言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

キャッチコピー

「安いクセして。」

投稿日:2018年5月5日

「安いクセして。」

出典元、スーパーマーケットチェーン、西友の現在のキャッチコピー。安いクセして新鮮だったり、ちゃんと美味しかったり。

西友と言えば、ちょっと前までは「このスーパー、大丈夫かな……」の代表格だった様な崖っぷち経営のお店だった。客が全然入っていない。そして商品の方向性もよく分からない。高いんだか、安いんだか。高級志向なんだか、そうでもないんだか。少なくともブランド価値は感じない位置に存在していた、と思う。平日の昼間、食品販売エリア以外は仕方ないとはいえ、ガランガランに空いていて店員も暇そうにしていて、客より店員が多い。こりゃもうダメかな……、と思ったのも

今は昔である。

細かいところはいろいろな事情があったのだろうが、消費者にも分かりやすい変化があったのがウォルマートグループの傘下に入ってからだろう。とにかく安さの追求に舵を切って来た。思い切った施策である。みんな知らないと思うが、実は安くするだけで消費者は喜ぶ。特に食品が他の店と比べてまず最安値を常態化させて来ると、ド安定という事で家計を預かる主婦が集まるのである。家電店では無いが「他店より1円でも高かったら安くします」みたいな荒技も繰り出し、とにかく安さで勝負をかけて来た。もちろんウォルマートグループの後ろ盾あってのものだったろうが、これが大成功、みんな大喜びの家の近くにあって欲しいスーパーマーケットの出来上がりである。最初は急激な変化にやや荒削りなところもあったが、次第にこなれてきた様で、安いながらもしっかりとした商品、しっかりとした品揃え、しっかりとした客対応、と西友はこういうものだ、という位置を確立して来た。

「安いクセして。」

そして攻めるキャッチコピー。うちは安いのに、いや「安いクセして」新鮮ですよ、美味しいですよ、安心ですよ、安全ですよ、そう言っている。もちろん自虐の一種であるが、自信に裏打ちされた自虐と言っていいだろう。ある種のギャグにもなっているので、失笑と共に消費者に受け入れられるタイプの高等ギャグだろう。こういうものは担当が思い付いても、なかなか企画として通りにくいキャッチコピーだとは思うが、それを通してしまうのが今の西友の勢いと上層部だ、と考えれば納得が行く。西友のクセしてなかなかやりおる。

問題があるとすれば、「安いクセして。」を連呼するCMが、連呼する割りにもう3回目ぐらいでゲシュタルト崩壊してしまい、「クセしてってどう意味だっけ?」となってしまう事だろうか。まあ、人によるか。







-キャッチコピー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「キャッチコピー」

「の~みそ コネコネ コンパイル」

「の~みそ コネコネ コンパイル」 出典元、かつて存在したゲーム会社、「コンパイル」のキャッチコピー。今はもうない。 「コンパイル」は、ゲーム「ぷよぷよ」で一世を風靡した会社である。が、既に倒産してい …

カテゴリー「キャッチコピー」

「一目で義理とわかるチョコ」

「一目で義理とわかるチョコ」 出典元、チョコレート菓子「ブラックサンダー」のキャッチコピー。男気を感じるキャッチコピーだが買うのは女性である。 バレンタインデーである。シンプルに想いの男性にチョコを贈 …

カテゴリー「キャッチコピー」

「2.0」

「2.0」 出典元、しばらく前に流行った、なんにでも付けて新しさを表現する手法。初出はおそらく「Web 2.0」。 ちょっと流行るとすぐ真似したくなる日本人の悪いところが出てしまった感じの用語である。 …

カテゴリー「キャッチコピー」

「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」

「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」 出典元、ワイン、ボジョレー・ヌーボーの2011年のキャッチコピー。販売業者らの評価、という事になっているらしい。同じ年でも諸説ある、 …

カテゴリー「キャッチコピー」

「じつは、1枚でいける。」

「じつは、1枚でいける。」 出典元、JRだかバス会社だかの宣伝ポスターのキャッチコピー。ペンギンとロボットの絵。 見た時、「馬っ……」と思った事があるキャッチコピーである。非常に分かりやすいキャッチコ …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。