言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

Twitter

“サラダ記念日”ネタばらし「実際に七月六日だったわけでも、サラダだったわけでもない」俵万智ツイッター

投稿日:2020年7月6日

「実際に七月六日だったわけでも、サラダだったわけでもない。」

出典元、歌人である俵万智(@tawara_machi)氏のつぶやきより。連続ツイートだが肝はここである。

受け取り側の考え方次第だが、作家による創作秘話のネタばらしというのは一長一短なのではないか。それを聞いて「へぇー、そうだったんだ」と思う事もありつつも、「え……、そんな事だったの?」と思う事もある。よくある。分かりやすいところでは小説を読んだら後書きで作者がその作品についてつらつらと語っている。この登場人物の性格や設定は何々をモチーフにしてこういう風にして生まれた、最後はハッピーエンドにするか迷ったが結局あやふやなままにして読者の想像に任せる事にした、などなど。もちろん知れて嬉しい情報もあるし、作品自体を作者が語ってくれる事自体がレアなので終わってしまった作品の追加情報として最高のおまけとも言える。

しかしそれで冷める場合もあるのである。

多々、ある。どこどこの作品の誰々という登場人物と、どこどこの作品の誰々という登場人物を混ぜた様な造形、と言われても分からない場合が多いし、その作品のその登場人物を好きになった人にとって、作者から正式にそういう事を言われてしまうと、「ああ、どっかのキャラの真似なのか……」という残念感が発生する。ハッピーエンドにするかバッドエンドにするか迷ったなんて話は聞きたくない。単巻の小説はそれ一つで完結した作品である。「小説内の事が全てで、受け取り方は読者次第」と突き放す作家が多いが、そちらの方が筋が通っているのではないか。ファンサービスという考え方はひとまず置いといて、である。ま、これが漫画となると少々違ってくるが……、しかしひっくり返し過ぎたり「実はこういう事だったんですよ」と実情を語ったりして”やっちゃう”作家というものもそれなりに多い。後書きだけでなく雑誌インタビューなどでも多いパターンだろう。

「この味がいいね」と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日

俵万智(たわら まち)の、日本文学史に残る名短歌であるが、2014年のツイートで、この流れなので言わせてもらうが、”ケチが付いた”。

実際に七月六日だったわけでも、サラダだったわけでもない。

ええぇ……。実際は唐揚げをカレー味にして褒められたエピソードから作ったらしく、日付も時期や読みやすさ、ほかの記念日と被らない様に調整したらしい。言っている意味は分かるし、それこそが創作活動とも言える。

しかしそれで冷める場合もあるのである。

言わなきゃいいのに! これまで数十年、全国何百万人の人が「今日はサラダ記念日なんだよ」と語っていた根底が覆る。宇宙の法則が乱れる。やはりこればかりは、「作品はそれが全てで、あとから作者があれこれ言うものではない」ものだったのではないか。どれくらい共感が得られるか分からないが、酷い残念感である。

しかし大ブームを起こした当時、俵万智は引っ張りだこになり、雑誌にもテレビにも出ていた訳で、このツイートにも「唐揚げだったって聞いた事ある」という反応もある。既知の情報だった様である。しかしだからといってそれこそ俵万智を戦前の文豪みたいに思っている人も多い中、わざわざ新たに言わなくてもいいのに、と思うものである。世の中の全ての人が世の中の全ての情報を知っている訳ではないのである。

ま、七月六日という一年に一度の記念日に、作った本人がそのネタを語りたくなる気持ちは分かるけどさっ。

-Twitter

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「1/3の純情な感情を久しぶりに聴いたら、壊れる程愛しても1/3も伝わらない、と嘆いた後に、アイラブユーさえ言えないマイハート、って続いてるんだけど、おそらくアイラブユーを言ってないから伝わってないんだろうと思った」

2019/06/03

ツイッターに絵を投稿した人のひと言「絵です」ハッシュタグも添えない硬派さ

2020/10/29

「今日は3割の力で仕事して定時で帰って、週末までに本来のペースを取り戻せ」新年の社長の挨拶

2020/01/06

声優”豊崎愛生”結婚発表「僕も一般男性だし、実質あいなまの結婚相手なのでは???」2017年

2020/10/12

Wordに統一で”働き方改革by農水省”ジャストシステム平成を「一太郎」で走り切ろうとしてた農水省ヤバい

2019/09/30

「会社飲み会は楽しむモノじゃない 如何に自分へのダメージを少なくするかだ」 #新社会人へのアドバイス #会社飲み会対策

2019/04/04

“高輪ゲートウェイ駅”のフォント「利用者に向かってなんだ、その書体は。」山手線の新駅

2020/06/02

「叱られて伸びるタイプ」って言われてる人を褒めるとどうなるかというと、大抵結局すごく伸びますね

2020/06/08

通っていた店の店員対応「いつもありがとうございます」途端に足が遠のいてしまう。

2019/08/18

それ「100点じゃなかった」ってだけで実は60点くらいは取れてたりしない?

2020/09/01

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
11
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20
20
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。