言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

テレビ

「冷たくておいしい」

投稿日:2019年4月13日

「冷たくておいしい」

出典元、テレビ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」より。イチゴを食べたあっくんの感想。

とか言われても訳が分からないと思うが、訳が分からないのが普通と思われる。あっくんは一般人の男の子で、ちょっとした企画に出演しただけの幼児である。その後俳優や芸能人になったとかいう話でもない。あくまで単発で出演した一般人である。そしてその企画はいたずら気味のもので、お子様を少し驚かせちゃおうというものだったが、そんなところでそのお子様の発した素朴な感想がヒットした。

「冷たくておいしい」

イチゴを食べたあっくんの感想である。意味もそのままで、イチゴが冷たくておいしいというもの、そのままなのだが……。あっくんの可愛さ、幼児にしては律儀に理由を添えての感想、使い勝手の良さと口に出して言ってみたい語感、そしてとんねるずの番組という影響力もあり、一時的に大ヒットした。つまりしばらくの間、冷たい物を食べた人が感想としてこれを使う様になってしまったのである。そう考えると冷たい食べ物の感想にならなんでも使える汎用性の高さが素晴らしい。これを言っておけば「あっくんだー」とのリアクションももらえるし、食べた物が不味かったとしてもギャグとして成り立つのでネタとしておいしい。熱々の物を食べて「冷たくておいしい」と言ってしまえば、つっこみ必須のギャグと化す。あっくんが発したのは本当にただの素朴な感想だが、検索すればあっくんが出て来るぐらいは当時の視聴者のハートを掴んだフレーズだった。ここまで短いセリフが、ここまで人々に影響を与えたのである。どこでどんな名言が生まれるか分かったものではない。幼児発、言の葉の魔力である。

敢えてつっこむとすればイチゴのおいしさの理由が「冷たくて」なところだろうか。「甘くておいしい」、「酸っぱくておいしい」ではなく、「冷たくておいしい」なのである。冷たいからおいしいんかい、おいしいかどうかは答えてないんかい、と受け止めてしまいそうになりつつ、あまくておいしいけど冷たくてさらにおいしいって事を略して「冷たくておいしい」なのかな、と考えつつ、幼児の感想になにを無粋な事を、と自制が働いてしまう無駄な思考である。

あっくんが今なにをしているかは分からないが、そもそも元から一般人なのでなにをしていてもいい。しかし「あの人は今」で取り上げられると「おおっ」と見てしまう人がいて、せっかくだからイチゴを食べさせてこのセリフを言ってもらいたい、ぐらいには、当時、知名度があったのは確かである。ただ、その時どんな気持ちでこの感想を言ったのか聞いてみたいと思いつつ、「んなもん覚えてないですよ」がおそらく、正しい返答だと思われるので、”発言した本人がその心を理解していないのをすんなり納得出来る”という、世にも不思議な現象がそこに発生するのだろう。これはこれでなんだか凄い。







-テレビ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「テレビ」

「え、別に今の漫画を普通に進めていくだけです」

「え、別に今の漫画を普通に進めていくだけです」 出典元、テレビ番組「週刊少年「」(しゅうかんしょうねんかぎかっこ)」より。漫画家、荒木飛呂彦のセリフ。 変わった名前の番組だが、「週刊少年「」」は司会進 …

カテゴリー「テレビ」

「塩はどこも同じだけどタレはその店独自の味なのでタレをおすすめします」

「塩はどこも同じだけどタレはその店独自の味なのでタレをおすすめします」 出典元、テレビ番組「吉田類の酒場放浪記」より。串焼き屋の店長さんのセリフ。 「吉田類の酒場放浪記」は、他に類を見ない番組である。 …

カテゴリー「テレビ」

「アクトレイザーあるやん!!」

「アクトレイザーあるやん!!」 出典元、何かのテレビ。発言者、ダウンタウン松本人志。 「アクトレイザー」はスーパーファミコンのゲームの名前である。この番組は、タイミング的にはミニスーパーファミコンの話 …

カテゴリー「テレビ」

「夕食を採るのは諦めたわ」

「夕食を採るのは諦めたわ」 出典元、なにかのテレビ番組、いつかの放送。内容は、ダイエットについて。 「ダイエット」という言葉には”痩せる”以外に確実にもう一つの意味が付随している。それは”楽して”であ …

カテゴリー「テレビ」

「ね、簡単でしょう?」

「ね、簡単でしょう?」 出典元、「ボブの絵画教室」より。講師であるボブのセリフ。 元々の意味と別の使われ方をしている事で有名なセリフである。逆の意味で使われる場合はネットスラングとも言える。このセリフ …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。