言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

ゲーム

ソシャゲの悪名高き課金ゲームシステム「基本プレイ無料」射幸心を煽る”ガチャ”

投稿日:2019年10月16日

「基本プレイ無料」

出典元、ゲームの課金システムの名前。意味は読んだそのままだが、深い意味はある。

日本のゲーム業界をダメにした悪名高きゲームシステムである。登場した当初、「基本プレイ無料」と聞けば「お、無料でプレイ出来るんだ、ありがたい」と思った人は多かった事だろう。しかし2019年現在、「基本プレイ無料」と聞けば、「ああ、課金しないとガッツリ遊べないえげつないやつね」と受け止める人は多いだろう。間違っていない。えげつないのである。

「基本プレイ無料」のゲームをソーシャルゲームなりブラウザゲームなりで複数プレイした事のある人なら分かるだろう。あの時間経過による行動力やHPの回復、時間を注ぎ込めば注ぎ込むほど強くなる自分のキャラたち。そして重複したキャラはゴミの様に養分にされて行き、とめどなく訪れるイベントの数々とそこでしか手に入らない特別なアイテム。イベントは、期間を設けられているので学生や社会人などは休み時間にしかやれないため、一日中貼り付いていられる人ほど有利である。しかしそのイベントでしか手に入らないアイテムがある、どうしても欲しい。そこで必要になるのが「リアルマネー」である。行動力やHPを一瞬で回復するアイテムが売っているため、それを買って解決して時間的に有利な人たちと争うのである。そのイベントをクリアした人への報酬や、ランキングを設けてその上位の人に配る最高級のアイテムなどがある場合が多い。驚くほどどこも似たり寄ったりな仕組みである。

そして「ガチャ」である。専門用語で”射幸心を煽る”と言うが、あのおもちゃ屋やデパートに置いてあるガチャポンをデジタル化した事で、とんでもない仕組みが完成してしまった。レアリティの高い、強いキャラを手に入れるためにリアルマネーを投入するのだが、”「ガチャ」なので”、ランダムなのである。出るまで何度でも挑戦し、出なかったらまたリアルマネーを投入して出るまで続ける人が続出した。……している。「基本プレイ無料」とは、まず無料で遊ばせてそのゲームにハマらせておき、自分のキャラ、ユニットをもっと強くしたい、もっと強いキャラを手に入れたい、と思わせたところで上述の回復システムと併せてランダムであるところの「ガチャ」で延々とお金を投入させるシステムである。1回300円のガチャを引かせておいて、最高級のキャラの出る確率が0.01%など、ざらである。えげつない。さらにそのガチャ自体も期間限定などにしておき、二度と手に入らないかもしれない、などとなるともう期間内に注ぎ込むしかなくなるのである。えげつない。

えげつなさの最先端を行っていた「コンプリートガチャ」は、さすがに酷すぎたため法律で禁止になった。ガチャで出る全てのキャラを出せば、コンプリート商品としてさらにレアなキャラやアイテムがもらえるシステムで、リアルマネーをどんどん投入する人が後を絶たなくなった。3万円とか4万円とか、10万円とか20万円の話である。これは、あと少しで手に入るのにここでやめたらこれまでの金額が無駄になる、という心理を利用した手法である。さすがに問題があると話題になり、消費者庁が「景品表示法」で禁止されている「カード合わせ」に該当するとして、2012年に禁止になった。しかし「ガチャ」自体も、「基本プレイ無料」の仕組み自体も禁止にされてはいないので、結局のところ”一番えげつないのだけ禁止になった”だけの話である。

日本のゲーム業界をダメにした、と書いたが、大いなる問題はそこである。ここまで徹底的に普及してしまったスマートフォン。ゲーム会社にとってそのプラットフォームはこれまでのゲーム機より大きく、またプレイステーション4などの据え置き機ほどの派手なゲームを求められない、というか作れないため、参入の敷居が非常に下がってしまった。基本テンプレートは先人が創り終えており、そしてこのシステムは非常に儲かるのである。もちろん当たりハズレはあるものの、基本的に据え置き機や携帯ゲーム機向けに売り切りのゲームを作っているより遥かに儲かる。10倍とか50倍とかのレベルでである。そうなって来るとどうなるかというと、往年の名ゲームのシリーズが「基本プレイ無料」のゲームで出て来る事になるのである。そして通常のゲーム機では出なくなる。そりゃあ、儲かる方に出すのが当然である。

さらにゲーム内容も偏って行き、つまり「いかにユーザーに楽しんでもらうか」ではなく、「いかにユーザーに課金させるか」という運営方針になる。基本的に売り切り型のゲームでは無くオンラインゲームの一種なので常に開発し内容を追加し続ける事が必要になるが、それをしてもおつりが来るぐらい、コンシューマーゲームを作るより儲かるのである。もちろんユーザー側も、軽く楽しめればいいやと無課金を貫く人も多いが、総ユーザーの2%でも廃課金ユーザーがいれば成り立つと言われている状態であり、法規制でもない限りまだまだこの無間地獄は続くだろう。

-ゲーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25
20
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。