言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

表現

「安かろう悪かろう」

投稿日:2019年4月14日

「安かろう悪かろう」

出典元、日本で古来から使われる表現。いや、近代からかも。

まあ、いつから使われているかは置いとくとしても、人生訓の中では有名なものである。買い物を全くしない人でもない限り、歳を重ねるにつれ自然と分かって来る世の中の節理と言ったところか。ことわざで言うと、

「安物買いの銭失い」

となる。ことわざがある事からも分かる通り、既に浸透している常識である。

簡単に言えば、同じ機能の商品を何種類かから選ぶ際、単に「安いから」で物を選んでしまうと簡単に壊れてしまったり、目的の機能が得られず、またすぐ買い直す羽目になり、結果的に余計お金を使う羽目になる状態を言う。特に安い方でもそこそこ値が張る物だったりすると、目も当てられない。近年、アマゾンや価格.COMで比較しながら購入する仕組みは発達して来ているが、なんでもかんでも売っているというものでもない。そこで重要な要素になるのがレビューなのだが、それもまた当てになる場合もあれば当てにならない場合もあるのである。となるともっと視界を広げ、ネット上を検索して評判を探したり、それこそ知り合いで持っている人を探して使い勝手を聞いたりする事になる。しかしそれぐらいした方がいいのである。「安い方がお得に決まってるじゃん!」と即決してしまう人もいるが、そういう時に限って使って一回目で壊れたりする。そしてまた買いに行く。完全に「安物買いの銭失い」、「安かろう悪かろう」である。

そしてもう一つ、買ってみたものの思った機能が見込めなかったというパターンも存在する。しかし壊れた訳でもなく、全く使えない訳でもない。それなりにお金を出して買った以上、捨てて買い直すのももったいない。これがまた非常に面倒な、不便なまま使い続けるストレスフルな状態であると言える。これになる可能性を考えると安易に安い方を買ってはいけない、と慎重にならざるを得ないだろう。

……が!

ここで言うところのそれを売っている店、分かりやすいところだと100円ショップがあるが、近年、商品のクオリティが上がって来たのである。タチの悪いことに。いや、便利な事に。「この商品の機能なら100均ので十分」という物が増えて来ているのである。こうなって来るとただの「安くて良い物」なので、それを選ぶ事が正解になる。しかし、なんでもかんでもではない。そこが難しいところである。さらに言うなら「壊れやすいけど値段を考えると壊れるまで使ってまた買うのでもお得」まである。ここまで来ると”こうどなじょうほうせん”である。ネットや雑誌などでも100均のこれは買うな、でもこれは100均で十分、など情報はたくさん出ている。目を増やし、耳を増やし、情報を有効活用して、買い物は「安かろう悪かろう」にならない様にしたいものである。気に入って買った物を他人にダメ出しされるのが最も不快なのでね!







-表現

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「表現」

「たたき台」

「たたき台」 出典元、主にビジネスシーンにおける日本語の表現。表現であり、実際にビシバシと叩く訳では無い。 会社などで企画を立ち上げる際や、個人でも創作物を作る際に用いられる。どちらかというと大人数の …

カテゴリー「表現」

「是々非々」

「是々非々」 出典元、中国の思想家、荀子の言葉であるが、現在でも日本で使われる表現。立場に囚われず、良い事は良いと認め、悪い事は悪いと否定する事。 ある特定の分野でよく使われる表現だがそれはスルーする …

カテゴリー「表現」

「ドラクエ歩き」

「ドラクエ歩き」 出典元、歩いている人たちに対して、たまに使われる表現。分かりやすいところでは、小学校の集団登校の光景などを指す。 「ドラクエ歩き」と言われてもなんの事か分からない人も多いと思うが、逆 …

カテゴリー「表現」

「切り札」

「切り札」 出典元、日本語の表現。主に勝負事において使われる強力な奥の手。 漫画などでは特にバトルものの展開でよく使われる手法である。味方キャラが苦戦する、敵キャラがそんなものか、と余裕を見せる。しか …

カテゴリー「表現」

「そこをなんとか」

「そこをなんとか」 出典元、不詳。日本語でよく使われる表現の一つ。 ルールと、それに対する厳格度認識の個人差のお話。たぶん、関東人と関西人という区分けをしても、著しく異なる。 簡単なところでは値切り交 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。