言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

コマーシャル

「詳しくは、ウェブで」

投稿日:2017年11月7日

「詳しくは、ウェブで」

出典元、色々なテレビCMより。ラジオでもあるかもしれない。

やああーっと、ネットが市民権を得てきた頃の、テレビCMの印象的なフレーズである。もちろん今でも使われている。テレビが出て来た頃も、その前からあったラジオは反発しただろうが、ネットの存在にはテレビは本当に敵対心を持っていた。しかしここまで普及し、大企業でホームページを持っていないなどありえない状況になってしまっては、背に腹は変えられない。テレビでは大金を払って15秒とか30秒しか宣伝出来ないのに、ネットなら絵も字も動画もいくらでも見てもらえるのだ。誘導する導線として、それを使うに越したことは無い。

しかしそれの普及も、まだまだとも言える。企業における偉い人の年代の高さもあるだろうが、テレビ信仰というものは遥かに大きく、高齢者のネット普及率を考えると「テレビで宣伝したからいいじゃないか」と重役が考えるのも仕方ないかもしれない。しかしそろそろ会社もパソコンだらけだろうし、大企業の社長も携帯やスマホぐらいは持っているだろうから、世代交代を考えると今後もっともっと進んで行く現象だろう。進まない方がおかしい。テレビCMもしばらく、動画としてそのまま会社のホームページにアップしているのも珍しかったが、最近は良く見掛ける様になってきた。意地を張るな、という話である。どうせ公式で公開しなくても、Youtubeなどで公開されていたら意味がないし、低画質で上げられていたら不本意とも言えるだろう。

最近増えてきたのはソーシャルゲームの誘導CMだろうか。これはもはや「○○で検索」、で済んでいる。おそらくすぐにスマホで検索してもらい、見付けたらとりあえず登録させる戦略だろう。不親切感この上ないが、ソシャゲはとりあえず登録させてから内容を説明するようなところがあり、それはそれでアレな手法である。ソシャゲ自体の収支の仕組みがアレなので、アレになってしまうのも仕方ないが、まあ「基本プレイ無料」については別で語るとしよう。面白いところでは、ゲーム会社がテレビ局のスポンサーになっている事で、テレビで「ゲーム脳」などの根拠のないゲームバッシングが最近行われなくなっている、などの現象がある。ゲーム自体が市民権を得ている事もあるが、そういう要素もあると言われると功罪あるんだな、と認めざるを得ない。

ちなみにちょっとしたネタとして、この「詳しくは、ウェブで」をウェブ上のチャットや掲示板などで使うと、「いやここがウェブじゃん!」などとつっこみが入って面白い。使う場所によって意味の違ってくる不思議なフレーズである。……なんて綺麗に言わなくてもいいか。ただのシュールギャグである。







-コマーシャル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「コマーシャル」

「キャッシュバック」

「キャッシュバック」 出典元、買い物をした際にいくらかのお金が戻ってくる事の名称。お得感がある。 お得感は、ある。しかしこれは、買うと決めている物について、という条件付きである。特に買う気がなかった商 …

カテゴリー「コマーシャル」

「それも個性だね」

「それも個性だね」 出典元、何かのCM。赤ちゃんが「おぎゃあ、おぎゃあ」ではなく商品名で泣いているのを見て、このセリフで返していたような気がする。ただし、日常生活で使われる一般用語でもある。 思い出せ …

カテゴリー「コマーシャル」

「うわっ…私の年収、低すぎ…?」

「うわっ…私の年収、低すぎ…?」 出典元、転職サイト「@type.」のネット広告にあるフレーズ。女性が口元を覆っている写真とのセットが印象的なので、覚えている人も多いだろう。 というか一時期、あっちで …

カテゴリー「コマーシャル」

「はとむぎ 玄米 月見草~ はっぴー 爽健美茶」

「はとむぎ 玄米 月見草~ はっぴー 爽健美茶」 出典元、爽健美茶のCMより。 爽健美茶は1993年に「茶流彩彩 爽健美茶」として発売され、リニューアルを重ねながら現在も愛されている、……茶である。 …

カテゴリー「コマーシャル」

「ドリームプロジェクト」

「ドリームプロジェクト」 出典元、スーパーファミコンのゲーム「クロノ・トリガー」のCMナレーションで使用されたフレーズ。魂を揺さぶる熱いフレーズ。 ゲーム少年たちのわくわくが止まらない。 世に「ドリー …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。