言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

ラジオ

「ピリオド」

投稿日:


「ピリオド」

出典元、インターネット黎明期にラジオで使われていた表現。過去の話。

インターネットがこれだけ世の中に普及する以前、メディアとはテレビ、ラジオ、新聞だった。近年インターネットが新たに加わった訳だが、特にテレビはネットを敵視していて「詳しくは、ウェブで」が言える様になるまで、かなりの時間を要した。一方通行のメディアと双方向のメディアは水と油なのである。しかしネットの普及は進み、大きな会社がどんどんホームページを作る様になって行った。となると次第にそれを紹介する必要が出て来る。そして黎明期は、検索エンジンもまた、現在ほど高性能ではなかった。Google一強でもなく、各社乱立していた。つまりどういう事かと言うと、「このキーワードで検索してね」で済ます事は出来なかったのである。「Googleで」とも言えないし、ではほかの検索エンジンで検索してね、となるとちゃんと辿り付ける保証もない。そうなって来るとテレビや新聞はURLを丸々載せなければいけないが、ラジオに到っては”URLを読み上げる”必要があったのである。

つまり「http://」で始まるURLを全て口頭で読み上げなければいけないのである。面倒くさい話だが実際にあちこちのラジオ番組で読み上げは行われていた。ここで発生する問題が、記号の読み上げである。「/」(スラッシュ)はそれなりに一般的だったものの、「;」(セミコロン)と似ている「:」(コロン)はこのタイミングで一気にメジャーになった。そしてもう一つ、「.」である。……ん?

「エイチティーティーピーコロン、スラッシュスラッシュ、ダブリューダブリューダブリューピリオド」

「ピリオド」である。「ピリオド」と言っていた。確かに「.」はピリオドだが……、違和感を覚える人がいるなら、そう、現在とは呼び方が違うからである。

「エイチティーティーピーコロン、スラッシュスラッシュ、ダブリューダブリューダブリュードット」

「ドット」である。「.」(ドット)はかつてラジオで「ピリオド」と呼ばれていたが、現在は「ドット」と呼ばれているのだ。いつの間にか、変わっていた。ラジオパーソナリティが読み上げていたのだが、パーソナリティは局のアナウンサーだったりもする訳で、放送局で決まっている正式に準拠して読み上げている。それが変わったという事は、読み方が正式に変わったのだろう。これはもう、どちらが正しいというのでもなく、”これまではそうだったが、これからはこうなった”というだけの話である。厳密には「ピリオド」が正しかったのに「ドット」になってしまった、とかではない。そもそもインターネットというものが新しいメディアなので、たまたまURLに使用した「.」をどう読むか、対応すべく古いメディアがルールを設けて、黎明期には少しだけ迷走がありつつ試行錯誤の末にルールが確定していく、そういう流れである。

実際のところラジオはまだそれをやっている部分がある。「このキーワードで検索してね」で大体行けるものの、URLもたまに読み上げるし、あとはラジオにはハガキ文化があるのでそれを受け継いだメールが、アドレス読み上げ対象なのである。つまり「このアドレス宛に送ってください」のアドレスを読み上げる必要がある。各社なるべく簡単で短いものにしているが、ものによっては「-」(ハイフン)や「_」(アンダーバー)が入っているものもあるし、そこに「.」(ドット)はまず入って来るだろう。そんな時代もあったね、という話だが、まだやってるよ、という話でもある。言葉で文字を伝える事は、ひと苦労なのである。

「見えるラジオ」……、うっ、あたまが。

-ラジオ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「ラジオ」

「……若干おれが?」

「……若干おれが?」 出典元、ラジオ「伊集院光 日曜日の秘密基地」より。若手芸人、桐畑とおるの発言。 若手芸人と言っても別に若くは無い、のはよくある話で……。中堅若手芸人、と言うと若手というほどには若 …

カテゴリー「ラジオ」

「あたし、人にどう思われても気にならないの」

「あたし、人にどう思われても気にならないの」 出典元、いつかのラジオ番組、はっきりとこの言葉だったかは微妙。発言者が誰だったかは後述する。 女性がラジオで自分についてしゃべっていた時のひと言である。二 …

カテゴリー「ラジオ」

「すごい勢いで」

「すごい勢いで」 出典元、ラジオ「伊集院光 深夜の馬鹿力」より。伊集院光が使い出した表現。 ……と言われても、そんなの普通の表現じゃないか、みんな使ってるよ、と思う人もいるかもしれない。が、しかしこれ …

カテゴリー「ラジオ」

「すらっと言えるようになりましょう。すらっと言えないとおじさんとしてのありがたみが薄れます」

「すらっと言えるようになりましょう。すらっと言えないとおじさんとしてのありがたみが薄れます」 出典元、ラジオ番組「バトルトークラジオ アクセス」より。ナビゲーター小島慶子の鋭利な知的つっこみ。 かつて …

カテゴリー「ラジオ」

「お前もういい年なんだからもうちょっと落ち着いてしゃべれよ」

「お前もういい年なんだからもうちょっと落ち着いてしゃべれよ」 出典元、失念。おそらく、いつかのどこかのラジオ番組内。発言内容は少し違ったかもしれないが、意味は変わらない。 言っていたのはセーラームーン …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。