言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

俗称・肩書き・称号

「音楽鑑賞」

投稿日:2019年6月21日


「音楽鑑賞」

出典元、プロフィールによく使われる使い勝手の良いワード。趣味:音楽鑑賞。

別にこれ自体におかしな点や違和感がある訳では無いのだが、自分から表明しているにも関わらずなんとなくオブラートに包んだ感じを相手に抱かせてしまう、……趣味の一つ。ちょっとばかり、ありがち過ぎる。どういう人が使っているかと言うと、変なイメージが付いても困るアイドルやタレントが好んで使っている印象がある。別に趣味はお菓子作りでもポエム書きでもいいのだが、それらは深く突っ込まれると証拠を出さなくてはいけなくなるので、そういったものの必要ない「音楽鑑賞」なら色々と無難なのだろう。好きなタレントに「趣味はジャニーズの追っかけで月に一回はコンサート行ってます」とか言われても嫌だし、「趣味はソシャゲ(重課金)で暇な時はずっとやってます」とか言われても嫌だろう。真実だったとしても。

趣味を聞くのはその人の人となりを見るに一番手っ取り早い方法である。しかしアイドルなどは全てを公にしていいというものでもない。知られて恥ずかしいけど可愛い趣味もあれば、周りにドン引きされる趣味もあるのである。なので、ここで上手い具合に当たり障りのないもの、「趣味:音楽鑑賞」がよく使われるのである。つまり「音楽鑑賞」とは、自分に下手に変なイメージが付かないように、はぐらかすために設定する趣味という事だ。実際にたまに音楽を聴けばそれだけで嘘ではなくなるので罪悪感もないし、なにより「鑑賞」という言葉に上品なイメージがあるので、とてもスマートである。

しかし「音楽鑑賞」にしておくと「どんな音楽を聴くんですか?」という質問をぶつけられる事がある。それに対しては、ある程度決めて答えられる様にしてあるのだろう。ざっくりと「普通に今流行ってるJ-POPを色々」でもいいし、「洋楽とか」や「クラシックを少々」とかでもいいだろう。いくつか名前を出せればそこで事足りるし、みんな聴くメジャーなものだとそんなに掘り下げられるものでもない。ただしそこは注意ポイントでもあり、当然の事ながら「演歌です」と言ったら一気に渋くなるし、「ゲーム音楽です」と言ったら「あ、そっち系?」と思われてしまうだろう。あとヘヴィメタルが好きな人は趣味自体に「メタル」と書く。まあ、フラットなイメージを望んで「趣味:音楽鑑賞」を使うなら、無難なものにしておくのがいいだろう。

このプロフィール設定の本当バージョンというものも、あるのかもしれない。実際に家でヒマな時になにをしているか考えれば分かるものである。多くの人はそれは「テレビを見ている」だろうし、最近では「ネットを見ている」、「友達とLINEしている」とかも多いだろう。単にそれを趣味として認識していないだけで、なんとなく除外しているから趣味にしないだけなのである。「趣味:テレビ」も「趣味:ネットサーフィン」も、そして「趣味:友達とLINE」も本当にあるのかもしれない。一日のうち、それをしている時間の割合を考えれば、どれか一つぐらい圧倒的なものがあるだろう。それらは日常生活において、やらなければならない必須のものではないのだから。

-俗称・肩書き・称号

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「SGGK」

「SGGK」 出典元、高橋陽一の漫画「キャプテン翼」より。ゴールキーパー若林源三の二つ名。 「Super Great Goal Keeper」の頭文字を取って付けられた。と言ってもファインプレーの連発 …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「ツイッター」

「ツイッター」 出典元、伊集院光が命名した、つぶやきながら歩いている人の通称。「ツイート」(tweet)とは「小鳥のさえずり声」という意味である。 ……。 が、もちろんSNSの「ツイッター」(Twit …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「セカイ系」

「セカイ系」 出典元、フィクションにおける物語構造の一つ。荒れやすい話題。 「なんか聞いた事あるけどどういうやつの事だっけ?」と思う人も多いかと思うが、それに対する答えは「最終兵器彼女みたいなやつ」で …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「はじめ」

「はじめ」 出典元、ネット各所。森川ジョージの漫画「はじめの一歩」の主人公、幕之内一歩(まくのうちいっぽ)のネット上での俗称。 長期連載中の大人気漫画、「はじめの一歩」が荒れている。ここしばらく鬱展開 …

カテゴリー「俗称・肩書き・称号」

「せんべろ」

「せんべろ」 出典元、不明。いつの頃からか、自然発生的に使われ出した言葉。 意味は「千円でべろべろに酔える」である。せんべろ酒場なら「千円でべろべろに酔える店」という意味で使われる。バブル崩壊後ぐらい …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。