言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

掲示板

“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー

投稿日:2019年12月26日

「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」

出典元、2chスレッド「正直ブレスオブザワイルドって過大評価やないか?」より。どこかの誰かの書き込み、群。

スレッドはスレ主の以下の書き込みから始まる。

「いうほどのゲームか?」

ニンテンドースイッチのゲームソフト「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の評判が発売当初からうなぎ登りである。元々人気の根強かったゼルダシリーズ、最新作というだけでなく今回は「オープンワールド」を取り入れた事により、新境地を開拓した。「オープンワールド」とはエリアチェンジをせず、画面を切り換える事なく見える範囲のどこへでも自由に進んで行けるゲームシステムである。主たるストーリーはありつつもどこから手を付けてもいい、ユーザーの自由度がとても高いシステムである。下手な作り方をするとユーザーを右往左往させる可能性もあるシステムだが、そこは任天堂、「それがいい!」と皆が口々に言うほどの出来に仕上げてきた。伝説と語り継がれる「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の評価を越えたのではという声もちらほらと聞こえるほどである。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、ニンテンドースイッチ本体の発売と同時発売の、いわゆるローンチタイトルであったが、日本においては発売と同時に本体のニンテンドースイッチが品薄になり、手に入りにくい状況が続いてしまった。出荷数の事もあるが、”ゼルダがどんなに面白かったとしても”元々そこまで売れるとは誰も思っていなかったのと、あとは転売屋の格好の的になってしまった部分がある。当時、ニンテンドースイッチを泣く泣く定価以上の価格で買ったユーザーも多数いた事だろう。酷い話である。

さて、このスレは2017年6月に立てられた。まだまだ手に入らないユーザーも多いが、予約して買った人もいるし、遊んでいる人の評判もそれなりに聞こえて来ている時期である。ちなみにアメリカは元から「ゼルダ」そのものが超人気シリーズでカリスマ化しており、前述のクオリティの事もありすさまじい高評価の嵐となっている。本当に、いうほどのゲームなのだろうか? このスレで感想を見ると、普通に賛否両論といったところだが、プレイせずに難癖を付けている人もいるし、オープンワールドとしてまだあのソフトには及ばない、と言う人もいる。しかし2chのゲーム系掲示板というのはそういうものである。ただ今回ばかりは、ネガティブ意見の雲行きがおかしい。

「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」

なるほど。ゲームというものはゲーム内容の面白さで勝負しなければならず、たとえばグラフィックが超綺麗とか、有名声優を起用とか、登場キャラクター数でごまかしてはいけない。……いや面白いんかい。どういう事だ。グラフィックがPS4などのリアル系グラフィックには及ばないのを面白さでごまかしている……、いや面白いならいいじゃないか。他にもなんだか言ってる事がおかしい人がちらほらと存在する。

「面白さで誤魔化してる糞ゲー」

面白いクソゲーなのか。

「面白いことぐらいしか長所がない」

それが長所なら何の問題もないのでは。

「割とマジで実際やってみると面白さしか取り柄ないと思うわ」

面白さしか取り柄がない……、新しい表現だ。

「面白いだけのゲームやぞ」

けなしているのかそれ。

「面白いだけ」

けなせてないぞ。

「面白いってだけで評価されすぎ」

面白ければ評価されていいと思います……。

と、まあ、散々な評価になっている、と見せかけて文句を言いたい人も意見がおかしな事になっている。とりあえず面白いと。いやそれがゲームにとって一番重要な要素なんだからそれでいいじゃないか。多少、悪ノリの大喜利っぽくなっている部分もあるが、とにかくこのゲームは面白いという事で。不満点を挙げる人ももちろんいるが、とりあえず面白い、と。

Amazonレビューでは2019年12月現在、カスタマーレビュー2400件以上、星5つのうち平均4.6点と、すさまじい高得点である。しかも皆、語りに語っている。面白いけどここが不満、などで評価をガクンと下げるのは日本人の特徴である。その中でのこの平均点は信頼が置ける。

有名シリーズとなったゲームの最新作が過去最高に面白いとは限らない。ゼルダシリーズにとっては「時のオカリナ」が過去の壁である。しかし思い出補正を抜いても、ついに最新作に最高傑作が現れたのでは、と思わせる絶賛意見の数々だった。しかし2chでここまで言わせるのもまた大したものである。

U-NEXT

-掲示板

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“なぜあんな小説を褒めるのか”「実は基本的には小説は面白い」芥川賞の受賞理由

2019/10/02

“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性

2019/07/24

「まずくて寂れてる喫茶店ほんとすき 凄い落ち着く」客の少ない店の居心地の良さ

2019/11/08

「高エネルギー体(笑)ほんと自分は何かいてんだろうか・・僕はこの黒歴史を一生背負って生きたいなと思いました」

2019/03/26

深い意味はない「キャベツが沢山あります」質問回答コミュニティ”教えて!goo”

2019/03/16

うどんに加えて甘いラーメン「炭水化物の往復ビンタ」糖尿病率香川県越えの徳島県

2019/12/14

ライトノベルのタイトル「無駄買いさせる効果でも狙ってたんかアレは」出版社の怠慢

2019/02/08

初心者用掲示板「私が不親切だと思われるのだったらあなたが親切にすればよいのではないですか?」

2019/03/08

私のルールは床に物を置かない「私のルールは床に物を置かない」私のルールは床に物を置かない

2019/03/28

俺のせいかよ!「羽海野チカは登場人物に試練を与え過ぎなのでこれくらい我慢しろ」”3月のライオン”将棋を描くか3姉妹を描くか

2020/01/25

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。