言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

「スマッシュ返し」

投稿日:2018年5月9日


「スマッシュ返し」

出典元、卓球の技名。正式名称なのかは知らない。

最近見た人も多いと思うが、「スマッシュ返し」とはスマッシュをスマッシュで返す荒技である。卓球には「カウンタースマッシュ」という技もある様だが、今回取り上げる技とは少しニュアンスが異なるので、ここでは俗称を取り上げて説明する。なお、カットマンの話を混ぜると主旨が濁るので、それは知らないものとして話を進める。

そもそも卓球とは、相手にいかにスマッシュを打たせない様にするかのスポーツである。つまりスマッシュとは、打たれたら終わりの点の取られる技である。相手にフワッとしたチャンスボールを返してしまったらスマッシュが来てしまう。チャンスボールとは相手に「ご自由にどうぞ」状態で球を返してしまう事で、ご自由にという事なので相手は”全力で”ラケットを振り抜く。これがスマッシュである。相当な実力差があっても、基本的に返せない球である。スマッシュを打たせてしまったら点を取られるのが常識なのである。通常のテニスにもあるが、必中感はバドミントンの方が近いかもしれない。なので、コースを突いたり、回転を掛けたり、球を低く返したりと駆け引き溢れるラリーをするのが卓球というスポーツであり、それが前提である。

ドライブ回転のスイングと似ているので勘違いしがちだが、ドライブともまた違う。ドライブは相手の下回転の掛かった球を相殺したり、そもそもほとんどの球にドライブを掛けて相手に圧を掛けて行く戦型の選手もいる。しかしドライブは一応どこからでも打てるし、どんな球にでも打てる。回転が掛かっていても、それを上回る上回転を掛けて打つのがドライブである。そして軌道も勢いはあるもののフワッと弧を描くものとなる。翼くんのドライブシュートを連想してもらえれば、あんな感じである。つまり軌道が違う。これがスマッシュとは異なる。チャンスボールを打つとなればドライブでは無く、スマッシュになるだろう。全力でひっぱたくイメージである。それはドライブより速く、直線的で、成功率が高い。

それがスマッシュなのだ、が……。よし、相手が球を浮かせた、スマッシュチャンス!

スパーン!(スパン!)

……。

……。

でその、スマッシュをギリギリ返すどころか、スマッシュで返して来やがる荒技が「スマッシュ返し」である。

普通は返せないって言ってるでしょおおおおお!

反則ではもちろん無いが、技量的な意味で反則と言いたくなる。ラリーの末に僅かに見付けた隙、チャンスボールをスマッシュ! ……したらスマッシュで返された。もちろんこちらの体勢は全力でスマッシュを振り抜いた状態なのでさらにそれを返す事など出来ない。というかスマッシュ自体が一瞬の出来事である。一瞬で相手コートに入り通過するはずの球が、二瞬目にこちらのコートに入り通過していたら卓球選手と言えどもどうしようもない。これをやられると多少心も折れる。

あまり名前が挙がらないのは、早々出来るものでは無いし、出来る人も少ないからだろう。日頃特別に練習に組み込んでいるか、常軌を逸した瞬発力の持ち主だけが使用可能な反則的必殺技である。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「技」

「ルーティーン」

「ルーティーン」   出典元、スポーツなどでプレイ前に行う決まった所作。最近ではラグビーの五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)選手のものが有名になった。   と言っても言葉としては元からある用語の「ルーチン …

カテゴリー「技」

「大嘘憑き(オールフィクション)」

「大嘘憑き(オールフィクション)」 出典元、原作:西尾維新、作画:暁月あきらの漫画「めだかボックス」に登場するキャラクター、球磨川禊(くまがわ みそぎ)の技。 「チート技」という言葉があるが、数々の特 …

カテゴリー「技」

「ダブルチェック」

「ダブルチェック」 出典元、仕事などで使われるチェック方法の一つ。仕事以外にも使える。 簡単なのに、とても効果的な手法。効果的なので既にあらゆる分野で起用されている。別に難しい話ではない。重要なチェッ …

カテゴリー「技」

「魔封波がえし」

「魔封波がえし」 出典元、漫画「ドラゴンボール」より。必殺技名。 ドラゴンボールの世界。かつて世界を恐怖のどん底に陥れた、ピッコロ大魔王。それに力ではかなわないとみて、亀仙人の師匠、武泰斗が編み出した …

カテゴリー「技」

「直接圧迫法」

「直接圧迫法」 出典元、応急手当ての名称。ケガの状態に合わせて「関節圧迫止血法」や「緊縛止血法」などと使い分ける。 専門家ではなく、間違った事を書く可能性もあるので、鵜呑みにしない程度でお願いしたい。 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。