言の葉の魔力

名言から名称、掛け合いまで。魔力を放つ言の葉を紹介

ラジオ

「お前もういい年なんだからもうちょっと落ち着いてしゃべれよ」

投稿日:2017年12月12日


「お前もういい年なんだからもうちょっと落ち着いてしゃべれよ」

出典元、失念。おそらく、いつかのどこかのラジオ番組内。発言内容は少し違ったかもしれないが、意味は変わらない。

言っていたのはセーラームーンの声優でおなじみの、三石琴乃である。エヴァンゲリオンの葛城ミサトの声優でおなじみの、三石琴乃である。そしてエピソードトークだったので、言われていたのも三石琴乃である。つまり、三石琴乃がどこかで、同じ声優仲間から、そう言われたと自分で言っていた。言ったのも誰かは忘れたが、発言からして男性声優だろう。酷い話である。

何が酷いかと言えば、この意見は三石琴乃個人に対する意見ではないのである。彼女のその時演じていたキャラクターが、超ハイテンション、超早口のとんでもなくぶっとんだキャラクターだったのだ。それを三石琴乃が、持ち前の演技力と、自らの新境地を拓いたかのごとく超絶パフォーマンスのはっちゃけパワーで演じ切った。おそらくそれは、監督や音響監督などの期待を大きく越える出来映えだっただろう。で。

それを観ていた知り合いの男性声優から言われたのが、

「お前もういい年なんだからもうちょっと落ち着いてしゃべれよ」

である。

三石琴乃にしてみれば「演技だってば!」であるが、まあ、声優仲間から言われるぐらいのぶっ飛んだ演技だったので、そういう事を言われる事自体が声優冥利に尽きるとも言える。また、視聴者にとっても、時期的にセーラームーンや葛城ミサトの後の作品なので、あの有名な声の人が! とんでもなく早口でとんでもなくぶっ飛んだギャグキャラをやってる! という意味では見応え、いや聴き応えのあるものだっただろう。

あ、作品名とキャラクター名を言っていなかった。

「へっぽこ実験アニメーション エクセル・サーガ」、キャラクター名はエクセル。主人公である。

ギャグアニメである。一応ストーリーもあるのだが、”実験”と名の付く通り全体的になんでもありの、勢いで突っ走るお馬鹿アニメである。アニメ内に監督が出ていたり原作者が出ていたりともう意味が分からない。とにかくノリと勢いとエクセルの早口でぶっ込んでいくアニメだった。特異性という意味では歴史に残る作品だろう。三石琴乃の演技だけでも一聴の価値がある。三石琴乃、32歳頃の演技である。ああ、そう言われても仕方ないなと思ってしまうかもしれない。

「お前もういい年なんだからもうちょっと落ち着いてしゃべれよ」

-ラジオ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリー「ラジオ」

「すらっと言えるようになりましょう。すらっと言えないとおじさんとしてのありがたみが薄れます」

「すらっと言えるようになりましょう。すらっと言えないとおじさんとしてのありがたみが薄れます」 出典元、ラジオ番組「バトルトークラジオ アクセス」より。ナビゲーター小島慶子の鋭利な知的つっこみ。 かつて …

カテゴリー「ラジオ」

「すごい勢いで」

「すごい勢いで」 出典元、ラジオ「伊集院光 深夜の馬鹿力」より。伊集院光が使い出した表現。 ……と言われても、そんなの普通の表現じゃないか、みんな使ってるよ、と思う人もいるかもしれない。が、しかしこれ …

カテゴリー「ラジオ」

「……若干おれが?」

「……若干おれが?」 出典元、ラジオ「伊集院光 日曜日の秘密基地」より。若手芸人、桐畑とおるの発言。 若手芸人と言っても別に若くは無い、のはよくある話で……。中堅若手芸人、と言うと若手というほどには若 …

カテゴリー「ラジオ」

「あたし、人にどう思われても気にならないの」

「あたし、人にどう思われても気にならないの」 出典元、いつかのラジオ番組、はっきりとこの言葉だったかは微妙。発言者が誰だったかは後述する。 女性がラジオで自分についてしゃべっていた時のひと言である。二 …

カテゴリー「ラジオ」

「ピリオド」

「ピリオド」 出典元、インターネット黎明期にラジオで使われていた表現。過去の話。 インターネットがこれだけ世の中に普及する以前、メディアとはテレビ、ラジオ、新聞だった。近年インターネットが新たに加わっ …




「言の葉の魔力」プロフィール画像
コトノハ

当サイトの記事では、創作物などのネタバレを扱っている場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。