言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

コマーシャル

「うわっ…私の年収、低すぎ…?」

投稿日:2017年10月21日


「うわっ…私の年収、低すぎ…?」

出典元、転職サイト「@type.」のネット広告にあるフレーズ。女性が口元を覆っている写真とのセットが印象的なので、覚えている人も多いだろう。

というか一時期、あっちでもこっちでも見かけた広告である。なかなか大きめのスペースにインパクトのあるフレーズが付いてくるので強制的に印象に残る。転職用の「市場価格診断テスト」へ誘導する広告なので、クリックするかはその人次第だが、とにかくうるさいぐらいどこでも見かけたのでこの写真とフレーズのセットがネタ的な意味で有名になってしまった。そのおかげで、コミケでコスプレしてしまう人や、初音ミクが歌う同名の曲まで作られるというまさかの展開も起こっている。

また、非常に応用の利くフレーズである事も特筆に値する。そのおかげで、ネット民のおもちゃにもされてしまった。魔改造と言ったらいいか……。
「うわっ…私の身長、低すぎ…?」、「うわっ…私の体重、重すぎ…?」ぐらいなら常識の改編範囲なのだが、「うわっ…私のドヤ顔、酷すぎ…?」や「うわっ…私の眉毛、太すぎ…?」、「うわっ…私の順位、高すぎ…?」など、色々な方面から色々なキャラが自分の環境に合わせて参入した画像を作ってきてカオスな状況を見せていた。改編フレーズを思い付いたら手で口を塞ぐ画像さえ用意すればいいので作るのは比較的簡単である。多少語感が悪くても知名度の高さで持って行ける。元がざっくりとしているので、いわゆる雑コラも簡単である。

しかし元画像に関しては、一貫して女性の画像が使われている。まあ「私の年収、」なので、女性向きのフレーズではあるのだが、転職サイトを多く使うのはむしろ男性だろう。真実は分からないが、あまりにもフレーズが気に入ってしまったので「まあいいや女性で行こう、どうせ男性もクリックするだろうし」という事になったのだろう。知らないが。それがまたどうしてこれだけ長期に渡って大量投入され、そして人々の記憶に残ったのだろうか。……まあ悪い意味で、聞かれたくない質問をストレートに突かれたから、かもしれない。ひと言で言うと「うっさいわ!」である。それがまたあっちでもこっちでも見掛ける。次第に馴れてきて、そのうちからかいたくなるのも仕方のない事なのかもしれない。出した側も、狙ってやったのなら大したものである。ウザさは多少狙っているだろうが、こんな発展の仕方は「@type.」の担当者も想定していなかっただろう。「うわっ…私の広告、反響出すぎ…?」といったところだろうか。

うわっ…私の皮肉、普通過ぎ…?

-コマーシャル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「コマーシャル」

「ビ~ックビックビック、ビックカメ~♪」

「ビ~ックビックビック、ビックカメ~♪」 出典元、家電量販店「ビックカメラ」のいつだったかのCMより。なお、ビッ「グ」カメラではなくビッ「ク」カメラである。 ビックカメラ+コジマや、ソフマップと合併し …

カテゴリー「コマーシャル」

「だったらすぐ拭く~! イエ~」

「だったらすぐ拭く~! イエ~」 出典元、「UL・OS(ウル・オス) 薬用リフレッシュシート」のCMより。松木安太郎のセリフ。 CMの内容は、主演の三村マサカズが汗だくの状態で満員電車に乗ってしまい、 …

カテゴリー「コマーシャル」

「詳しくは、ウェブで」

「詳しくは、ウェブで」 出典元、色々なテレビCMより。ラジオでもあるかもしれない。 やああーっと、ネットが市民権を得てきた頃の、テレビCMの印象的なフレーズである。もちろん今でも使われている。テレビが …

カテゴリー「コマーシャル」

「それも個性だね」

「それも個性だね」 出典元、何かのCM。赤ちゃんが「おぎゃあ、おぎゃあ」ではなく商品名で泣いているのを見て、このセリフで返していたような気がする。ただし、日常生活で使われる一般用語でもある。 思い出せ …

カテゴリー「コマーシャル」

「はとむぎ 玄米 月見草~ はっぴー 爽健美茶」

「はとむぎ 玄米 月見草~ はっぴー 爽健美茶」 出典元、爽健美茶のCMより。 爽健美茶は1993年に「茶流彩彩 爽健美茶」として発売され、リニューアルを重ねながら現在も愛されている、……茶である。 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。