言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

料理・調理方法

「無洗米」

投稿日:2017年11月20日

「無洗米」

出典元、お米の種類。研ぎ洗いする必要なく炊けるお米の総称。

命名した人を張り倒したくなる名前ランキング、ナンバー1の名前である。そんなものは無いが。しかしお米という、日本人にとってなくてはならないもの、そして毎日の食卓に並び、日々炊かれているものの名前に紛らわしい名称を付けてしまった罪は果てしなく大きい。もちろん、命名した人たちは色々考えて付けたのだろうが、「可愛さ余って憎さ百倍」ならぬ「分かりやすくしようとして分かりにくさ百倍」状態である。

お米は通常、研ぎ洗いしてから、水を張ってジャーである程度ふかし、炊飯する。さてでは「無洗米」とやらは研いだ方がいいのか、研がなくていいのか。「無洗米」、「洗無米」、「洗って無い米」、ああちょっと考えれば分かるな、そういう名前じゃないか。「洗って無い」んだから研がないといけないんだ。名称から普通、そう考える。普通、そう考える。

が! 間違っている。なんという初心者キラーっぷりよ……。「無洗米」は研がなくていいのである。研ぎ洗いしなくていいのに「無洗米」とはこれいかに。「洗わ無くていい米」ですよ、って分かるかそんなもん! たぶんこれ、今でも間違えて研いでる人もいるだろうから、定期的に公共放送で告知した方がいいレベルの間違えやすさだと思うのだが……。そしてもう一つ、”なんかちょっと不安だし一応研いでおくか”という人も、たぶんいると思う。じゃあ何のための「無洗米」なのか。完全にネーミングの敗北である。ホントに罪なネーミングである。

ウィキペディアにあったが、NHKの番組で「既洗米」がいいのではないか、という意見が紹介されたらしい。それでいいじゃん、まさにそれじゃん、勘違いしようがないじゃん。……と思うのだが、製法上、別に水で洗っているわけではないらしく、それはそれでウソになってしまう。なんという事か……。「非洗米」、「不洗米」という案もあった様だが、ちょっとイメージが悪いので結局「無洗米」になったらしい。いや、だからそこで紛らわしい名前に妥協するなよと。紛らわしいというかそれもある意味ウソじゃないか、と思うのだが生協が決めたか知らないがお堅いところの人が考えた名前にユーザビリティを求めるのが間違いというものだ。

それで結局、「無洗米」でないお米を研いだ方がいいのか、「無洗米」の方がいいのか、はてさて「無洗米」を研いでしまった方がいいのか、美味しさ的にはそれもよく分からない。業務用の手間を省くために開発されたというが、じゃあお店で出ているお米は無洗米を研いでいない、で正解なのだろうか。せっかく家庭でも手に入る様になり、これだけ普及したのに、ネーミングだけでなんだかお金とか不安とか労力とか、色々なものが被害を受けている気がする。今からでも変えた方がいい。

代替案を出さないと文句を言うだけになるので、案を出しておこう。「水で研がずにそのまま炊けるお米」。変に短縮名称にこだわるから困ったことになる。これでいい。







-料理・調理方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「料理・調理方法」

「無限ピーマン」

「無限ピーマン」 出典元、最近発明されたピーマンの調理方法。なお、ピーマンが無限に増える訳ではない。 万人に流行る調理方法というものは何より美味しさ、ではない。何より簡単さである。美味しければどんな手 …

カテゴリー「料理・調理方法」

「開封後要冷蔵」

「開封後要冷蔵」 出典元、食品や飲料などによくある注意書き、および罠。ものすごくたくさんのものに書いてあるが、あまり気にされないもの。 単に「要冷蔵」と書いてあるものとは違う。もちろん、「要冷凍」とも …

カテゴリー「料理・調理方法」

「フラペチーノ」

「フラペチーノ」 出典元、コーヒーチェーン店「スターバックスコーヒー」の商品の種類。コーヒー飲料……、と言いたいところだが果実系もあるため定義が難しいらしい。 「スターバックスコーヒー」、通称「スタバ …

カテゴリー「料理・調理方法」

「青椒肉絲」

「青椒肉絲」 出典元、料理名。 青椒肉絲! あお、しょう……。まあ、「青椒肉絲」である。いや、分からないか。分かるか。分かる人には分かるか。中華料理の料理名である。困ったことに難読漢字である。しかし… …

カテゴリー「料理・調理方法」

「適量」

「適量」 出典元、各種料理レシピより。比較的あちこちのレシピにしれっと登場する謎の単位。 そして料理初心者を返り討ちにする強大で無駄な障壁。 この用語を考えた人と定着させた人は、世の料理初心者に対して …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。