言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

掲示板

「この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか」

投稿日:2020年10月6日

「こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく」

出典元、5ちゃんねるスレッド「【ネット】「ウィキペディアが与える影響を調べるため」学生がもっともらしい嘘の書き込み 多数の欧米大手紙がだまされて引用」より。どこかの誰かの書き込み。

これはパッと見、なにを言っているのか分かるが、よく読むと意味が分からないという驚くべき文章である。……。

パ ッ と 見、分 か る が、よ く 読 む と、分 か ら な い。

変な文章があったとしても普通”逆”であり、しっかり読んだ方が意味不明なのは中々のクレイジーっぷりである。ただし、再度パッと見する事で結局意味は分かるので、取り立てて問題はない。なんだこの文章は?

まあそれは、ここに書いてある――書いてないが、書いてある通り、この文章はイギリスのケンブリッジ大学の研究結果で、人間は文字を認識するときその最初と最後の文字さえ合っていれば、順番は滅茶苦茶でもちゃんと読めるという研究に基づいてわざと文字の順番を入れ換えてある、……らしい。でたらめに入れ換えたのではなく、文節の最初と最後の文字は正しく書いてあるため、結構ちゃんと計算して作られている。まあ、そんな研究が本当にあるかどうかは、この書き込みだけでは信用ならない話だが。

こういったものがなにかに応用出来れば面白いのだが、特に思い付かないのが最大の難点か。ちなみにこの書き込みは2009年のものなので、10年経ってもこれを使った技術はなにも開発されていないんだろうなぁ……、と予想出来てしまう。凄いけど役に立たない技術というものは世の中にあってしまうのである。

一応細かいところを挙げるなら、文章から漢字を除外してひらがなとカタカナのみを使っているのがコツか。漢字があるとどうしても最初と最後の文字を固定するのが難しくなってしまう。ただしそれにより文章全体が幼い印象になってしまうため、つまりこれはイギリスで開発されただけあって、日本語には向かないやり方という事なのかもしれない。アルファベットのみなら凄くよく合いそう。

認識の間違いというのは日本人だとよくカタカナでやりがちである。文字だけで認識していて耳で聞くことのなかった用語を、初めて耳で聞いた時に「えっ!?」となる。「ブロマイド」を「プロマイド」と覚えていたとか、「マニキュア」を「マニュキア」と覚えていたとか、事実が判明した瞬間がどれくらい恥ずかしい場面だったかによって簡単にトラウマになれる素質のあるテーマである。

……ちょっとだけ似ているものがあったかもしれない。それは日本語入力システムの誤入力訂正システムで、ローマ字の打ち間違えを勝手に判断して正しく変換してくれるという機能である。「わかりました」と打とうとして、ローマ字入力で「wakarimastia」と打っても、ちゃんと「わかりました」に変換してくれたりする便利機能である。場合によってはお節介機能でもあるのだが、まあ、あなたたちが進化するとしたらそのぐらいしかないよね、と思う機能でもある。このイギリスの研究結果に文字の表記としては凄く近いが、本質的には全く関係ないというのが凄い。

ネタとしては面白いが、せめて遊びに使えないものだろうか。

そっくちょに もしうあまげす。わしたちたの どしくゃの 98%は みてぬみふしりをて きてふをしくだいませさん

うーん。

-掲示板

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あのひねくれ者の富野由悠季が!「すげーまともなこと言ってて違和感MAX」

2019/06/30

冨樫義博”HUNTER×HUNTER”「ハラハラしながら読みつつ、いつ休載に入るかがもっとハラハラする」10週目にハラハラする読者

2019/11/23

“進撃の巨人”「もう一生分稼いだとは思うけどこれが終わると別マガが終わるし」

2020/07/04

経験からみんなが避ける掲示板での話題「その話題は荒れるからやめとけ」主観だし

2019/04/11

ライトノベルのタイトル「無駄買いさせる効果でも狙ってたんかアレは」出版社の怠慢

2019/02/08

登山家への「山を舐めるな自然は怖いと言いつつ、用もないのにわざわざ危険なとこにいくとかもう舐め腐ってるやん」強烈なカウンターパンチ

2019/11/05

「高エネルギー体(笑)ほんと自分は何かいてんだろうか・・僕はこの黒歴史を一生背負って生きたいなと思いました」

2019/03/26

にぎり寿司の技術「簡単ではないと思うけど1ヶ月で追いつける程度の技術だよね」修行に10年?

2019/01/22

発言小町「勘違いしてる奴多いけど客>店の図式って別に法律やら何やらで決められたことじゃないからな」マナーやモラル

2020/05/06

「プログラマー怒らせたらどうなるか見当つくだろ と捨てセリフを残して辞める 実際には何もしない」

2020/10/21

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。