言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

「天空落とし」

投稿日:

「天空落とし」

出典元、ラーメン屋「中村屋」の店主、中村栄利が使用する湯切りの技。シュバッ、ザッシャァッ!!

……変わったやり方の湯切り。

と言ってしまうと元も子もないが、実際のところやっている事はラーメンの麺をちょっと奇抜な体勢で湯切りしているだけである。茹でた麺を鍋から上げて、ザッ、ザッ、と振るうあの湯切りを、ものすごく腕を持ち上げて勢いよく振り下ろす。近い体の動きを言うなら、円盤投げだろうか。ただ、その奇抜さが多少、話題になり、売りになり、ちょっと見てみたい人が店に押しかけるという、ラーメン屋としてはあまりない方向性での集客が成された。当時22歳で店を開いた若き店主、という要素もある。ラーメンの味がどうだったかは知らない。この技をひらめいたのは偶然だという話もあるが、それを目当てに押しかける客の前でやり続けたメンタルの強さは誇っていいものだろう。多少指さされはしただろうし、湯切りしているだけなのだから。

しかしなぜか、名前が妙に格好良い。自分で付けたか他人に付けられたか不明だが、格闘ゲームの技名っぽいというかRPGの技名っぽいというかイナズマイレブンのシュート名っぽいというか、とにかくただの湯切りに付けられた名前にしては格好良すぎる。……厨二病的とも言えるが。モーションを見ると「確かに天空落としだな」と思えるので非常にマッチした名前である。ネーミングの勝利。

そしてこの「天空落とし」がどのくらい味の向上に効果あるかが重要な点であるのだが、それはもう大喜利の様なものである。つまり事実は置いといて、本当っぽい事を言った者勝ちという、「それでいいのか」な展開である。高い位置から振り下ろした方がお湯の切れがいいとか、速度を付けた方がいいとか、一度で済ませると麺にダメージが行かないとか、そういうやつである。仕方ない、それは。あれが味に影響する、とてもいいやり方だったのなら、既に日本中に広まっているからであり、現実として広まっていないからである。が、まあ、そんなものはうだうだ言わないでも素人目にも分かる事だろう。ただのパフォーマンスである。どちらかと言うと悪影響がないか心配されているぐらいだが、それもまあ、問題ないだろう。通常の湯切りと大して変わらない。どうという事もない。それも素人目に分かる。

そうなって来るとこれは、見映えのするパフォーマンスが楽しめる、エンターテイメンなのではないか。そうなのだろうか? ……その通りである。これもまた集客方法の一つ。特にデメリットがなければ続ければいいし、客は楽しいからウィンウィンである。むしろこの様なパフォーマンスを”出来るのにしない”業界にこそ、問題があるのではないか。なんて事を、言いたくなるが、やっぱりそんな事もない。こちら方向にこじらせ過ぎるとそれは、「食べ物で遊んではいけません」警察に怒られる事になるからである。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「技」

「天地返し」

「天地返し」 出典元、主にラーメン二郎を食べる際に、客が使用する技。秘技・天地返し! またニッチな用語である。というか既知の用語として紹介していいのか不安になるレベルのものだが、検索するとそれなりに引 …

カテゴリー「技」

「アッパー昇龍」

「アッパー昇龍」 出典元、ゲーム「ストリートファイターII」より。連続技の特殊な出し方の名前。 「ストリートファイターII」といえば対戦格闘ゲームの金字塔である。対戦格闘ゲームのブームを作り出した火付 …

カテゴリー「技」

「庶民シュート」

「庶民シュート」 出典元、井上雄彦の漫画「スラムダンク」より。バスケットボールの「レイアップ」、「レイアップシュート」の別名。 別名と言うか主人公の桜木花道(さくらぎ はなみち)が勝手に呼び出した名称 …

カテゴリー「技」

「右ドラッグ」

「右ドラッグ」   出典元、Windowsパソコンにおけるマウス操作の一つ。意外性と実用性を兼ね備えたちょっとした裏技。   広義には「マウスジェスチャー機能」の一つ。   「マウスジェスチャー機能」 …

カテゴリー「技」

「スマッシュ返し」

「スマッシュ返し」 出典元、卓球の技名。正式名称なのかは知らない。 最近見た人も多いと思うが、「スマッシュ返し」とはスマッシュをスマッシュで返す荒技である。卓球には「カウンタースマッシュ」という技もあ …

「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ
当サイトの記事には、創作物に関するネタバレが多々ありますのでご注意ください。また、真偽の不明な事柄を確定口調で書いている部分もあります。ご了承ください。