言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

ウェブ記事・ブログ

「うなずきが止まらない」

投稿日:2019年5月16日


「うなずきが止まらない」

出典元、ブログ「ミサトの美食旨酒」の記事、「生肉祭り 最後の生肉?! 焼肉屋さんのしみず@不動前」より。あ、肉の日だ。

牛のレバ刺しの提供は食中毒防止のため、2012年7月に禁止となった。ただこの記事は2011年9月29日のものなので、単に禁止になる前の話である。それなりに高級なお店の様で、

生肉多めで頂きます。

と書いている通り、まさに生肉祭りといった具合で生肉を頼みまくっている。「レバ刺し」から始まり「タンのユッケ」、「ハラミ刺し」、「ザブトン刺し」とまさにやりたい放題。これに通常の焼肉も頼んでいるため、完全に豪遊である。しかしやはり現在の生肉禁止状態で見ると生肉がこれだけあるのは目を見張るため、生肉好きにはたまらない記事だろう。こんなにフリーダムだったんだね感もある。ちなみに「レバ刺し」で検索するとかなり上位に引っ掛かる記事だった。写真も載っていて、あの危険な魅力を放つルビーレッドのあいつがまだまだ閲覧出来る。とても魅力的な記事である。しかしこの部分に注意が引っ張られる。

「久しぶりのレバ刺しは、うなずきが止まらない(゜-゜)(。_。)旨いよー

新鮮」

「うなずきが止まらない」という表現はなんなんだ。口にほおばったらもう、美味し過ぎて美味し過ぎて、「これはいい、これはいい!」とばかりにうなずきが止まらないのだろうか。そういう人なのだろうか。そんな表現があっていいのか!

……しかし凄くよく伝わって来る、表現である。確かに、あれ? もしかして美味しいものを食べた時、味を噛みしめ幸せの中にいるその人は、うなずいているのだろうか。うなずきを繰り返しているのだろうか。意識が味に集中し過ぎていて、本人が気付かないだけなのかもしれない。もしかしたらうなずいているのかも、しれない……。そういうものなのか。そういうものなのかもしれない。人によるのか。人によるのかもしれないというか人によるに決まっていますね、すいません。

まあ、ハタと思い返してしまう指摘、である事は確かである。今度美味しいものを食べた時、無意識にうなずいてないか気にしないと。そんな人いるかよ、と思う人も、もしかしたらうなずきを繰り返しているかもしれない。テレビで女性が食レポでよくやる、「美味しい~フルフル」というリアクションに、近いものなのかもしれない。今度もし、大好物だけど高級食で、たま~にしか食べられないものを食べる機会があったら、連れにでも頼んでそういう動きをしていないか、確認してもらうといいかもしれない。

-ウェブ記事・ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「ウェブ記事・ブログ」

「今日のダーリン」

「今日のダーリン」 出典元、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」のトップページにいつも表示されている、謎のコラム。誰が書いているのかは不明。 そういうところに、きをつかわないといけないんだなあ。 と、糸 …

カテゴリー「ウェブ記事・ブログ」

2人の「羽生」

2人の「羽生」 出典元、YahooニュースなどいくつかのWeb媒体に掲載された記事タイトルより。春の園遊会での待ち望まれたツーショットである。 「読めるけど書けない」と言えば「新潟」だが、これは……、 …

カテゴリー「ウェブ記事・ブログ」

「けど、センスがないのではなく、単に基礎を勉強していないだけということに最近気づきました。センスはもっと高い次元の話でした」

「けど、センスがないのではなく、単に基礎を勉強していないだけということに最近気づきました。センスはもっと高い次元の話でした」。 出典元、ウェブサイト「Webpark」の記事、「配色、デザイン、文章、写 …

カテゴリー「ウェブ記事・ブログ」

「伊藤園が販売する水素水は医薬品ではないため、健康効果を標ぼうするものではありません。」

「伊藤園が販売する水素水は医薬品ではないため、健康効果を標ぼうするものではありません。」 出典元、伊藤園のホームページ、「よくいただくご質問」から、「水素水」について。男気溢れる直球回答。 世の中本当 …

カテゴリー「ウェブ記事・ブログ」

「ペイントはなくならない」

「ペイントはなくならない」 出典元、マイクロソフトの声明発表より。 ただの声明発表がやたらと格好良く聞こえてしまうことがたまにあるが、これがまさにそれである。この発表は、Windows10の大規模アッ …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。