言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

ネットスラング

「脊髄反射」

投稿日:2019年4月25日

「脊髄反射」

出典元、よく考えないで書き込みをする事を指すネットスラング。それをしてしまう人の性格を揶揄する言葉でもある。

医学的な意味での脊髄反射については言及しない。

「脊髄反射でレスすんなよw」といった使い方をされる。2chなどの掲示板ではよくレスバトル、つまり掲示板上で書き込みでのケンカが発生してしまう。それが無知ゆえの変な理論展開をしていたのならその人が悪いし無視すればいいのだが、その反面、お互い知識を持っているのに些細な事でケンカになっていたりすると、周りにいろいろな無駄をばらまいてしまう。すなわち時間の無駄、怒るエネルギーの無駄、せっかくの知識の無駄、せっかく建てられたスレッドの無駄である。ちょっとした言い間違いを、揚げ足取りして引っかき回し、しまいには言い返せないので人格攻撃などしていたら目も当てられない。全てはよく考えないで発言した、もとい、書き込みをしたせいである。

そう、会話ではないのである。それならば多少の時間の猶予はある。熟考して書き、一度推敲してから送信するべきではないか。しかしそこに、ヒートアップという要素が加わると、残念ながらいきもののサガ、理論の破綻した支離滅裂な文章が書き込まれてしまう。これが「脊髄反射」である。そしてそれが相手の逆鱗に触れ、相手まで発火してしまうとそれはもう泥仕合である。たまーに、それが見ているだけで面白いというエンターテイメンなケンカになる場合もあるが、結局のところ生産性は無い。し、ケンカしている二人と閲覧している多人数を考えれば、興味あるスレに来たのに時間の無駄を強いられている人の方が大勢になるだろう。やはり無駄で邪魔な存在である。

問題は、それがネット上の書き込みだけで済むのならまだマシ、という点である。日頃から「あいつ、もっとよく考えて行動しろよ」と思われている人は居ると思うが、とにかく慌て者というのは存在する。例えば学生で、教室に入って来たら机の位置が移動していた。おかしい! からの「あれ、この机どうなってんの!?」である。それは教室を一回眺めれば分かる状況で、次の授業で使う大きい機材を入れるために机をずらしていただけだったりする。みんなも机を動かしている最中で、見れば分かるので説明するのも面倒くさいレベルである。「リアクションの脊髄反射」。こういう慌て者は性格として治らなかったりするので、周りの人間はそういう人だと思って諦めている場合が多いが、イライラするものはイライラするのである。そして”そういう子いるよね”で済まないのは、それが子どものおっちょこちょいというだけでなく

大人でもよくいるからである。

なので仕事上で目に入った瞬間にひらめいたアイデアを、よく考えもせずに行動に移す。他の人が「こうすればいいかな?」、「でもこれだとやりにくいか」、「じゃあこうしてみよう」、と試行錯誤して決めたやり方を、入って来てひと目見てパッと思い付いた方法で変えさせようとしたり、もう自分でやり始めてしまったりする。こうなって来ると専属の説明担当が必要なレベルである。「みんなで考えて、やってみたらこのやり方が良かったからこうやってるんです。そのやり方だとここがこうなって効率悪いでしょう?」、という具合で、つまり存在自体が面倒くさい。あまり上の人間で居て欲しくない人格である。しかしやはり、そういう「脊髄反射」な性格はどうやっても治らないのだろう。







-ネットスラング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「ネットスラング」

「本田△」

「本田△」 出典元、不明。だがある時期からネットで誰かが書き込み始め、そのハイセンスな略し方が次第に広まったようだ。 「本田さんかっけー」と読む。 サッカーの本田圭佑の活躍をネットで賞賛する際に使われ …

カテゴリー「ネットスラング」

「やめてさしあげろ」

「やめてさしあげろ」 出典元、ネット各所。さらに先の元ネタからの派生であるが、それについては触れない。 「やめろよ」や「やめなさい」ではなく、「やめてさしあげろ」である。ニュアンスとしては、「w」をい …

カテゴリー「ネットスラング」

「エンジョイ勢」

「エンジョイ勢」 出典元、ネット各所。用語の使われるジャンルとしては主にゲームである。 対義語に「ガチ勢」がある。 「エンジョイ勢」、すごく楽しんでいそうなイメージのある言葉である。実際そのゲームを最 …

カテゴリー「ネットスラング」

「お前が言うな」

「お前が言うな」 出典元、ネット各所。普通の言葉でもあるが、ネットスラング気味に使われる事が多い。 意味はそのままである。ある不祥事を起こした事がある人が、数年後に別の人が起こした同じ不祥事のニュース …

カテゴリー「ネットスラング」

「こまけぇこたぁいいんだよ!!」

「こまけぇこたぁいいんだよ!!」 出典元、ネット各所。主にアスキーアートと共に使用される。厳密な元ネタは「こまけぇこたぁいいんだよ!!」。 全てをなぎ払うパワーワードである。ネットスラングだけでなく日 …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。