言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

アナウンス

“キャプテン翼”アナウンサーの口調「おーっと翼くん!」サッカー漫画の誰かの声

投稿日:2020年8月9日

「おーっと翼くん!」

出典元、高橋陽一の漫画「キャプテン翼」より。アナウンサーの口調。

口調。

「キャプテン翼」はサッカー漫画だが、この漫画の芸風はある意味”ナレーション芸”である。

芸?

「キャプテン翼」ではサッカーの試合中、一挙手一投足をアナウンサーがひたすら実況するのである。独特のフキダシで専属のアナウンサーが、テンション高く試合を実況”し続ける”。それはもう、小学生の試合の頃から。もちろん、登場キャラクターたちのセリフや心の声もあるし、漫画なので絵がある……にも関わらず、どちらがメインだか分からないぐらいアナウンサーが状況を説明するのである。まあ、選手が自分で「俺がドリブルで相手右サイドまで突き進んだ!」とセルフ実況する訳にもいかないし、サッカー漫画に誰かの実況は付きものでもあるのだが、「キャプテン翼」ならばそれをアナウンサーが担っている。

現実のサッカー中継でもそれは同と言えば同じなのだが、「キャプテン翼」はその内容が非常に細かい。テレビ中継ならば見ていれば分かるし、そんなとこまでいちいち説明しなくても、というところまで実況してくれるのである。現実で考えると映像のないラジオ向けの過剰解説の感じだろうか。誰が誰にパスした、誰が苦しそうだ、残り時間がもう少ないぞ、とまあ親切に解説してくれるのである。別にそれが、面白くない訳ではないのだが。

しかしサッカー漫画というものは案外その舞台装置が必要で、初めてサッカー漫画に挑戦しようとする漫画家は、淡々としてしまうプレイをどう漫画的表現で派手にするか悩む事になる。選手のセリフと心理描写だけではドリブルやパスの間、テンションが保たないのである。どうしても外からの声、解説やリアクションが欲しくなる。しかし、なんとなく”誰かの声”という事にしてしまうと、それはそれで誰だか分からない人が試合中ずっと、ひたすらプレイ内容を叫んでいる事になるので、とてもシュールな形になってしまう。が、そういうサッカー漫画は普通にある。サッカー漫画を読む時は解説役がどうなっているかに注目すると読者としては面白く、作者からしてみれば恥ずかしい。

「おーっと翼くん!」

シュールと言えば「キャプテン翼」において、このセリフもシュールである。アナウンサーが実況するまではいいが、なぜか翼は「翼くん」呼びである。翼は「大空翼」(おおぞら つばさ)なので、普通そこは「大空」か「大空選手」、”くん付け”するにしても「大空くん」のはずである。そこがなぜか「翼くん」になっている。大迫勇也を「勇也くん」と呼ぶ様なもので、フレンドリーっぷりが半端ない。よく聞く「翼くん岬くん」も、翼は名前な訳だが岬は岬太郎(みさき たろう)で岬は苗字なので比較的あべこべである。そもそも”くん付け”がアナウンサーとしてはおかしいが、まあ少年漫画だし読者に親しみやすく見てもらう手法なのだろう。これは明らかに読者に向けての説明であり、漫画的、いや”キャプテン翼的”である。

少しだけ発想を飛躍させてみると、これはサッカー観戦の楽しみ方の、一つの形なのではないか。サッカーの試合というものを”キャプテン翼的”に楽しむのが「キャプテン翼」という漫画だとしたならば、その味付けを変化させる事で別の楽しさが生まれるかもしれない。例えばサッカーの試合をビデオに撮ってきて、あとから声を付ける。アナウンサーの選手呼びは”くん付け”で、「本田選手」とかではなく「圭佑くん」とかである。さらにお笑い番組のつっこみみたいな効果音を付けてしまおう。シュートしたら「ビシィッ!」、競り合い中には「ドカッ、バキッ」。そして生中継の実況ではなく試合の流れを知った上での台本を読ませる。「ここで亨介くんがサイドに追いやられてディフェンダーに囲まれる……がこれが後の布石になっているのだ!」みたいに。さらにはあらかじめ選手にセリフをもらっておいてはめ込み合成、「上がれ!」とか「パスパス!」、「くそっ」とかどんどんアフレコ。サッカー中継の魔改造とでも言おうか。あ、シュートにはレインボー! ……なにを言っているのだろうか。

-アナウンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
11
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25
20
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。