言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

表現

「礼を言う」

投稿日:

「礼を言う」

出典元、日本で古来より使われている感謝の言葉。現代社会ではあまり使われていない表現。

「これ本当にお礼言った事になってんの問題」である。意味としては「ありがとう」だが、「礼を言う」をはてさて、「ありがとう」と同義にとらえていいものなのかどうか。その気持ちがあるなら「ありがとう」とはっきり言えよ、と思ってしまう、物議を醸す議題である。

ただしかし、取り沙汰されるのがそれほど頻繁でないのは、おそらく現実社会でほとんど使われない表現だからだろう。家族に「例を言う」と言われた経験がある人は少ないだろうし、上司に言われた人も少ないだろう。というか、居ないと思われる。これは主に創作作品の中で使われる表現だからである。分かりやすいところでは漫画などで、もの凄いクールで無表情な先輩キャラが、主人公に助けられたりした時に言うパターンだろうか。作者にしてみれば、そのキャラの性格として「ありがとう」という言葉は使えない。イメージが合わない。しかしこのシーンでなにも言わないのはさすがにまずい。となると、表現を変えつつも、「ありがとう」の言葉が必要になる。すなわち、「例を言う」、「恩に着る」、「かたじけない」などが使われるのだろう。

しかしやはり「かたじけない」まで行くと武士のイメージである。堅苦しさが度を超えると武士言葉になるという訳もない。そこはキャラクター性の問題だが、読者に「は?」と思わせないセリフのチョイスが重要である。口数の少ないクールキャラほどそれは難しい。ただ、「礼を言う」がちゃんと謝意を表してるかの問題になると、意外と武士の例が分かりやすいところらしい。「礼を言う」は、”立場が上の人が、下の人に使うお礼の言葉”なのである。これはどちらかというと階級社会の身分の話である。つまり士農工商の時代、武士は農民より身分が上だった。そういった場合、農民にお礼を言うべき時であっても「ありがとう」という言葉は使わない。そこで上から目線はそのままに、謝意を伝えるのに「礼を言う」が使われたという。なので「ありがとう」の意味がちゃんとあるらしい。現代人がもにょもにょするのは仕方ないが、昔の厳格な身分制度のあった頃に使われていたので、しっくり来ないところもあるのだろう。しかし正しい使い方ではあった訳で、それが現代、創作作品でどうしてもこの堅物にお礼を言わせないといけない、という時に、ちょうどいいのがあった! として持って来られるため、違和感がありつつも意味は通じる、という落としどころとなるのだろう。

似た表現として「それについては謝る」もある。ならしっかり「ごめんなさい」を言えよ、と思うところだが、しかし往々にしてじゃあそのキャラが「ごめんなさい」と言ったら違和感がないのか、という話になり、せいぜい「済まない」ぐらいかなと思ってしまうのがこのパターンである。……「済まない」も謝った事になるのか!? とぐるぐるしてしまうが、「もう許してやれよ」と声を掛けたくなるところでもある。一つの意味に表現がたくさんある、日本語ならではの悩みなのかもしれない。







-表現

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「表現」

「最後に言い残す事はあるか?」

「最後に言い残す事はあるか?」 出典元、あらゆるバトル物フィクション作品で見られる表現。お決まりのセリフ。 大抵は一対一の戦いで、片方が戦闘不能になり、勝った方が生殺与奪の権利を持った状態で言うセリフ …

カテゴリー「表現」

「代表引退」

「代表引退」 出典元、サッカー日本代表などの国を代表するチームに選出された選手が、選ばれること自体を今後辞退する事。ポジティブな感想もネガティブな感想も存在する。 サッカーも野球もそうだが、そもそも日 …

カテゴリー「表現」

「切り札」

「切り札」 出典元、日本語の表現。主に勝負事において使われる強力な奥の手。 漫画などでは特にバトルものの展開でよく使われる手法である。味方キャラが苦戦する、敵キャラがそんなものか、と余裕を見せる。しか …

カテゴリー「表現」

「形から入る」

「形から入る」 出典元、日本語の表現。これを始めよう、と決めたのに踏ん切りが付かない時に有効な方法。 趣味のない人というものがいるが、男性で仕事人間だったりすると休みの日に暇を持て余す事になる。もちろ …

カテゴリー「表現」

「史実バリア」

「史実バリア」 出典元、歴史物を題材とする小説、漫画などの感想において読者が用いる表現。ここでは主に漫画について取り上げる。 歴史物、とひと括りにしたいところだが、現在これもまた掘り尽くされたジャンル …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。