言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

掲示板

原作通り?「売れたから映像化すんのにその売れた部分削ってどうすんだ馬鹿か」監督の個性

投稿日:2019年11月4日

「売れたから映像化すんのにその売れた部分削ってどうすんだ馬鹿か」

出典元、2chスレッド「アニメ監督「原作そのままじゃ・・・オリジナリティを出さないと出さないとダメだよな」」より。どこかの誰かの書き込み。

漫画や小説がアニメ化された際の話である。ファンの間では大きく盛り上がるテーマの一つ。この話題自体がエンターテイメントだと言ってもいいぐらい、楽しい話題ではある。そして評価はおおむね3つに別れる。「成功」、「普通」、「失敗」である。「成功」は良くやった、であり、「普通」は順当に作ったな、であるのに対し、「失敗」した時はやはり粗探しされるものである。特に、アニメーション監督によりいわゆる「オリジナリティを出したがゆえの改悪」が行われた上で失敗してしまった日には評判は散々である。

ただ、難しいのは、やはり表現媒体の違いというものはあるので、皆が普通に思う、「原作通り作ればいいじゃん」という訳にはいかないところである。原作がやや分かりにくい展開や人間関係を持っていて、その部分はややこしいけど盛り上がるところは盛り上がる、そんな場合はややこしいところを少々かみ砕いて分かりやすくし、盛り上がりはしっかり盛り上げるテクニックが必要だろう。そういう時に、場合によっては必要の薄いキャラを間引く、またアクセントを入れやすいオリジナルキャラクターを追加する、などの手法が使われる。が、そのキャラ増減はどちらもやった時点で原作ファンのヘイトを集めてしまうので、よほど上手くやらない限りは悪手の一つである。間引く場合はせめて存在はしていても影を薄くするとか、増やす場合も原作で一応いるけどモブ的なキャラをメイン級に引っ張り上げるなど、原作ファンに気を遣った工夫が必要である。動いて声が聴ければいいというものでもないのである。

そしてもちろん「原作そのままじゃ俺が作った意味ないし俺のオリジナリティを出そう」は大きなヘイトを集める。色々と大人の事情もあるのだろうが、オリジナリティを出したいのなら原作など使わずに元からアニメオリジナル作品を作ればいいのである。他人の作品で変に自分色を出すものでは無い。……もちろん、それで上手く行くパターンもなくは無いが。しかし悪くなるパターンが多く、叩かれる事が多いのも確かである。原作ファンにとってはほぼ一度きりのアニメ化、それをアニメーション監督のしょーもない作家性で駄作にされたのでは堪ったものでは無い。特に原作ファンがイラつくのが、”微妙な改編”。シーンも展開も原作通りなのにセリフがいちいち少しだけ変えられている、などだろう。「なに勝手な事してんの?」である。これについては原作者だって頭に来るだろう。

そしてもちろん最悪なのが今回のセリフのつっこまれ要素である。
この設定が! このキャラが! この展開が! 多くの人に指示されたからアニメ化された! のに!

その大事なところがなくなっている。

「売れたから映像化すんのにその売れた部分削ってどうすんだ馬鹿か」

正にこれである。その監督の目は節穴か。しかし、こんな事が実際にあるのである。

と、アニメ化というのはまあ悲喜こもごもである。しかし先にも言った様に何もせずそのままアニメ化出来る作品ばかりでないのも確かで、分かりやすいところでは一人称小説などはシーンが主人公に固定され、心理描写がてんこもりである。それを完全にそのままアニメにしてしまうと「小説でいいじゃん」になってしまう。心理描写は小説には勝てない。しかしアニメ化されたならば、それの見どころは”アニメーション”、そして声優による”演技”だろう。それらを上手く練り込み、混ぜ合わせ、調理し、あちこちに気を遣いつつ、見どころのある作品に仕上げるのがアニメーション監督の仕事だろう。

大変なのは分かるが、最近顕著な”原作切れ”問題もあるので、小説の原作をアニメ化するのが得意な監督、漫画のアニメ化が得意な監督、オリジナル作品が得意な監督、などに分けて評価し、なるべく得意分野の監督にアニメ化してもらう、みたいな方向性に持って行ければ不幸になる人も少しは減るかもしれない。アニメ化されれば原作は売れるしありがたいものではあるが、売れれば良いってものではない部分もあるのである。

-掲示板

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冨樫義博”HUNTER×HUNTER”「ハラハラしながら読みつつ、いつ休載に入るかがもっとハラハラする」10週目にハラハラする読者

2019/11/23

私のルールは床に物を置かない「私のルールは床に物を置かない」私のルールは床に物を置かない

2019/03/28

にぎり寿司の技術「簡単ではないと思うけど1ヶ月で追いつける程度の技術だよね」修行に10年?

2019/01/22

「プログラマー怒らせたらどうなるか見当つくだろ と捨てセリフを残して辞める 実際には何もしない」

2020/10/21

オバマ大統領”日本でアメリカの車が売れない”「うるせえなこっちは車道が狭いんだよ」

2019/02/17

「まずくて寂れてる喫茶店ほんとすき 凄い落ち着く」客の少ない店の居心地の良さ

2019/11/08

「この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか」

2020/10/06

登山家への「山を舐めるな自然は怖いと言いつつ、用もないのにわざわざ危険なとこにいくとかもう舐め腐ってるやん」強烈なカウンターパンチ

2019/11/05

声優・浅野真澄の結婚報告「あああああ、ますみんがお嫁にいってしまった しばらく横になるわ」ファンの反応

2019/10/13

意識の低いラーメン屋「イチオシの味があるくせに他の味もある」あるあるネタ

2020/08/02

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25
20
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。