言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

俗称・肩書き・称号

非常に不快な”直らない癖”「クチャラー」親の教育とマナー違反、言い訳/逆切れ

投稿日:2020年4月20日

「クチャラー」

出典元、口を締めないでクチャクチャと音を立てて食べる人の通称。公害レベルの悪癖。

日常生活でたまに遭遇する、非常に不快度の高い存在である。悪口、スラングではあるのだが、今ではかなり知名度の高い言葉になっているだろう。遭遇した回数は少なかったとしてもインパクトが強く、また、「クチャクチャ」という擬音からの「クチャラー」という命名が説明要らずで簡単に通じるため、不快を感じた人が一発で覚えてしまうからかもしれない。

「クチャラー」はクチャクチャと音を立てて食べるので、音もはしたないし口の中が見えて気持ちが悪い。見るからに無作法でエチケットもなにもない人がクチャラーでもある事が多いが、全体的にはちゃんとした人なのに残念ながらクチャラー、という人もいる。……それがほんとーにやっかい。大人にはそういうプライベートな事は、なかなか注意しにくいものだからである。社員同士で昼食をよく一緒にする人がこれだと、日常的に不快感と遭遇する事になりとんでもないストレスとなる。食事とはストレス解消の手段でもあるので、それが逆にストレス蓄積となってしまう。不快に感じるのは全国共通で、テレビで芸能人がやると叩かれるし、アイドルがやると恐ろしいスピードでファンが離れる。百年の恋も冷めるレベルの凄まじい威力のある技である。

直せよという話だし、友人だったら「悪く思ったらごめんね」と前置きしてから指摘した方がいい癖なのだが、残念ながら注意しても直らないし、注意した事によりこちらが不快な思いをする可能性まで高いと言われるのだから始末に負えない。”直らない癖”という面でもかなり有名なのである。これは意識の問題だ。そもそも本人はそれがマナー違反だという事に気付いていないケースが多い。原因は根源的には親の教育だろう。親がクチャラーだった場合、子どもに「食べる時は口を締めなさい」と教育”しない”ので、それがマナー違反だという事に気付けない。親がクチャクチャ食べているし、子は親を見て育つのだから……。なので注意されてもなにが悪いのか分からない、というリアクションになる。そしてただの悪口だと思い、認めないし逆切れするパターンも多いのである。言い訳としては「そんなの勝手じゃん」、「口を開けて食べないと味が分からない」、「鼻が詰まってるから口を締めると息が出来ない」などである。どれもいちいち論破するのも馬鹿らしいものだが、しかしつまりこうやって言い訳ばかりして直そうとしないところが、さらに嫌われる原因なのだろう。

直りましたよエピソードとしては、他人の酷いクチャラーを見て本人が「あんな酷かったのか!」と気付いて直った、というものがある。というか注意し続けていたら直った、というエピソードがあまりない。とにかくどちらかというと本人の意識の問題であるらしい。夫が酷いので子どもにはしっかり躾けている、という話もある。つまりそれは夫はもう散々注意しているのに直らない、という話でもある。それだけ染み付いてしまう癖なのだろうが、どう考えても直そうと思えばそこそこの努力で直せる癖である。やはり意識の問題だ。こういうものこそテレビで取り上げて、誰かが人柱になって赤っ恥でも晒してくれれば、影響で直る人もたくさん出るだろうに。どこかでやらないだろうか。

-俗称・肩書き・称号

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

昔の”折り畳みケータイ”スマホ以前「ガラケー」日本の”ガラパゴス化”の影響

2020/07/17

これにしておけば無難でしょう”趣味”「音楽鑑賞」普段聴くのはなんかてきとー

2020/06/04

龍虎の拳リョウ・サカザキ「心優しき無敵の龍」”覇王翔吼拳を使わざるを得ない”

2020/02/12

スプーの絵描き歌”はいだしょうこ”「画伯」ストレートな意味でなく”独特の絵心の持ち主”

2019/02/12

岡山はなにもないけど桜井日奈子がいるぞ!「岡山の奇跡」それでいいのか岡山県

2020/01/11

“ニンテンドーラボ”「ダンボール絶対壊すニャン」子どもの反応とネコの反応

2019/10/12

三国志”曹操孟徳”治世の能臣「乱世の奸雄」現代において修羅場に生き生きとする社長

2020/10/05

このビジネス用語の意味と語源は?「ファーストペンギン」勇気あるベンチャー企業

2020/01/16

お笑い芸人からの呼び方「師匠」落語のお師匠さまは笑いを取らなくていいのか

2020/05/22

“最終兵器彼女”みたいなやつ「セカイ系」一時期流行った”きみとぼく”と世界の滅亡

2020/06/26

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
3
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
4
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
5
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
6
 歌詞
“紅蓮の弓矢”出だし「すいませんそこ右に家が」アニメ”進撃の巨人”オープニング
2020/06/06
7
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
8
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25
9
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
10
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
11
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
12
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
13
 魔法
竜破斬”ドラグ・スレイブ”「時の流れに埋もれし 偉大な汝の名において」スレイヤーズのリナ=インバース
2020/02/07
14
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
15
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
16
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20
17
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
18
 アニメ
エヴァンゲリオン”公式”体長「40m~200m」ガンダムの体長は知られているが
2020/03/24
19
 ゲーム
“FF10″ユウナの名言「いなくなってしまった人たちのこと 時々でいいから…思い出してください」
2020/05/18
20
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。