言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

不詳

「あっち~」

投稿日:2019年3月17日


「あっち~」

出典元、不詳。夏場などで暑い屋外から、涼しい室内に入った人がたびたび発するセリフ。

暑い屋外から涼しい室内に入った人がたびたび発するセリフ。

いや理屈としておかしい。暑い場所から涼しい場所へ移動したのだから、そこは「涼しい~」なのではないか。実際、体は暑さを感じなくなり、涼さを感じているのだから。が、しかし。もちろんその環境下で「涼しい~」系のセリフを言う人もいるのだが、そこで発せられるセリフは圧倒的に「あっち~」系が多いのだ。これはどういう事だろうか。体感がおかしい? いや、そういう事ではない。

状況を頭に思い浮かべてみよう。猛暑の中、外回りをして会社に帰って来た男性サラリーマンが、涼しい事務所内に入って来た。中でずっと仕事をしていた人たちが「お疲れさまです」などと声を掛ける。男性サラリーマンは開口一番、「あっち~」、そして返事、「お疲れさまです~」である。そのあとに多少、暑さへの愚痴が続く事もあるだろう。うん、やはりなぜか違和感なくすんなり想定出来る。

ここで同じ人が同様の暑さの中、一人暮らしの自宅に帰って来たパターンを想定してみる。その場合普通エアコンは効いていないが、なにがしかのかがくのちからで付いていたと仮定しよう。ガチャ、誰もいないのでただいまは言わない。室内は涼しい。「あ~涼しい」。……おやぁ? これもまた違和感なく自然である。「あっち~」を言うか想定してみる。……いや、言わないな。言うと違和感がある。アピールする相手がいないのだから。……。

そういう事か!

「あっち~」はアピールのセリフだったのである。涼しい事務所に戻って来た、自分は暑い屋外にずっといたのに、涼しく快適な環境で過ごしていた人たちがいる。まず感じるのは涼しさだが、それよりも……、”自分は暑い中頑張っていたという事をアピールしたい”。その想いが「あっち~」なのではないか。だから中にいた人にはねぎらってもらいたいし、もし事務所に誰もいなかった時それは、「あ~涼しい」になるのだろう。

すべて憶測だが、体感の事実よりも他人への同情を求めてしまう心情も理解出来る。それぐらい最近の夏は暑い。中にいる環境の人は、少し気にして帰って来た人の発言をチェックしてみると面白いかもしれない。そして実際に、涼しい室内に入って「あっち~」と発する人は思いのほか多いだろう。そんな人にはねぎらいの気持ちを込めて、「なに言ってるんですかどう考えても涼しいでしょう」と言ってあげよう。

-不詳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「不詳」

「ああ、あの運転の上手い人」

「ああ、あの運転の上手い人」 出典元、不詳。カテゴリーとしては、素直な感想。 女性の運転する車で4、5人でどこかに向かっていた時の事である。目的地も目的も不明だが、とにかく運転しているのは女性で、車内 …

カテゴリー「不詳」

「あっすいませーん(笑)」

「あっすいませーん(笑)」 出典元、不詳。とある大盛り系飲食店での、女性客の帰り際のセリフ。 行列の出来るカウンターのみの店で、店内は殺伐とまではしていないものの、待っている客に見られながら大盛りメニ …

カテゴリー「不詳」

「謝ったなら許す事にしている」

「謝ったなら許す事にしている」 出典元、不詳。どこかの誰かのセリフ。粋なのかどうかは、分からない。 謝るべきなのに謝らない人が多いという話である。ぶつかったとか、ミスをしたとか、注文を間違えたとか、な …

カテゴリー「不詳」

「なんでテレビが2台あるの?」

「なんでテレビが2台あるの?」 出典元、不詳。どこかの家庭にお客さんが来た時の、お客さんのセリフ。 別にテレビが2台あったって3台あったっていいじゃないか。そういう家庭もあるだろう。……そういう意味で …

カテゴリー「不詳」

「好きなもの頼めばいいんだよ」

「好きなもの頼めばいいんだよ」 出典元、不詳。居酒屋での誰かの発言。 居酒屋での注文というものは少々難しいものがある。飲み物は比較的自由が利くが、食べ物は参加者の好みに合わせる必要があるため、特にジャ …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。