言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

表現

「つきぬける」

投稿日:2019年5月31日


「つきぬける」

出典元、週刊少年ジャンプなどで、連載漫画が短期打ち切りになる事。漫画読みの間で使われる表現。

漫画が連載を続けるのは大変な事である。ジャンプのアンケート至上主義などは有名なところで、毎週読者からのアンケートで順位付けされ、人気が出ないとすぐに打ち切られる。一生懸命話を考えて、アシスタントを何人も雇い、頑張って描き上げた作品が、「人気ないから」と10週程度で打ち切られてしまうのである。現実は厳しい。ただ、読者にしてみればつまらない作品をいつまでも連載されても困る訳で、つまらない作品には退場してもらうのが真っ当とも言える。まあ、メリットもデメリットもある仕組みだが……。

そしてストーリー途中での明らかな連載終了は、「打ち切り」と呼ばれる。明らかなと言っても本当にストーリーの途中でバタンと終わってしまうのではなく、大体は終了前の数話を使って物語が急展開を見せ、最終話に向けて話を畳み始める。読者にとっても大慌てで終わりに向かい始めるストーリーというのは分かるものなのである。長期連載の作品でも人気が落ちた事により「打ち切り」を食らう事はよくある。しかしこれが連載初期、10話や20話で行われると、広げ始めた風呂敷をロクに広げ切らないうちに畳み始めるという状況になるため、なかなかに悲しい。そしてこの、連載が短期で打ち切られる事を「つきぬける」と言う。なんとなくニュアンスが伝わるだろうか。

……。

伝わるはずがない。なにしろ日本語としておかしいのだから。分からないのが当然である。実はこれには明確な語源が存在する。それはかつてジャンプで連載していたキユの作品、「ロケットでつきぬけろ!」である。この作品が10週打ち切りになった事により、「つきぬけろ!」転じて「つきぬける」が短期打ち切りの意味となった。つまり固有名詞から転じた名称なのである。誌面をつきぬけている訳ではない。しかしちょっとだけ、なんとなくジャンプを流星のごとく突き抜けていった感があるのはなぜなのだろうか。このちょっとした親和性が、この作品名が「つきぬける」の語源に使われた理由なのかもしれない。

あと、あるとすれば「ロケットでつきぬけろ!」の話題性だろうか。いくら人気が出なかったと言ってもさすがに10週打ち切りは珍しかった事、でもまあ新連載当初から死臭が漂ってたよねと思われていた事、そして余計な要素として、作者が巻末コメントで毎週ネタになる事を書いていた、というものがある。これはあちこちで引用されているので、気になる人は調べてみるといい。新人はあまりやらない、いや調子に乗った新人がやる様な行為、それで無駄に有名になってしまった。……そんな調子に乗った人が、ものすごいスピードで鼻柱を折られて10週で駆け抜けて行ったのだから、これは伝説にもなるだろう。

「ロケットでつきぬけろ!」は2000年の作品なので、現在も「つきぬける」が使われている事を考えればレジェンド的存在とも言える。「記録より記憶に残る」的なものと言えない事もない。連載は2か月ちょっとだったが用語は20年近く使われている、と考えるとキユ氏も救われるだろうか。救われないか!

-表現

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「表現」

「大丈夫」

「大丈夫」 出典元、日本語の表現。大丈夫な時と、大丈夫でない時に使われる。 気を遣うセリフであると共に、気を遣わせるセリフでもある。人が転んだなどのアクシデントがあり、見ていた人が「大丈夫ですか?」と …

カテゴリー「表現」

「同型艦」

「同型艦」 出典元、いくつかの作品より。フィクションでもいいがノンフィクションでも当然存在するパターンである。 「艦」、なので戦艦や宇宙戦艦など、漫画やアニメで主人公の乗る艦種が他の敵味方のものより頭 …

カテゴリー「表現」

「デフォ」

「デフォ」 出典元、ネット用語「デフォルト」の省略形。意味は「最初の設定から」。 「コンセンサス」だの「アジェンダ」だの「マター」だの、意識高い系の人がわざとらしく使う分かりにくい用語を使わないように …

カテゴリー「表現」

「自己流」

「自己流」 出典元、日常でたまに使われる言葉。今回は注意喚起的な意味で取り上げる。 もの作りでもスポーツでも料理でも、はたまた勉学でも、たまに上手く行っている人に話を聞いて「実は自己流なんですよ」と謙 …

カテゴリー「表現」

「安かろう悪かろう」

「安かろう悪かろう」 出典元、日本で古来から使われる表現。いや、近代からかも。 まあ、いつから使われているかは置いとくとしても、人生訓の中では有名なものである。買い物を全くしない人でもない限り、歳を重 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。