言の葉の魔力

名言、つぶやき、掛け合い、ネットスラング、表現、ことわざ、アナウンス、歌詞、キャッチフレーズ、挨拶、名称、称号、まで。世の中にあふれる言の葉(ことのは)をうんちくを交えて紹介

超対話

振動パック「つかWiiコンって振動機能ついてんのな」「干渉しないからな、、特許と」デュアルショック

投稿日:2019年3月25日

A「つかWiiコンって振動機能ついてんのな」
B「干渉しないからな、、、特許と。」

出典元、どこかのゲーム系掲示板より。どこかの二人のやり取り。

「シビれる~っ」といえば広末涼子の「スターフォックス64」のCMである。シビれる原因はニンテンドウ64の振動パックである。振動パックでしびれちゃう。コントローラーに並々ならぬこだわりを持つ任天堂が、今では常識となっている振動機能を初めて付けたのがニンテンドウ64だった。3Dスティック、ゲームによって持ち方を変えられる形状、そして振動パックを付けられる拡張性、しかしハイテク機器に似合わぬおもちゃっぽい外見と、ニンテンドウ64のコントローラーはまさに任天堂らしさ満載の芸術作品だった。

ゲームで何かアクションがあった時に合わせてコントローラーが振動するというのは、臨場感を上げるために非常に効果的だった。単に敵を倒してドカッと揺れる時だけでなく、近くに何かヒントがある時に小さく揺れたり、ホラーゲームで背後から敵が迫っている時に独特の振動で恐怖を感じさせたりと、用途の幅が広い。そんな訳で、すぐさまプレイステーションもデュアルショックといって真似したし、セガもマイクロソフトも真似していた。ユーザーにとっては、そりゃそうだ実装してください、ちょっとさすがに標準装備でいい重要機能でしょこれは、と思うところだが、ここで特許問題である。話はややこしくなるので細かくは書かないが、今出て来たゲームメーカー以外の第三者も特許を持っており、仕組みやタイミング的に任天堂は問題なかったのだが他メーカーは特許侵害状態で裁判にまで発展してしまった。

セガはどちらかというと任天堂寄りの仕組みだったため、任天堂に許可を得てというかお金を払いOKをもらい、事なきを得た。そもそも当時の機種であるドリームキャストは任天堂の十字キーを使っていた気がする。長年のライバルだけあって、認め合い、助け合うところもあったのだろう。お金は取ってただろうが。マイクロソフトは、第三者メーカー側の特許だったので裁判になったが、金ならうなるほどあるのでドーンと払ってとっとと解決。そしてソニーである。満を持して発売の「プレイステーション3」には、……裁判中で振動機能が搭載されなかった。すぐ後に出た任天堂「Wii」、こちらはもちろん振動する。そこでこの会話である。

A「つかWiiコンって振動機能ついてんのな」
B「干渉しないからな、、、特許と。」

特許持ってるし。そろそろゲーム機のコントローラーも無線になって来た頃だったので、ブルートゥースなりが干渉……、という話ではもちろんない。先にも書いた様にユーザーとしては標準装備でいいぐらい慣れちゃったんだからとっとと和解でもしてデュアルショック復活させてよ、というところであるが、こちらは裁判が長引き、しばらく振動しなかった。仕様としてコントローラーが対応していないのだからソフトも対応していなかったと思う。機会損失というか、期待喪失というか……。結果から見ればマイクロソフトのようにとっとと和解してお金払えば、ユーザーががっかりする期間短かったのにね、というのが周りの感想だろう。結局さんざん粘ったあげく、マイクロソフトのようにお金を払ってデュアルショックは復活した。

プライドを捨てる勇気も必要である。どう見てもパクッてるのだから。

-超対話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“ベルセルク”「アニメもええんか?」「映画版が一番いい」「dアニメにはあったからみてみるわサンキューガッツ」

