言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

料理・調理方法

とんこつラーメンの麺の硬さ「バリカタ」インフレで”ハリガネ”や”粉落とし”も

投稿日:2019年5月25日

「バリカタ」

出典元、ラーメンの麺の硬さの種類。主にとんこつラーメン系の細麺で使われる用語。

ラーメンは時代と共に味が濃くなっている。
ラーメンは、時代と共に、味が、濃くなっている。

なにがそうさせたのか。そうならざるを得ない食べ物だったのか。しかしおそらく、とんこつラーメンの関東上陸が大きく影響を与えている事だろうと思われる。とんこつラーメン自体の美味しさもさる事ながら、とんこつ醤油というブレンドの革新的美味しさがラーメンマニア、そして一般の人にも受け入れられてしまった事が大きい。家系ラーメンの爆発的普及がそれを証明しているだろう。なぜあの味にほうれん草と海苔があそこまで合うのか、信じられない。しかしいくらなんでも増えすぎなので、これ絶対許可取ってないよね、という「○○家」も氾濫しているが本家はどう思っているのだろうか。

そして天下一品やラーメン二郎、そのインスパイアなど、濃さとカロリーの限度を越えて行け越えて行けというラーメンが登場し、しかもそれがラーメンマニアに受けてしまったことでラーメン好きの「濃さ」への要望がインフレし続ける事態になってしまった。昔ながらの、ラーメンラーメンした醤油味の中華そばが好きな人ももちろんいるが、ラーメンマニア界隈での話題はもはやそこにはない。味噌や塩も、袋ラーメンではしっかりとシェアを保っているが、店で食べるラーメンとしてはとんこつととんこつ醤油に後塵を拝していると言っていいだろう。

そしてとんこつラーメンにおける麺の硬さである。とんこつラーメン以外でも、以前からサービスとして麺の硬さが選べるラーメン屋はあっただろう。しかしとんこつラーメンの店が「必ず聞いてくる」レベルで客に浸透させたおかげで、元は対応してなかった店でも硬さを指定してくる客が増え、それに対応する様にした店舗は増えた事だろう。硬ければ美味しい訳ではないはずなのだが、なぜか硬いほど美味しいという考えが浸透しており、「麺のかたさは?」と聞かれるとなんとなく「かためで」と答えてしまう人が増えている。

常識的には硬さの種類は「やわらかめ」、「普通」、「かため」の3種類である。しかしここでもインフレが発生する。硬い方向のみへのインフレである。「かため」の上は「バリカタ」、その上に「ハリガネ」、さらに上に「粉落とし」まであったりする。店によっては「湯気通し」、「生麺」なんてものもあるらしい。ここまで来るとやったもの勝ちである。スープにくぐらせればいいという発想なのだろうが、歯応えがどこまで行ってしまうのだろう。ゴリ、ゴリッとした食感なら、もはや別の食べ物である。実際に存在している事を考えると、細麺ならではの芸当なのだろうが、ただ、わずかに自己責任の危険さも感じる。

博多ではいつから「バリカタ」があったかは知らないが、「かため」の上に「バリカタ」を作ったその時が、一線を越えた瞬間だったのだろう。功罪あるとも言えるが、敢えて「よくやった」と言いたい。それを超えた先に、これほど広い地平が広がっていたのだから。ラーメン屋という業界はいい意味で伝統を守らないので、本当に進化が著しい。

-料理・調理方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

牛丼のおまけサービス「つゆだく」ブームになった牛丼屋定番の無料サービス

2020/08/07

中華料理の難読漢字「青椒肉絲」すいません、”この、あおしょうなんとかください”

2019/03/04

簡単「無限ピーマン」ピーマン嫌い以外には大好評”無限シリーズ”もやしにも

2019/08/16

みんな大好き日本人の国民食「カレー」”カレーは辛ぇ(かれぇ)”と言っちゃう問題

2020/07/18

“洗わ無くていい米”ですよ「無洗米」分かるかそんなもん!命名者を張り倒したくなる

2019/07/20

“まんが肉”のロマン「チューリップ」手に持ってかぶり付く串かつ屋のレアメニュー

2020/04/29

蕎麦のだし汁を使うカレー「カレー丼」吉野家のどんぶりでほじくる様に食べる

2020/10/17

賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”

2019/07/30

うま味成分調味料「味の素」”グルタミン酸ナトリウム”料理を美味しくする魔法の粉

2020/05/04

“醤油と酢とラー油”複数の意味を持つ「餃子のタレ」家庭で作るギョウザのタレ

2020/09/30

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
9
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
14
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
15
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。