言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

掲示板

「地球規模で考えるんだ」

投稿日:2017年8月20日

「地球規模で考えるんだ」

出典元、2chの将棋系スレのどこか。匿名掲示板だが、書き込んだのは漫画家の須賀原洋行であるらしい。本人が言っている。

地球規模で考えるんだ、とはまた大規模な話だが、何の話かと言えば将棋の話である。少し長いが以下に引用する。

おまえら、もし地球に将棋星人が攻めてきて、向こうの大将と
地球代表が将棋一番勝負で対決し、負けたら植民地にされる
という事態になったら、地球代表は絶対羽生でないとイヤだろ?
深浦でもいいのか?深浦に地球の命運を託せるのか?

羽生をけなしてるやつは地球規模で考えるんだ

分かる。というか将棋に詳しくない人にほど分かる話だろう。まず深浦って誰だ、という話にもなるし、羽生善治なら将棋を知らない人でも知っている。七冠で大変な話題になったし、現在も三冠、超強いままだし別に過去の人でもないしまだ50歳にもなっていない。まさに将棋界の顔と言っていいだろう。

このコピペの面白いところは、例えが突飛すぎるのに、説得力があるというところだ。一読して「な~に言ってんだ」とクスッと来るが、さらにあとからジワジワくる面白さがある。だいたい将棋星人って何だ。しかしこの面白さが横方向にもジワジワと広がり、これを改編したコピペなどが出てくるぐらいの有名になった。

ちなみに「ハチワンダイバー」という将棋漫画があるが、最終戦は主人公が負けたらその場に核が打ち込まれる、という少し似た様な展開だった。相手は人間だが。このコピペから連想した人もいるだろう。

もう少しメジャーな競技で例えるなら、野球ならこうだろう。負けたら終わりの一本勝負に、今年いきなり芽が出て活躍した首位打者に任せるか、それとも全盛期は過ぎたもののイチローに任せるか、そういう話だ。数字と確率的には首位打者に任せるべきだろう。だが心情としては日本人のプロ野球選手代表はイチローがいい、そう考える人は多いだろう。

”あいつに任せて負けたのなら仕方がない”という考え方である。

このコピペにもその考えが生きている。しかし多分、もともとは仲裁の為に書き込んだんだろうな、と思われる文章である。羽生をけなしているやつがいて、「どう、どう」と収めたかったのだろう。しかし羽生派だからそう言ってると思われるのもしゃくだ。そこで規模を大きくする。無駄に大きくしてシュールにしてみる。畢竟、語り次がれるコピペとは独創性が突き抜けているものだ。

「地球規模で考えるんだ」

何なんだ、この説得力。

-掲示板

執筆者:


  1. 通りすがり より:

    十年の歳月を経て深浦九段が地球代表へ変わり
    御本人の耳にも入るとは感慨深いですね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「掲示板」

「ただドラマも断れよ」

「ただドラマも断れよ」 出典元、2chスレッド「某歌手「アニメのタイアップ来たけど断った」」より。どこかの誰かの書き込み。 スレッドタイトルが上記であり、スレ主の1レス目が以下である。 歌手S「アニメ …

カテゴリー「掲示板」

「月見バーガーきたーこの季節のたのしみ! ↓ あれ、タマゴ入ってるだけなのにコスパ悪くね? ↓ ~1年後~ ↓ 月見バーガーきたー」

「月見バーガーきたーこの季節のたのしみ! ↓ あれ、タマゴ入ってるだけなのにコスパ悪くね? ↓ ~1年後~ ↓ 月見バーガーきたー」 出典元、2chスレ「【疑問】 マクドナルドの「月見バーガー」は何故 …

カテゴリー「掲示板」

「その話題は荒れるからやめとけ」

「その話題は荒れるからやめとけ」 出典元、ネット各所。 掲示板、多数の人が自分の意見を書き込む場所であるにも関わらず、避けられる話題がある。それは「荒れる話題」。しかも荒らし目的ではなく、普通の意見と …

no image

「簡単ではないと思うけど1ヶ月で追いつける程度の技術だよね」

「簡単ではないと思うけど1ヶ月で追いつける程度の技術だよね」。 出典元、2chスレ「寿司屋「寿司なんて簡単だから握り方教えたらすぐ追いつかれちゃうンゴ…」」より スレッドのタイトルと、この書き込みであ …

カテゴリー「掲示板」

「すげーまともなこと言ってて違和感MAX」

「すげーまともなこと言ってて違和感MAX」 出典元、5ちゃんねるスレ「【コラム】「腹立たしい気分もあった…」富野由悠季が『ガンダム』著作権を譲渡した理由とは?」より。どこかの誰かの書き込み。 このスレ …

「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ
当サイトの記事には、創作物に関するネタバレが多々ありますのでご注意ください。また、真偽の不明な事柄を確定口調で書いている部分もあります。ご了承ください。