2020/09/21

SMAP解散前「やたら香取と木村隣にさせるな」「隣接させて仲良くさせようって言う、聖戦の系譜方式なんだろ」ビストロスマップ

2019/10/09

「ほんとうにいきなりステーキなの?」「名前はそうやが、中身は満を持してステーキや」

2020/07/25

“彩の国”埼玉「生まれた土地のコメがいいよ」「埼玉なんだけど埼玉米なんかあるのかな?あってもまずそう」

2019/05/17

ネットスラング”おまおれ”「お前は俺か」「すまん、俺だった」あ。ハズカシー

2019/05/30

“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」

2019/05/23

1989年に第1巻発売「フォーチュンクエストの結末知ってる人いなさそう」「そら終わってないからな」完結してない

2019/12/09

ソフトバンク”SUPER FRIDAY”「池袋やばいぞ。大行列」「隣がauってのがまた…」牛丼でやるな

2019/10/11

「こんなバカにレスしてる奴もバカだな」「そう自分を卑下するなよ」煽り返し

2019/04/07

「人情としては80×1.2=100になってほしいよね」「こういうことに人情とか無いだろwww」

2019/03/18

人気記事

1
 Twitter
成功の証は”新鮮みがないこと”?「西海岸で飲む、いつもの味」ブルーボトルコーヒーの”あいつ”松村太郎
2019/03/15
2
 ドラマ
ここは俺がやる!海外ドラマ”24″ジャックバウアーの名言「本当にすまないと思っている」元ネタ
2019/06/25
3
 テレビ
ひろゆき名言集「それ明らかにあなたの感想ですよね」奇抜なロン毛の古谷経衡と屁理屈での殴り合い
2019/12/07
4
 著名人
“バトル・ロワイアル”作者の高見広春「十分稼いだのでもう新作を書くつもりはない」
2020/02/01
5
 俗称・肩書き・称号
信用ならない漫画家「ファイアパンチの作者」”藤本タツキ”もうめちゃくちゃ
2020/10/26
6
 アナウンス
“発表されない”抽選結果「当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます」落選メールぐらい欲しい
2019/12/30
7
 ウェブ記事・ブログ
表計算ソフト”エクセル”「全人類に告ぐ。セル結合をやめろ」あれにもこれにも支障が出る
2020/06/21
8
 超対話
“ニセコイ”作者の古味直志「もう何連載してもキムチキムチ言われるんだぜ?」「じゃあ次はフレアって言われることを目指そうぜ」
2019/05/23
9
 ウェブコメント・レビュー
凛として時雨”unravel”「腹から声出せ」→「やればできんじゃねえか!」アニメ”東京喰種”オープニング
2020/06/14
10
 ネットスラング
話題のぶった切り「そんな事よりサメの話しようぜ!」急にサメと言われても
2020/05/28
11
 掲示板
“他に替えが効かない”「ニンニクのライブ感」家系/二郎系ラーメンの驚異的な中毒性
2019/07/24
12
 技
バスケ漫画”スラムダンク”桜木花道命名「庶民シュート」レイアップシュート
2020/04/16
13
 漫画
刃牙”ビスケット・オリバ”「メニューは全てステーキに統一される」肉とワインで傷を快復
2020/09/11
14
 漫画
こち亀でFF5「「オメガ」を倒すには魔法剣士の乱れ打ちが有効らしい そしてその時かける魔法はサンダガだ!」”魔法剣”、”二刀流”、”みだれうち”
2019/02/06
15
 掲示板
“ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド”「面白さで誤魔化してるだけやしなあれ」面白いクソゲー
2019/12/26
16
 料理・調理方法
賞味期限に要注意「開封後要冷蔵」開封後は冷蔵してても”早めにお召し上がり下さい”
2019/07/30
17
 ゲーム
もったいなくて使えなくて無駄にしてしまう病気「ラストエリクサー症候群」
2020/02/18
18
 ドラマ
ドラマ”TRICK”の上田次郎「なぜベストを尽くさないのか」どんな人へも刺さるメッセージ
2019/09/18
19
 漫才・コント
“パッション屋良”のお決まりのフレーズ「そうだね、プロテインだね」体操のお兄さん
2020/05/25
20
 ゲーム
“サガ2秘宝伝説”最強の武器?「ネコのツメ」すばやさが高いと攻撃力が上がる
2019/10/20

サンセット

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。