言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

俗称・肩書き・称号

昔の”折り畳みケータイ”スマホ以前「ガラケー」日本の”ガラパゴス化”の影響

投稿日:2020年7月17日

「ガラケー」

出典元、昔の折り畳みケータイの通称より。ガラパゴス諸島への熱い風評被害。

「ガラケー」は、スマホが登場する前に使われていた携帯電話の事である。日本限定。まあ別になくなった訳ではないので過去形でもないのだが、しかしなぜ「ガラケー」なんていう意味の分からない通称で呼ばれているのか。「ガラ」はガラパゴス諸島から来ているが、そんな事言われても困るし説明が必要になる。

ガラパゴス諸島はアフリカ大陸の南東に浮かんでいる大きな島……ではなく、というかそれはマダガスカル島で、ガラパゴス諸島は南アメリカ大陸の北西に散らばっている諸島である。国としてはエクアドル共和国。ガラパゴス諸島の生物は、進化論の進化ルートを完全に無視した意味不明な生態系を持っているらしく、そこから世界の流行りとか流れを無視した自分らだけ独自の進化を遂げてしまう迷惑なやつの状態をガラパゴス化している、と呼んだ。つまり日本の折り畳みケータイの進化の突き進み方がまさに唯我独尊過ぎて、「日本だけガラパゴス化してるやん」と言われた先が、自分たちでも自虐の念を込めてガラパゴス携帯と呼ぶ様になった、「ガラケー」という名前の生まれた経緯だった。

ガラパゴス諸島のおかしな進化というのは動物番組で見た事がある人もいるかと思うが、ガラパゴスゾウガメの画像を見ると、確かにちょっと地球のルールを勘違いしてしまった感があるので、納得力がある。どっちかというと地球よりモンハン世界に向いている感じがあるし、生物学的に変だと言われているのならそうなのだろう。そういった存在自体は興味深いし目を惹くが、たぶん間近で見るとドン引きするやつなので、つまり「ガラケー」も世界からそういう見られ方をしていたと思われる。当時のワンセグとか、おサイフケータイとか、赤外線通信は、日本の最新技術を用いた”日本でしか使われないテクノロジー”として、海外から白い目で見られていたのだろう。

しかしご存じの通り、今現在ケータイの市場はスマホに席巻されており、「ガラケー」は細々と生き残るだけの存在となっている。以下をウィキペディアの「ガラパゴス化」の説明より引用する。

日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い種(製品・技術)が導入されると最終的に淘汰される危険に陥るという、進化論におけるガラパゴス諸島の生態系になぞらえた警句である。

黒船的な。いや、アップル的な。アマゾン的な。グーグル的にも。……そう考えると日本のいつものパターンと言えるのかもしれない。「ガラケー」は急速に需要が落ちて来たため、新規機種が開発終了に……なるところだった。が、そこまではなっておらず、今も一応折り畳みケータイとしてフィーチャーフォンとかいうものとごっちゃになって生き残っている。それは「すまあとふぉんとかいうのはよくわからん!」という頑固親父が多かったせいもあるが、パソコンみたいな性能になってしまったスマホへの反動で、「もっとシンプルでいい、なんなら形も前のガラケーでいい」という需要があり、それに開発者がちゃんと気付いたからだろう。

実は「ガラケー」がこうして生き残ってくれた事には別の意味でちょっとだけ利点があり、それはフィクション内での使われ方だったりする。「ガラケー」からスマホへの移り変わりが余りにも早かったせいで、ここ数年のフィクションもそれに追い着けずドラマでもアニメでも創作作品内でどうしても「ガラケー」を使ったシーンが登場してしまう。しかしケータイというものが完全にスマホに移行しなかったおかげで、例えばちょっと前のドラマで「ガラケー」を使っていてもそれほど違和感がない。ビシッとしたスーツを着た一流企業のビジネスマンが、急ぎの連絡に公衆電話を使っていたらドン引きするが、「ガラケー」をパカッと開いて電話を掛けていてもまあ、スマホじゃなくても受け入れられる土壌はまだ残っている、という事である。これが完全にスマホに置き換わっていたら、「ガラケー」をパカッと開いた時点で「古っ!」というリアクションをされる訳で、本当にそうならなくて良かった。岡部倫太郎(おかべ りんたろう)もひと安心である。

-俗称・肩書き・称号

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

演歌歌手”小林幸子”の異名「ラスボス」紅白歌手がニコニコ動画でボカロソング熱唱

2020/08/25

映画”釣りバカ日誌”より、鈴木さんのニックネーム「スーさん」ハマちゃんとスーさん

2020/04/23

“ニンテンドーラボ”「ダンボール絶対壊すニャン」子どもの反応とネコの反応

2019/10/12

ヘッドセットマイクでつぶやきながら歩いている人の通称「ツイッター」伊集院光が命名

2020/02/11

非常に不快な”直らない癖”「クチャラー」親の教育とマナー違反、言い訳/逆切れ

2020/04/20

“キャプテン翼”若林源三「SGGK」簡単な単語を組み合わせただけなのに格好いい

2019/11/16

ネット上で影響力のある人「インフルエンサー」インフルエンザに名前が似てる

2020/07/22

“最終兵器彼女”みたいなやつ「セカイ系」一時期流行った”きみとぼく”と世界の滅亡

2020/06/26

お笑い芸人からの呼び方「師匠」落語のお師匠さまは笑いを取らなくていいのか

2020/05/22

“千円でべろべろに酔える店”「せんべろ」ファミレス参入でサイゼリヤ飲み?

2019/06/06

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
3
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
4
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
5
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
6
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
7
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
8
 漫画
漫画”ドリームス”久里武志「だがねえよ おめえにオレを越える・・ミラクルはな!!」
2019/02/16
9
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
10
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05
11
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
12
 スレッドタイトル
テニプリ「【悲報】テニスの王子様でネットが大炎上」なんの嘘もないニュース
2019/11/27
13
 漫才・コント
お笑いコンビ”オードリー”春日「みなさん、夢の中で会って以来ですね」若林の柔らかいつっこみ
2019/10/24
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
16
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
17
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16
18
 掲示板
将棋星人と対戦する地球代表は?「地球規模で考えるんだ」深浦より羽生だろ
2019/04/25
19
 システムメッセージ
ATOKリフレッシュナビ「入力時間が長くなってきています。少し休憩しませんか?」
2019/02/11
20
 技
めだかボックス球磨川禊の最強のチート技「大嘘憑き(オールフィクション)」全てをなかったことにする能力
2019/07/17

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。