言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

俗称・肩書き・称号

伊集院光”ニセ広末事件”深夜の馬鹿力「ニセ広末」桃井はるこという他属性人間

投稿日:2020年10月8日

「ニセ広末」

出典元、伊集院光がラジオで桃井はるこを指して言ったネーミングより。世に「ニセ広末事件」と呼ばれる。

時は2000年。伊集院光が自身のラジオ「深夜の馬鹿力」でやらかしてしまった。発端はリスナーのハガキだったが、テレビ番組「D’s Garage21」に出演している桃井はるこを指して「あのニセ広末涼子みたいな奴どうですか」という内容に「もうまさにどうですかですよ!」と乗ってしまったのである。揶揄してしまった。が……、「ニセ広末」こと桃井はるこは昔から伊集院のラジオを聴いていて、尊敬していて! フォロワーだったのである。この話は桃井はるこの知るところとなってしまった……。

「ニセ広末」とかって、あまりいい言い方ではなくてリスナーの評判も最悪だったそうですが光栄っす。

それを受けて桃井はるこのリアクションは、この様な大人の対応だった。SNSもブログもない2000年にこういった芸能人の意見がリアルタイムに近いスピードで見られるというのは、ひとえに桃井はるこがホームページをやっていたからだが、しかし伝わってしまった事実はある。そしてその事もするりと、おそらくハガキで伊集院に伝わり、翌週のラジオで伊集院は冒頭、反省から入る。

「味方撃っちゃったよ」

まさにそれである。男女比100:0と言われる「深夜の馬鹿力」において、微粒子レベルでしか存在しない女性リスナーを撃ってしまったとあって伊集院は反省しきりだった。そのうち謝罪に行きたいと言っていたがその後どうなったのだろうか。

桃井はるこという人は、世間一般的には声優なのだろうか? 属性が多過ぎるせいであまり「こういう人」と言いにくい存在である。まあ人間ではあるのだろうが、たぶんたくさんの皮を被ったアキハバラ好きのオタクである。なにせメディアに登場し始めた時はオタク系ライターだった。

が、秋葉原のオタク文化に詳しいです! ……と言っているその人が可愛らしい女子高生だったとあっては話が違ってくる。たまたま可愛らしい顔をしていたせいでアイドル的な活動をしたり、伊集院が見た「D’s Garage21」ではコメンテイター兼、着せかえ人形的な存在で出演していた。おそらく可愛いから色んな衣装を着せてやろうという番組側の思惑があったのだろう。しかしこの人はただ者ではなく、「萌え~」という言葉を使いまくって、今の様に「萌え」を広める影響を与えた、……らしい。唐突に差し込まれる歴史的なエピソード。お前は「キングダム」の呂不韋か。

その後、たまたま声がアニメ声だった事もあり、声優にならないかと勧められて声優の活動を始める。「こんなことある!?」(善逸) 、ないだろう、普通、ないだろう。今では声優・桃井はること言っても違和感はないが、少なくともラジオに出始めた当初は声優という肩書きはなかった。アニラジのパーソナリティをめっちゃアニメ声の女性が担当しているにも関わらず声優ではないというのは完全に意味不明である。声優活動を始めてからは、普段からアニメ声の人が本気でアニメ声を演じるとどうなるかという破壊力を存分に発揮し、周りを食いかねないレベルの声圧を見せ付ける。

そしてこれはその後という訳ではないが、たまたま作曲や演奏が得意だった事もあり、音楽活動も行っている。ユニットを組んでの自身の活動だけでなく、楽曲提供も行っており、音楽業界には多数の桃井はるこ楽曲が存在しているのである。う~ん、もっかい善逸が欲しい。総括すると「多才」という言葉になるのだろうが、安直にそんな言葉を使うのもはばかられる。桃井はるこは桃井はるこという存在である。

話を伊集院光に揶揄された「ニセ広末」に戻す。今「ニセ広末」と言われても伝わりにくいが、広末涼子は当時飛ぶ鳥を落とす勢いの女優であり、日本中に広末涼子ブームを巻き起こすぐらい人気のある美少女女優だったのである。つまり”広末涼子のニセ者”というのは、もはや悪口と言うにも無理がある。今で言うなら「お前、橋本環奈のニセ者みたいな顔してるなっ」と言っているのと同じで、どちらかと言うと褒め言葉なのである。女性が自分で「橋本環奈に似てるって言われます」と言うと顰蹙を買うが、他人から言われるのであれば周りの人は期待してしまう。つまりそれぐらい可愛らしいショートカット美少女が桃井はるこだったのである。過去の話なのだから過去形で話しているが過去形にすると怒られそう――。

今はアイドルのプロデュースをしていたり、自身でも歌っていたり、声優の活動はフェイリスとアニスが定期的に再浮上するのでそれに声をあてたり、YouTubeをやっていたりと、なんだかんだ忙しく活動している。たぶんたまたまあれもこれも出来たせいであれもこれもやれてしまったというだけで、根っことしては……アキハバラ好きのオタクなのだろう。

-俗称・肩書き・称号

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“千円でべろべろに酔える店”「せんべろ」ファミレス参入でサイゼリヤ飲み?

2019/06/06

ヘッドセットマイクでつぶやきながら歩いている人の通称「ツイッター」伊集院光が命名

2020/02/11

信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ

2020/10/26

“ニンテンドーラボ”「ダンボール絶対壊すニャン」子どもの反応とネコの反応

2019/10/12

ネット上で影響力のある人「インフルエンサー」インフルエンザに名前が似てる

2020/07/22

お笑い芸人からの呼び方「師匠」落語のお師匠さまは笑いを取らなくていいのか

2020/05/22

非常に不快な”直らない癖”「クチャラー」親の教育とマナー違反、言い訳/逆切れ

2020/04/20

“最終兵器彼女”みたいなやつ「セカイ系」一時期流行った”きみとぼく”と世界の滅亡

2020/06/26

映画”釣りバカ日誌”より、鈴木さんのニックネーム「スーさん」ハマちゃんとスーさん

2020/04/23

“意識の高い”働き方「ノマドワーカー」喫茶店で”MacBook Air”を開き長時間作業

2020/08/11

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。