言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

掲示板

“なぜあんな小説を褒めるのか”「実は基本的には小説は面白い」芥川賞の受賞理由

投稿日:2019年10月2日

「実は基本的には小説は面白い。中には下らないのもあるが、ほとんど本を読まない人がたまに読んだりすると予想以上に面白かったりする。」

出典元、Yahoo!掲示板「なぜあんな小説を褒めるのか」より。どこかの誰かの書き込み。

作品名は出さないが当時非常に話題を集めた小説について語り合う掲示板だった。当時というのは2004年で、話題になった理由は芥川賞を受賞した作品だからである。そして話題を集めたのは芥川賞受賞作だというだけではなく、要するに芥川賞を受賞した作品が「あんな小説」呼ばわりされてしまうほど低レベルだった事にある。これはもちろん賛否両論あるが、概ね「あんな小説」扱いだったと記憶している。つまり、「なぜあんな小説を褒めるのか」がテーマである。

ま、別に事情や選考委員の動機が本当に分からない訳ではなく、おおよその見当は付く。まず芥川賞なり文壇の注目度が下がっていた点。話題性のある受賞者が出ればマスコミが飛び付くだろう。そしてちょうど良く、若くて美人の新人作家の作品がノミネートされていた点。そこまでの過程でもなんらかの思惑が働いたのかもしれないが、とにかくこんな子が芥川賞を取ったなんて事になったら大ニュースになるに違いない、そういういやらしい魂胆が見え見えの受賞だった。しかもなぜか、点数に差が付いた1位と2位の二人がいたにも関わらず、ダブル受賞になったのである。なんでもありか。しかしマスコミは当然の様に飛び付いたし、狙い通り世間の注目の的にもなった。作品もたくさん売れた。

それが問題である。

そこで吹き荒れる「なぜこの程度の作品が!?」という酷評の嵐。芥川賞は新人作家系の賞なので一応まあ直木賞よりはランクは下である。しかしそれにしても連日ニュースになり本屋では積み上がり売れに売れまくっている作品が、なんかギリギリ作品の体を成しているけどもちょっとこれで他の人を押しのけて権威ある賞を取るほどのものかぁ? と、言われまくったのである。さもありなん。小説とは作家のビジュアルで勝負するものではなく、作品の内容で勝負するものだからである。

が、しかし、論争も起こるのである。日々、小説を読んでいる人にとっては概ね、「なんだこの低レベルの小説は」という評価だった。当然である。内容に対しての周囲の取り上げ方の差が大き過ぎるのである。が、テレビなどで「面白かったー」の声も聞こえるのである。……ん? 面白かった? 掲示板についても同様、それなりに批判の嵐であるが、そこそこ「面白いけど」の意見もあった。どうしてこの様な現象が起こるのか。おそらくその答えが今回のセリフである。以下に全体を引用する。

受賞後にここで彼女らの小説を褒める費とが増えたな。
要するに「芥川賞」という色眼鏡で読んでいるからいいものだという先入観があるのだろう。

それから、実は基本的には小説は面白い。中には下らないのもあるが、ほとんど本を読まない人がたまに読んだりすると予想以上に面白かったりする。

普段ほとんど本を読まない人間がマスコミに踊らされて本を読んでそれなりに面白いものだから絶賛する。
普段読まないから比較もできないという理由もあり、盲目的に絶賛する。

肝は、小説というものは基本的に面白い、という部分である。そして、小説を読まない人というのは実はかなりいたりする。活字離れの話ではない。ネットがどうという話でもない。要するに実用書も読む、雑誌も読む、ネットでニュースも読む、でも”おはなし”には興味ないなぁ、という人がいるのである。そういう人が、話題になったからとすごーく久しぶりに小説という物を読んだりすると、「あ、小説って結構面白いものなんだ補正」が働き、つまり普段からよく小説を読む人が酷評する様な作品でも、面白く読めてしまったりするのである。当人にとっては本当に面白かったかもしれないが、……、ひとこと言いたくなる人が大量発生してしまうのも仕方ないと言わざるを得ない現象だった。

まったく、……綿矢りさが今どんなレベルの作家になっているのかは知らないが、芥川賞の価値はあの時間違いなく下がったし、あの回の話題性を上げる事にだけ注力し過ぎていて、長い目で見れば業界的には、罪な受賞だったと言えるだろう。

-掲示板

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

登山家への「山を舐めるな自然は怖いと言いつつ、用もないのにわざわざ危険なとこにいくとかもう舐め腐ってるやん」強烈なカウンターパンチ

2019/11/05

“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性

2019/07/24

先入観なしで聴いて!「ただドラマも断れよ」アニメのタイアップを断った歌手

2020/01/03

ライトノベルのタイトル「無駄買いさせる効果でも狙ってたんかアレは」出版社の怠慢

2019/02/08

「野球は間違いなく日本で一番人気のあるスポーツなのに、なぜかゲームではサッカー(ウイイレ7)とゴルフ(みんゴル4)の後塵を拝していますね」

2019/05/26

食べログ「変に評論家気取りで客観的に冷静にしようとするから歪になるんだよな」”川越シェフ”と日本人のレビューの傾向

2019/08/09

だらけている店員「お前ら!油売ってんじゃねぇ!」そう熱くなるものでもないが

2019/03/05

パワーワード「グリンピース入ってるならもう食べ物じゃない」グリーンピース好き嫌い論争

2020/02/26

原作通り?「売れたから映像化すんのにその売れた部分削ってどうすんだ馬鹿か」監督の個性

2019/11/04

意識の低いラーメン屋「イチオシの味があるくせに他の味もある」あるあるネタ

2020/08/02

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
7
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
8
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
9
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
10
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
11
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
12
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
13
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
14
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
15
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
16
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05
17
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
18
 漫才・コント
お笑いコンビ”オードリー”春日「みなさん、夢の中で会って以来ですね」若林の柔らかいつっこみ
2019/10/24
19
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
20
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。