言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

俗称・肩書き・称号

「セカイ系」

投稿日:

「セカイ系」

出典元、フィクションにおける物語構造の一つ。荒れやすい話題。

「なんか聞いた事あるけどどういうやつの事だっけ?」と思う人も多いかと思うが、それに対する答えは「最終兵器彼女みたいなやつ」で大体合っている。「セカイ系」の代表作、じゃない代表格の作品である。しかし「最終兵器彼女」を知らない人には伝わらないので結局通じない。なので分かりやすい説明をウィキペディアから引用する。

「主人公(ぼく)とヒロイン(きみ)を中心とした小さな関係性(「きみとぼく」)の問題が、具体的な中間項を挟むことなく、「世界の危機」「この世の終わり」などといった抽象的な大問題に直結する作品群のこと」

そう、こんな感じである。「最終兵器彼女」がやはりこんな感じで、大事なところの説明がなく、いきなり世界の危機だったりそれを救えるのはヒロインだけだったりして、大きな問題になっていく。結果、主人公は彼女を取るか世界を取るかという大きな選択を迫られるが、なぜ彼女だけが世界を救えるかなどの細かい理由はすっ飛ばされているので、せつない感情の外側に”もうちょっと説明が欲しいな……”という感情が覆い被さっているまま物語が終わるという、なんだか凄い作品。の総称。

……総称するぐらいいっぱいあるんかい、という感想を持ちそうだが、実際一時期そういう作品がかなり作られていた。テレビアニメ版の「新世紀エヴァンゲリオン」が、それらにかなり大きく影響を与えているらしい。うじうじした主人公が世界を救おうとして結局バッドエンドになる作品を、みんな作ろうとしていたのだろうか。……そうだったんだろうな。エヴァ自体は、そこそこ大きな組織で規模の大きい戦いをしていたので、世界を巻き込むとはいえ「セカイ系」ではないだろう。という事はアレを真似したいけど主人公は少年だしヒロインは少女だし、それらが大人の組織や国際的な政略にぐいぐい絡んだりはせず、なんらかの超常的な理由で世界規模の話にした方が物語としてはシンプル! ……という短絡的な考えから、「セカイ系」は生まれたのだろう。か。

緻密な造りの作品が好きな消費者にはあまり受けない一方、細かい事は気にせず主人公とヒロインの関係性を勝手に大ごとにして世界レベルでのせつなさにしてくれる作品として、「セカイ系」はそういうのが好きな人たちに受け入れられた。突飛と言えば突飛だが、漫画にしろゲームにしろラノベにしろ、そもそも非現実の突飛な世界観が多いので、親和性が高かったのだろう。たぶんドラマでやろうと思うと結構な努力が必要になる。

「世界」ではなく「セカイ」、そんなもんばっか出てるなーの意味を含んだ「系」、そして作った側ではなく周りが勝手に言っている事など、おそらく作り手側としては呼ばれる事に不本意を感じたであろう、荒れやすい用語である。

-俗称・肩書き・称号

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「ダンボール絶対壊すニャン」

「ダンボール絶対壊すニャン」 出典元、ネットのどこか。話題としては「ニンテンドーラボ」についての話ではある。 「ニンテンドーラボ」、任天堂から突如発表された「ニンテンドースイッチ」の新作ソフト、……い …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「岡山の奇跡」

「岡山の奇跡」 出典元、岡山が生んだアイドル、桜井日奈子(さくらい ひなこ)の愛称。奇跡と言われるだけあって本当に可愛い。 いやしかし桜井日奈子はともかく岡山県にとってその称号はいいのか、と初めて聞い …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「スーさん」

「スーさん」 出典元、作・やまさき十三、画・北見けんいちの漫画「釣りバカ日誌」より、鈴木さんのニックネーム。アニメ化もドラマ化もされたが映画が特に有名。 「釣りバカ日誌」の映画は、かつて長らく続いてい …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「心優しき無敵の龍」

「心優しき無敵の龍」 出典元、SNKのゲーム「龍虎の拳」より、主人公リョウ・サカザキの通称。亮なのに龍。 また綺麗に決まった二つ名である。どのくらい正式に使われているかは分からないが、攻略本やキャラの …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「ラスボス」

「ラスボス」 出典元、RPGなどのゲームにおいて、最後に戦うボスの事。転じて、小林幸子の異名。 転じていない……! 「または、小林幸子の異名」が正しいか。これはこれで凄いが。「ラスボス」は「ラスト・ボ …

「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。