言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

掲示板

“進撃の巨人”「もう一生分稼いだとは思うけどこれが終わると別マガが終わるし」

投稿日:2020年7月4日

「もう一生分稼いだとは思うけどこれが終わると別マガが終わるし」

出典元、ブログ「マンガ中毒」のスレ「進撃の巨人 まさか壁内の話は先月で完結でこれから第二部のマーレ編始まるのか」より。どこかの誰かの書き込み。

まあ「進撃の巨人」の事ですよね。ネタバレ全開で直進します、と言うか既にあやしい単語が見えているか……。「進撃の巨人」は以降、「進撃」と記載。

このスレは2017年のもので、「進撃」で壁の外にも人類が存在していたと判明、時間ジャンプが起こり舞台は移ってマーレ側の話が始まったところだった。もういきなり気球が飛んでいたりして、エレンの父グリシャの情報があったものの衝撃を受けた読者は多かっただろう。スレの主旨としてはもちろん「進撃」の内容なのだが、それなりにストーリーが核心に進んで来た事もあって、終わりが近いのかもしれないという話も盛んにされていた。すわクライマックス直前か、という空気もあったのである。で、もし終わるとなると、まずこれを思う人が、やはりいてしまう。

「もう一生分稼いだとは思うけどこれが終わると別マガが終わるし」

うん。

作者の諫山創は一生分も二生分も稼いだとは思うが、もし終わったとしたら掲載誌の別冊少年マガジンも終わるだろうな、という当然の予想である。別冊少年マガジンを買うというのは「進撃」を読むというのと同義なのだから……。たった一つのヒット作を出した事により雑誌の知名度が上がる現象はたまにあるが、ここまでワントップなのも別冊少年マガジンぐらいだろう。こんな名前からして付録みたいな雑誌がコンビニにまで置かれる様になるとは。

雑誌側もこれだけ売れたからには乗っかれ乗っかれとばかりに、スピンオフをやったり前回分を再掲して2話同時掲載をやったり、コミックスの発売とタイミングを合わせて「続きが読める!」とやったり、とにかく「進撃」をプッシュしておんぶにだっこ状態だった。「進撃」は創刊号から連載しているし、本当にこれがなくなったら別冊少年マガジンを買う人などいなくなってしまうだろう。……。

いや、なに言ってんだよ「アルスラーン戦記」があるだろ、という人もいるかもしれないが、まあそれぐらいだよね、というのとそこでオリジナル作品を出せないのが連載陣の貧弱さの現れだろう。「アルスラーン戦記」は田中芳樹の小説をコミカライズしたものなので、外国人助っ人感ありありである。次いで「UQ HOLDER」辺りの名前が挙がるかもしれないが、これもまあ「ネギま!」なので、週刊少年マガジンからいただいた助っ人感がやはり拭えず、結局同じ感想となる。その次ぐらいだとアニメ化もされた「かつて神だった獣たちへ」だろうか。「進撃」の掲載順が毎度後ろの方なので、この雑誌の掲載順に意味が見い出しにくい。まあ、「進撃」は人気が圧倒的過ぎてこの作品に関しては意味を持たず、せめて他の作品を読んでもらいたいがために後ろに置いてあるのだろうが。……そこまでする?

しかしおそらく編集が悪い。「進撃」の作品内容とヒット状況を見て思った人は多かっただろうが、いわゆる”絵がそれほど上手くなくても世界観が受ければ漫画は売れる”というやつにジャパニーズドリームを見てしまったのだろう。まさに一時期「進撃の巨人」を真似した様な作品が、同じ別冊少年マガジン誌上で溢れた。絶望的な世界を造り、一話に一回は殺し合いをしている様な作品である。す~ぐ人が死ぬ。雑誌として「ダークファンタジー」を標榜している様だが、「進撃」がまさにそれなので、言い方を変えただけでつまり「進撃」の二番煎じを狙っています、という事だったのだろう。そしてロクに当たりもせず、たくさんの作品が短期で終了していった。短期と言っても月刊誌なので、2年も3年も連載して2、3巻打ち切りである。新人漫画家が編集者の指示で”そっち系”の作品を作ったら短期打ち切りとか、どっちが絶望的な世界なのか分からない。

「進撃」もそろそろ終わりが見えてきて、さすがにここから年単位で続くという事もないだろう。別冊少年マガジンの先行きはなかなかに暗い。それこそ廃刊になるとしたら人気作品だけ他の雑誌に退避してあとは打ち切りという悲しい事態になるだろう。「進撃」の世界の終わりが他の多数の作品世界の終わりにも繋がっていたとしたら、メタ的にちょっと面白いが、本当にすいませんでした。

-掲示板

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食べログ「変に評論家気取りで客観的に冷静にしようとするから歪になるんだよな」”川越シェフ”と日本人のレビューの傾向

2019/08/09

「野球は間違いなく日本で一番人気のあるスポーツなのに、なぜかゲームではサッカー(ウイイレ7)とゴルフ(みんゴル4)の後塵を拝していますね」

2019/05/26

「月見バーガーきたー!あれ、タマゴ入ってるだけなのにコスパ悪くね?」1年後「月見バーガーきたー」

2020/09/02

将棋星人と対戦する地球代表は?「地球規模で考えるんだ」深浦より羽生だろ

2019/04/25

深い意味はない「キャベツが沢山あります」質問回答コミュニティ”教えて!goo”

2019/03/16

“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性

2019/07/24

「ゲーム機戦争って会社同士のことだろ?」「義によって助太刀いたしてんの?」

2019/02/28

うどんに加えて甘いラーメン「炭水化物の往復ビンタ」糖尿病率香川県越えの徳島県

2019/12/14

登山家への「山を舐めるな自然は怖いと言いつつ、用もないのにわざわざ危険なとこにいくとかもう舐め腐ってるやん」強烈なカウンターパンチ

2019/11/05

だらけている店員「お前ら!油売ってんじゃねぇ!」そう熱くなるものでもないが

2019/03/05

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
4
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
5
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
6
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
9
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
10
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
11
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
12
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
13
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
14
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
15
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
16
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
17
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
18
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
19
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
20
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。