言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

キャッチコピー

「うまいんだな、これがっ」

投稿日:2017年11月9日

「うまいんだな、これがっ」

出典元、サントリーモルツの新聞広告より。一倉宏作の作。

CMでも使われていたと思う。キャッチコピーというものの威力の大きさを思い知らされる名コピーである。聞いた事のない人はいないのではないか。ただ、モルツとすぐ連想出来るかは微妙なところで、あ、このコピー、ビールのCMで聞いたやつだ、と思う人は多いだろうが、中にモルツの名前を出していないので、ビールに詳しくない人には「何かのビールのキャッチコピーね」と思われてしまうかもしれない。しかしこのキャッチコピーが素晴らしい出来な事は確かである。

作者の一倉宏作は、その商品の美味しさを伝えるキャッチコピーを作ってください、と言われて色々と考えただろう。世の中にはひねったキャッチコピーもたくさんあるし、他社と比べてこうとか、生活に絶対必要じゃなくてもどうとか、本当にたくさんある。が、このキャッチコピーの秀逸なところは、”ストレートなのに印象に残るところ”、だろう。つまりビールが美味しく出来ました、宣伝してください。はい、「このビールは美味しいです」、出来ました! ある意味ほぼこれなのだが、文字を組み替え、ひらがなにし、読んでみて音のいいフレーズにしたら、こんな印象的なキャッチコピーになった。

「うまいんだな、これがっ」

うん、すごい。言の葉の魔力を感じる。コピーライターが普段キャッチコピーだけ考えていればいい職業なのかは知らないが、これだけ後世に残る作品を作れたなら、コピーライターとして本望だろう。日本人の誰でも知っているし、長年に渡り使われている。

また、これだけ認知度が高いと変形に使えるという利点がある。「~んだな、これがっ」と言われれば、ああ、と思ってもらえるし、ネガティブな返事もギャグに出来る。「この日、シフト変わってもらえませんか?」、「無理なんだな、これがっ」。うん、お願いを断っているのにあまりトゲがない。「それ1個もらえませんか?」、「ダメなんだな、これがっ」。これだけ短い文である。非常に汎用性が高い。「今日傘持ってきました?」「ないんだな、これがっ」。やはり「だな、これがっ」が重要ポイントか。元はギャグではないのにやはりギャグっぽさに引っ張り込める。もちろんポジティブにも使える。「例の企画、やっぱり没でしたか?」、「OKだったんだな、これがっ」。

キリン一番搾りを飲んで思わず感想が出る。「うまいんだな、これがっ」。あ。







-キャッチコピー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「キャッチコピー」

「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」

「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」 出典元、ワイン、ボジョレー・ヌーボーの2011年のキャッチコピー。販売業者らの評価、という事になっているらしい。同じ年でも諸説ある、 …

カテゴリー「キャッチコピー」

「世界は、ひとつずつ変えることができる。」

「世界は、ひとつずつ変えることができる。」 出典元、富士フイルムのキャッチコピー。企業イメージと非常にマッチしたキャッチコピーである。 富士フイルムと言えば、一般人がすぐ思い浮かべるのは「写ルンです」 …

カテゴリー「キャッチコピー」

「コーヒーとココアのおいしい関係」

「コーヒーとココアのおいしい関係」 出典元、乳飲料と思われる「モカジャバ」のキャッチコピー。なにその名前、と知らない人と知っている人とで大きく別れる名称である。 美味しい物と美味しい物を混ぜたところで …

カテゴリー「キャッチコピー」

「2.0」

「2.0」 出典元、しばらく前に流行った、なんにでも付けて新しさを表現する手法。初出はおそらく「Web 2.0」。 ちょっと流行るとすぐ真似したくなる日本人の悪いところが出てしまった感じの用語である。 …

カテゴリー「キャッチコピー」

「一目で義理とわかるチョコ」

「一目で義理とわかるチョコ」 出典元、チョコレート菓子「ブラックサンダー」のキャッチコピー。男気を感じるキャッチコピーだが買うのは女性である。 バレンタインデーである。シンプルに想いの男性にチョコを贈 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。