言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

テレビ

「セカンドシーズン」

投稿日:2017年10月5日

「セカンドシーズン」

出典元、ドラマやアニメなどの2作目に付けられる事のあるサブタイトル。「シーズン2」という場合もある。

そして副題が付く場合もある。とにかく問題はシーズン、「Season」である。

現在広く使われている用語だが、この呼び方はいつから日本で広まったのだろうか。海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」のヒット以降、それを真似てアニメやドラマでも使い始めた様な気もする。おそらく、恰好いいから真似しだしたのだろう。日本ではそれまで、単純に「2」を付けたり副題を変えたりしていたが、何せ副題だけ変わると元から観ていた人以外はどれから始まっているのか分かりにくい。テレビならまだマシだが、DVDレンタルなどでは非常に探しにくくなる事確実であろう。まあ単純に「2」とか「3」を付ければいい話なのであるが、それも味気ない。ちなみにアニメでたまにある感嘆符「!」が増えていく続編の名前も、分かりやすい様で分かりにくい。困ったものである。漫画では「賭博○○録」でシリーズ展開されるのが一番分かりにくい。それは「カイジ」しかないが。

そこへ登場し市民権を得て来たのがシーズン表記なのではないか。シーズンの意味は「季節」なのでテレビで言うところのいわゆる「1クール」12話、12週である。13話の場合もあるが、だいたい3か月間だし、4月や10月の改編期を起点とするのが基本なので4つの季節と考えると非常に相性がいい。昔のアニメは24~26話が普通で2クール、半年やっていたが、最近のアニメはほとんど12話ものになってしまったので、ちょうどよく合致してくれたのだろう。12話って短いな、と特に漫画原作のアニメ化だと思うが、そこには大人の事情、お金の事情がある様なのでおそらくどうしようもない。がっつりやってくれる「プリキュア」や「ワンピース」に期待するしかないだろう。これらはシーズンが付いたりする事もないはずである。

ドラマに関しては、元から10話程度だし違和感は無い。一作目が受けて続きが作られるとなれば、格好良く「Season 2」と付けて決めてしまいたいだろう。特にシーズン毎に話に大きな区切りがついてしまうタイプではなく、一話完結ものならばなおさらフィットするだろう。「孤独のグルメ」のドラマなどは副題も付けず淡々と「Season 6」まで来てしまった。「24 -TWENTY FOUR-」並である。春夏秋冬春夏、レベルなのでロッキーもビックリである。ここまで来たら記録に挑戦して欲しい。

意識しないうちに、いつの間にか定着したクールな呼称「シーズン」、ちょっと面白い存在かもしれない。







-テレビ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「テレビ」

「ね、簡単でしょう?」

「ね、簡単でしょう?」 出典元、「ボブの絵画教室」より。講師であるボブのセリフ。 元々の意味と別の使われ方をしている事で有名なセリフである。逆の意味で使われる場合はネットスラングとも言える。このセリフ …

カテゴリー「テレビ」

「旬の味覚を満喫 奥尻のカモメたち」

「旬の味覚を満喫 奥尻のカモメたち」 出典元、テレビ番組「NHKニュースおはよう日本」より、メインは画像である。当時、それを見た人たちが騒然となった。 このフレーズはテロップであり、テレビ画面に映って …

カテゴリー「テレビ」

「え、別に今の漫画を普通に進めていくだけです」

「え、別に今の漫画を普通に進めていくだけです」 出典元、テレビ番組「週刊少年「」(しゅうかんしょうねんかぎかっこ)」より。漫画家、荒木飛呂彦のセリフ。 変わった名前の番組だが、「週刊少年「」」は司会進 …

カテゴリー「テレビ」

「よくぞ生き残った我が精鋭たちよ!」

「よくぞ生き残った我が精鋭たちよ!」 出典元、テレビ「風雲!たけし城」より。最終ステージまで辿り着いたプレイヤーを激励する、谷隊長のセリフ。 一人だけ生き残っていた場合セリフが変化するのかは知らない。 …

カテゴリー「テレビ」

「20~30代 もしくは40~50代の犯行」

「20~30代 もしくは40~50代の犯行」 出典元、いつかのテレビ番組。発言者、元警視庁捜査一課長の田宮榮一氏。 テレビ史に残る迷言である。名言ではなく、迷言。前後の文脈は忘れたが、なにか迷宮入りし …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。