言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

機能

「ウェブログ」

投稿日:2019年5月24日


「ウェブログ」

出典元、ネット上に日記などの記録を公開出来るウェブサイトとその仕組み。文字さえ打てればほぼほぼホームページを作れてしまう画期的な機能。

「ウェブログってブログの事?」と疑問に思うかもしれないが、「そうその通り」である。「ウェブログ」はブログが登場した黎明期に使われていた呼び方で、「ウェブ」(Web)の「記録」(Log)を残す形式のホームページとして、「これはウェブログだ」と広まりかけた。が、略称の「ブログ」がもの凄いスピードで定着したため、あっという間に死語と化してしまった。こういった用語が発生する場合に被害が大きいのが、形に残る書籍関係である。「ウェブログ」をタイトルに入れてしまった本は、たった数年で誰にも手に取ってもらえない古臭さを発散する存在になってしまった。歌手が「ポケベル」を歌詞に使ってしまって大後悔、的なエピソードである。

しかしここまで圧倒的な存在になるとは、登場した当時は考えられなかったのではないか。ホームページの一形態で、一過性のブームだと受け止めた人も多いと思われる。理由として、「ブログ」はホームページに載せる日記として広まったが、別にそれはHTMLを書いて一つ一つアップロードする方法でも普通に実現可能な事だからである。そして日記形式に特化していると、新しい日記に押し出され、ページが流れて行ってしまうというデメリットがある。”自分のホームページ”として、この項目とこの項目は目に入るところに表示させておきたい、という需要とは相反する仕組みだったのである。従来よりHTMLを書いて一つ一つホームページを作っていた人は、HTMLを書けない人が楽に日記だけを書けるサービスだろう、と思って多少馬鹿にしていた。……と思う。従来のホームページとブログは、それなりに差別化されると思っていた。

が、”楽に書ける”という要素はほかのすべてを補って余りあるメリットだったのである。そのため、これまでホームページを作った事もない層も参入し、大いに受け、凄まじいスピードで普及し、定着した。HTMLが書ける人、書けない人というのもあるが、書けてもわざわざ作るのは面倒臭かったりする。それならホームページビルダー的なものを使って、と言いたいところだがそれをウェブ上でログインするだけでソフトなどなくても使える様にしたのがブログという訳である。そしてそれまでは外部掲示板を借りたり、「CGI」という仕組みで頑張って実装しなければ使えなかった読者からの書き込みが、「コメント」という機能で簡単に使える様になった。最新のルールに則ったHTMLの書き方や、当時言われ始めたSEOなどの「ガワ」部分はすべてブログサービスがやってくれるので、とにかく楽だったのである。

そしてそこに輪を掛けアメーバブログなどの各種サービスが競走しながら発展、芸能人などの有名人が続々とブログを始め、その生活をのぞける体験、繋がれる可能性などでユーザーを取り込みさらに広がって行く。この辺の要素は次第にツイッターへも派生していく。また、デメリットであると考えられていた「記事が流れてしまう」部分も、ブログの機能で従来のホームページっぽく固定されたページを作る事も可能だったので、結果的に「どうにでもなる」と落ち着いた。しかしどちらかというとブログ形式に読者が慣れてしまった、という方が近いかもしれない。驚きの展開というか、面白い発展の仕方をした業界である。

しかしブログはブログで「ウェブログ」のただの省略形な訳で、よくこれが定着したものだと感心するところもある。略し方が少し気取っているし、ギャル語的な感じもしないでもないし……。

-機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「機能」

「前回開いていたページを開く」

「前回開いていたページを開く」 出典元、ウェブブラウザ「Google Chrome」の機能の一つ。とはいえほかのブラウザでも同様の機能は見られる。 タブブラウザが普及して幾年月。というかブラウザ自体、 …

カテゴリー「機能」

「I’m Feeling Lucky」

「I’m Feeling Lucky」 出典元、ウェブサイト「Google」に表示されている謎のボタン。誰も使っていない。 いや、誰も使っていないと言うのは大げさだが、「なんだこれ」と思っ …

カテゴリー「機能」

「詳しくはこちら(pdf)」

「詳しくはこちら(pdf)」 出典元、ウェブページのリンクにたまに使われている一文。よく遭遇するのは家電の説明書ページなど。 イージートラップ。いや、安全装置付きトラップか。 この様なリンクをパソコン …

カテゴリー「機能」

「フレーム」

「フレーム」 出典元、ウェブページの表示方法の一つ。カメラのフレーム、など他でも使われるが今回はウェブの用語として取り上げる。 まさかこんなに廃れるとは。 使われ始めた当初は誰もがそう思うほど、革新的 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。