言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

Twitter

Wordに統一で”働き方改革by農水省”ジャストシステム平成を「一太郎」で走り切ろうとしてた農水省ヤバい

投稿日:2019年9月30日

平成を「一太郎」で走り切ろうとしてた農水省ヤバい

出典元、柴田健太郎(@shibaken020)氏のつぶやきより。しかしこのつぶやき自体は、とあるニュースへの感想のつぶやきである。

そのニュースとは、「文書作成、ワードに統一=効率化で働き方改革-農水省」。

少し話題になっていたニュースである。農林水産省が、文書作成ソフトをジャストシステムの「一太郎」からマイクロソフトの「Word」に変えて働き方改革、という事である。今年の一月かららしい。「一太郎」も「Word」も同じ文章作成ソフトだが、「一太郎」は拡張子というかファイル形式が独特のため、基本的に「一太郎」でしか読み取れない。それを現在主流の「Word」に変えて、効率化を図ろう、という話である。なにも知らない人が聞いたなら「ふうん、いい事じゃん」で済む話である。しかし、ちょっとでも知っている人なら感想はどうしても、「まだ一太郎使ってたのかよwwwww」になる。仕方ない。

「一太郎」はパソコン黎明期に活躍した文書作成ソフトである。そして「Word」はもちろん、あの「Office」に付いて来る文書作成ソフトである。「Office」は家電量販店でパソコンを買うと初めから入っている、プリインストールソフトの事が多く、マイクロソフトが「Excel」、「PowerPoint」などとセットで納める様になってから、爆発的に広まった。というか自動的に広まっていった。何しろ初めからパソコンに入っているのである。「一太郎」は、わざわざ買わなくてはならない。この流れで学校教育での文章作成ソフトも「Word」に移って行ったし、シェアも比べる必要がないほど「Word」に流れて行った。移行期はしばらく、「一太郎」に慣れきってしまった人たちがこだわりで使い続けていたが、やはり時代の波というものがある。今どき「一太郎」を使っている人は変わり者だし、そもそも文章データをメールで送り合うのが当たり前になっている現代、独自のファイル形式というのが邪魔過ぎる存在になっている。

が。「一太郎」はバージョンを上げつつ発売し続けて来ているのである。なぜか。それは一部の官公庁が大型顧客として大量購入しているからである。昔から「一太郎」のファイル形式で文章を作っていたのなら、新しいバージョンの「一太郎」なら読み込める。逆に、「Word」では全く読み取れない。よっぽど工夫して変換ソフトをかまさないと開けもしないだろうし、図表などが入っている文章なら、完全な変換などとても無理だろう。仕様が全く違うのである。それで、じゃあずっと「一太郎」で行くのがいいかと言われると、それはそれで問題がある。

「一太郎」でないと「一太郎」のファイル形式が読み取れないのは省内だけで文章を回す分にはいいのだが、他社が絡む際に一気に面倒になる。つまりちょっとした関連会社も、農水省から送られてきた「一太郎」形式のデータが開けないと困るので買わないといけなくなる。「Word」なら普及率から考えてどこでも開けるだろうに……。そしてもう一つ、学校で「Word」を習ってきた若者が、いちいち「一太郎」を覚え直さないといけなくなる。どちらも同じ文章作成ソフトなのに無駄もいいところである。

……という問題が表面化して来たために、ついに「Word」への統一へ重い腰を上げたのだろう。正直言って10年前から言われていてもなんの不思議もない問題である。よくここまで粘ったものだ。あ、それがつまりこういう事である。

平成を「一太郎」で走り切ろうとしてた農水省ヤバい

今年は平成30年、平成も天皇陛下の譲位により31年4月30日をもって元号が新しいものに変わる。つまりあと1年半ほど粘っていれば平成を走り切れたという事だが、まあこの「走り切ろうとしていた」という表現が上手い。そしてやはりここまで粘っていた農水省はヤバい。が、おそらく他の官公庁でもまだ使っているところが多いと思われるので、いい加減に、いい加減にした方がいいと思われる。そして、こんなしょーもないレベルの事で「働き方革命」とドヤってしまうところが世間離れし過ぎていて、笑いどころである。いい加減にしろ。

まあ、「Word」が使いやすいソフトだと言う気もまったくないが。
あとジャストシステムは涙目である。

-Twitter

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ツイッターの”まとめ記事機能”?「モーメント」翻訳すると”瞬間”?なにこの名前

2019/03/02

ツイッターでの面白動画をテレビで紹介許可「嫌です」メディアの”しゅざい”

2020/03/31

ホワイトデー”三倍返し”「我々がその気になれば…カロリーベースも可能」カイジ利根川名言パロディ

2019/03/14

お客様はモンスター?「お客様お客様お客様困ります!あーっ!お客様!!」粗相する動物”ネコ”元ネタ

2019/08/17

空中ディスプレイ「あ、未来そっちからくるんだ!」”今和間田せぃが”氏のつぶやき

2020/08/05

ケーキの取り合い「ジャンケンで勝った方が好きな大きさに分けてね、負けた方は選んでいいよ」スッキリルール

2019/10/22

“ファイブスター物語”の永野護「ゴティックメードの永野舞台挨拶つき上映とかバカじゃないですかね!」円盤化されない映像作品

2019/12/08

母が天体観測中に思い出したかのように「お母さん最近人を一人消したよ」って言い出したの多分一生忘れない

2020/01/24

漫画家”蛇蔵”「今後の人生で今が一番若い」”真実かつ名言”コスプレで売り子

2019/08/29

原泰久氏へのメッセージ「作品しか興味ないから気にしなくていいよ!あんま休載すんなよ!がんばれよ!」

2020/09/04

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
3
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
4
 ラジオ
昔のラジオ番組「ダブリューダブリューダブリューピリオド」URL全文読み上げ
2020/07/05
5
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
6
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
7
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
8
 漫画
漫画”ドリームス”久里武志「だがねえよ おめえにオレを越える・・ミラクルはな!!」
2019/02/16
9
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
10
 漫画
大ヒット漫画”鬼滅の刃”「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」竈門炭治郎の名言/迷言
2020/04/05
11
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
12
 スレッドタイトル
テニプリ「【悲報】テニスの王子様でネットが大炎上」なんの嘘もないニュース
2019/11/27
13
 漫才・コント
お笑いコンビ”オードリー”春日「みなさん、夢の中で会って以来ですね」若林の柔らかいつっこみ
2019/10/24
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
16
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
17
 掲示板
将棋星人と対戦する地球代表は?「地球規模で考えるんだ」深浦より羽生だろ
2019/04/25
18
 ネットスラング
注意の要るズルい論法「主語が大きい」”太宰メソッド”世間じゃなくて君の意見
2019/12/16
19
 システムメッセージ
ATOKリフレッシュナビ「入力時間が長くなってきています。少し休憩しませんか?」
2019/02/11
20
 技
めだかボックス球磨川禊の最強のチート技「大嘘憑き(オールフィクション)」全てをなかったことにする能力
2019/07/17

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。