言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

俗称・肩書き・称号

「師匠」

投稿日:

「師匠」

出典元、落語などで弟子が師匠を呼ぶときの尊称。お師匠さまなので。

弟子が師匠を呼ぶときに「師匠」と呼ぶのは至極真っ当な話である。落語界が「師匠」を使っているだけで、別の業界でも師弟関係なら「師匠」を使っているだろうし、似た呼び方で「親方」や「先生」なども使われているだろう。

問題なのは。

テレビなどで弟子でもない人が「師匠」と呼んでいるところである。お笑い芸人が落語家の人を呼ぶ際、わざわざ使っている印象を受ける。わざわざというか、そう呼ばないといけないから……? ここに生じる違和感はもちろん、「あんたその人の弟子じゃないじゃん」である。まあそれは「正確には弟子ではないけど尊敬の念を込めて」使っているだけなのだろうが、そこに違和感が残らないかと言われれば残る。……だけでなく、皮肉を込めて言っているのか? と感じるシチュエーションがあってしまうので、そこが難点である。どういう事かと言うと……。

テレビは「面白ければ正義」というところもあるのである。只今ブレイク中、というお笑い芸人がいたとする。ネタが面白く、フリートークも上手い。ドカンドカン笑いを取る。一時的なものかもしれないが、とにかく今現在はブイブイ言わせている渦中の人だ。その芸人が、

「師匠!」

と落語家に対して呼び掛けるのである。いや別にそこになんの問題もない、の、だが。落語家もなぜか無条件で偉い位置に立っている人もいるのである。落語の世界でそれなりの立場にあるのはいい。しかし「芸人」としてテレビに出ているのに、ちょっとコメントを求められると「知識人」的な立場からコメントをする。テレビ馴れしていないので、笑いは取れない事が多い。番組中、一度も笑いを取れなかったりする。そしてそこにブレイク中の芸人が絡んで来て、逆にこちらはなにを言っても笑いを取って行く。フィーバー中なのである。

「師匠!」

どこが「師匠」なの、と。

あなたも芸人なんでしょう、と。それは高座じゃないから、と言いたいかもしれないが、コントを得意とするお笑い芸人が頑張ってフリートークで笑わせるのが今のバラエティ番組である。そこに出ている以上、偉そうにして周りから「あの人は偉い人だからいいの」と言われているのではなく、しっかりと笑いを取る事が芸人のあるべき姿なのではないか。少なくとも日本中にたくさんいて、テレビに出たからには絶対チャンスをものにしてやる、と思っている若手芸人は、そうしている。なんなのその位置?

「師匠」と呼ばれる以上、尊敬される事はして欲しい。視聴者は出演者同士が立場で気を遣うところなど、見たくないのである。面白いのが正義なのである。「師匠」が本当に高度な技を持つ師匠なら、「ここは専門じゃないから」みたいな言い訳をせず、ちゃんと笑いを取って欲しい。「どこが師匠なの?」という違和感を、視聴者からなくしてくれるように。







-俗称・肩書き・称号

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「ファーストペンギン」

「ファーストペンギン」 出典元、ビジネス用語。語源としてはペンギンの群れの中から、初めに海に飛び込むペンギンの事。 つまりは勇気あるチャレンジャーの事である。ペンギンは海を泳げるが、海にはサメがいて食 …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「はじめ」

「はじめ」 出典元、ネット各所。森川ジョージの漫画「はじめの一歩」の主人公、幕之内一歩(まくのうちいっぽ)のネット上での俗称。 長期連載中の大人気漫画、「はじめの一歩」が荒れている。ここしばらく鬱展開 …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「セカイ系」

「セカイ系」 出典元、フィクションにおける物語構造の一つ。荒れやすい話題。 「なんか聞いた事あるけどどういうやつの事だっけ?」と思う人も多いかと思うが、それに対する答えは「最終兵器彼女みたいなやつ」で …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「オオカミ少年」

「オオカミ少年」 出典元、イソップ寓話より。嘘ばかり吐いていると本当の事を言っても信用してもらえなくなるという教訓。 知らない人もいないと思うが、「オオカミが来た」と嘘を言い周りに迷惑を掛けていた羊飼 …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「心優しき無敵の龍」

「心優しき無敵の龍」 出典元、SNKのゲーム「龍虎の拳」より、主人公リョウ・サカザキの通称。亮なのに龍。 また綺麗に決まった二つ名である。どのくらい正式に使われているかは分からないが、攻略本やキャラの …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。