化である。

その煽り文の会心の出来とも言えるのが今回の一文である。

「ワンピース」、今やあえて詳細を語る必要もないほど有名な、日本を代表する大人気漫画である。この783話は、主人公ルフィと敵であるドフラミンゴの最終決戦のまっただ中である。これまでのルフィの攻撃がどうも効かない、いなされる。糸がこんなに強いとは……。やりすぎなぐらいの強さにルフィは新技の発動に踏み切る。

「――”ギア”」「”4”(フォース)」

そしてジャンプ掲載時に付けられた煽りがこれである。

「全身全霊… 限界突破!!!」

ついに来た! 何百話振りかの新しいギアである。そして783話はこのページで終わる。強敵との死闘、苦戦、そしてまだ見ぬ新技の発動、このシチュエーションに付けられるまさに最高の煽り文ではないか。熱い、非常に熱い終わり方である。コミック派の人は見ていない事になるが、非常に秀逸な煽り文だったと言えるだろう。

なお、「ギア2(セカンド)」、「ギア3(サード)」と分かりやすくゴムの特性を生かした一時ブースト技を生み出してきたルフィだが、さあ「ギア4(フォース)」でどんなものを繰り出すか、この時ワンピースファン界隈はこの話題で持ちきりになった。ついでに次号休載であったため、そわそわする人たちが日本中に大量に発生してしまうというあわあわな状態にもなった。しかしそれを納得させる結果を、「ギア4(フォース)」は魅せてくれたと言えるだろう。見た目的に多少、賛否両論があったものの、「すげぇ、ゴムならこれが出来るか!」はさすが長年温めてきただけの事はある素晴らしい発想だった。

しかしやはりどのギアにも、使った後の反動がある。まさに

「全身全霊… 限界突破!!!」

の戦いとなったのである。

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

 漫画

競技クイズ漫画”ナナマル サンバツ”序盤を代表する名シーン「絶対領域!!」ミニスカ/

2019/11/28

 漫画

“彼岸島 最後の47日間”「蟲の王の弱点は心臓です・・・・」シュールギャグを塗り潰す勢いと迫力

2020/09/15

 漫画

漫画”レベルE”「あいつの場合に限って常に最悪のケースを想定しろ 奴は必ずその少し斜め上を行く!!」冨樫義博の名作

2019/06/10

 漫画

芋女こと進撃の巨人”サシャ・ブラウス”「今 食べるべきだと判断しました」シュールギャグ

2020/01/15

 漫画

きくちゆうき氏の漫画”100日後に死ぬワニ”「よくね?」桜の写真を送ってひと言

2020/05/12

 漫画

原作漫画”孤独のグルメ”アームロック回「それ以上いけない」モノを食べる時は

2020/06/24

 漫画

“魁!!クロマティ高校”「それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?」名ツッコミ

2020/07/21

 漫画

漫画”ドリームス”久里武志「だがねえよ おめえにオレを越える・・ミラクルはな!!」

2019/02/16

 漫画

“黒子のバスケ”緑間真太郎「その程度で付け焼き刃の武器を身につけるほど俺のシュートは安くない……!!」反則的3Pシュート

2020/07/08

 漫画

“ワンパンマン”原作クロビカリ「打撃で俺にキズを付けるなんて無茶だ」筋肉は裏切らない

2019/06/08

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
11
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25
20
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。