言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

表現

「ディスる」

投稿日:2018年5月23日

「ディスる」

出典元、ネットや日常で近年使われ出した表現。ネットスラングな気もするが日常生活でも使われ、通じたりしている。

意味としては「侮辱する」、「見下す」など、良い意味では無い。そもそも尊敬という意味の「respect」、リスペクトの意味を裏返した「disrespect」から来ているので、尊敬とかの逆の意味である。というか「dis」自体が続く言葉を否定する接頭辞である。ん? やはり単に「dis」から来ているのだろうか。詳しくはググろう。しかしどちらにせよ「否定する」系全般、という見方も出来る。自然発生系の用語なので厳密な意味は無いと思われるが、少なくとも良い意味では無いので、使い方には注意されたい。

しかしどうやらネットで流行ったものがテレビで紹介された事により一般にも広まってしまった言葉の様で、ネットスラング感が満載ながらも日常会話で使っても”意外と通じる”表現である。結構よく聞く。実際に存在する英語だからという部分もあるのか、ないのか……。商品をディスったり、人をディスったりと様々な使われ方があるが、直接的でない事と通じない人がいるかもしれないオブラート感が、使いたくなる要因だろうか。ただ、「この掃除機、ディスってやる」という様な使い方では無く、「こらこらさりげなくディスるなw」などと「ディスっている」事自体の説明として使われている感じである。自然と使えるがあえて使うとなると難しい。

この、英語を動詞にしてしまった和製英語とも言い切れない謎の用語感がなかなか使い心地いいのか、どちらかというと若者言葉としてもうなんか定着してしまっている。現代用語の基礎知識には載っているのではないだろうか。つまり若者には概ね通じ、シニア世代にはあまり通じない。やはりネット発祥がらみの要因もあるのだろう。ちょっとだけヒップホップ感もあるのが上の世代に使われにくい要因かもしれない。あ、そう言ってしまうとラップにすごく使われているイメージがある。実際はどうか知らないが、……、ああ、リスペクト絡みか……。

まあ一応、自分で使わないにしろ知っておくに越した事は無い表現ではある。「ねぇねぇ、田中さんがこないだあなたの事ディスってたよ」と言われてなんの事が分からないと告げ口が成立しないし、「ディスるってなに?」と聞くのも比較的恥ずかしい。いや、知ったかをしてしまうのがもっと恥ずかしいのだが、その境界線上を少し超えてきたところに存在する表現な事も確かだろう。使う事は推奨しない、いや使うなら注意して使うべきだが、意味を知っておいた方がいいのは確かな表現である。

-表現

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「表現」

「自己流」

「自己流」 出典元、日常でたまに使われる言葉。今回は注意喚起的な意味で取り上げる。 もの作りでもスポーツでも料理でも、はたまた勉学でも、たまに上手く行っている人に話を聞いて「実は自己流なんですよ」と謙 …

カテゴリー「表現」

「史実バリア」

「史実バリア」 出典元、歴史物を題材とする小説、漫画などの感想において読者が用いる表現。ここでは主に漫画について取り上げる。 歴史物、とひと括りにしたいところだが、現在これもまた掘り尽くされたジャンル …

カテゴリー「表現」

「巨大なお世話」

「巨大なお世話」 出典元、不詳。「大きなお世話」のさらに大きい版である。 そんな表現は無い。が、使われていない訳でも、ない。なら無いとも言い切れないとも言えるのだが、これは言葉の変化球である。投げる直 …

カテゴリー「表現」

「会話のキャッチボール」

「会話のキャッチボール」 出典元、日本でよく使われる表現。昔からあるものだが、もちろん野球が日本に入って来てから使われる様になったものだろう。 いい意味ではあまり使われない。「あの人、会話のキャッチボ …

カテゴリー「表現」

「即断即決」

「即断即決」 出典元、日本語の表現。8割危険、2割有用といったところか。 自己啓発本などではよく好例、仕事の出来る人の条件、の様に書かれているが、時と場合によってはなかなかに危険な行為である。その理由 …

「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。